fc2ブログ

待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。

『ゴジラ-1.0』 感想

1699185741295.jpg

生きて、抗え。

オフシーズンといえば映画感想の季節!


と勝手に位置づけたところで、今回はゴジラです。
公開翌日、“聖地”TOHOシネマズ新宿IMAXで鑑賞してまいりました。


大まかな感想としてはXに書いた通りですが、
総合的には予想以上の満足感を味わえましたね。

少なくとも劇場環境で観る価値は十分ある。むしろ劇場で観るべき。


とはいえ、「やっぱ山崎貴だなぁ…」と思う部分は避けられなくて^_^;

以下、その辺について自分なりにまとめておきたい。
(※念のためですが、ネタバレありです)

続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:ゴジラシリーズ - ジャンル:映画

『グリッドマン ユニバース』 感想

IMG_4zd3pu.jpg

ひとりじゃ無理でも、君となら。

もう忘れてしまったかい?覚えてないかい?


とんでもねぇ、待ってたんだ(更新タイミング

めちゃくちゃ遅れてしまいましたが、アマプラ配信記念ということで。
今年3月公開した映画がもう年内に配信とかありがたい。


ぶっちゃけると、劇場で3回観ました。

というか、今年映画館で観た作品の中で3本の指に入ります。
ホントは公開時の熱量のまま書きたかったですが、逆に書きたいことが多すぎてね…

今どれくらい“あの頃”の感情を伝えられるかわかんないけど。


あえて整理とかせず、以下、思い浮かんだまま記していきたい。

続きを読む

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

『憧れを超えた侍たち 世界一への記録』 感想

over the akogare

あの日辿った、“サヨナラの今日に”

贔屓の試合?いつも通りの日曜敗戦(投壊)に何を語ることがあんねん。
めんどくせーやーだよバーカ!!!(LINEスタンプ)


そんなわけで、ひさびさ映画の話題でも。
侍ジャパンのWBCドキュメンタリー、鑑賞してまいりました。


憧れるのをやめた結果www
俺は父さん(アメリカ)を超えてしまったんです…


現実が映画を凌駕しているのに改めて映画にする必要あるのか?思ったものの、
なかなかどうして、2時間たっぷり見応えありました。

結果が分かっていてもやはり緊張感ありましたし(特にメキシコ戦)、
その裏側の喜怒哀楽…これが観られただけでいっそう感動できるな、と。

大会前(選考会)からじっくりやる構成も良い。
あの時点で、栗山監督の熱意(思いやり)がもの凄く伝わってくる。


伝説から既に2ヶ月以上。
その間にトンでもない水差し行為もありましたが…

あの時あの瞬間、得られたモノは嘘じゃないと信じている。

続きを読む

テーマ:侍ジャパン - ジャンル:スポーツ

『クライ・マッチョ』 感想

Cry Macho

今こそ、本当の強さの意味を問う

いい祝日でしょう?余裕の水曜だ、馬力が違いますよ。


ってわけで、数は少ないが地味に続いている2022映画鑑賞雑感。
今回は、敬愛すクリント・イーストウッド最新作。
スパイディの興奮まもない中、公開日に行ってきました。

実話ベースでない題材はひさびさですかねぇ。
基となった話(原作)はあるみたいですけど。

予告からは『グラン・トリノ』と『パーフェクト・ワールド』を足して2で割った印象を受けましたが、実際そんな感じというか。
それ以外にも過去作を想起させる要素はありますが、いろんなモノをかいつまんで、結果、薄味でまとまっている。


とはいえ、シンプルさが良いところでありますし、
やっぱり観ていて凄くリラックスして世界観に入っていけるんですよね。
(「俺はドリトル先生か」と運び屋のセルフパロは草)


こういう作品こそ、ちゃんと映画館で味わうべきだと思う。

続きを読む

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』 感想

nowayhome (1)

想像しろ。超えてやる。

と言って本当に超えてくる作品があるとは(歓喜)


言わずと知れたトム・ホランド版スパイダーマン最終作。
早いモノで1ヶ月経つんですね…公開当日IMAXにて鑑賞いたしました。

たぶんこれだけネタバレ気をつけたの初めてじゃないかな?
これだけビッグタイトルなのに世界的にみて公開日が遅れるというジャパンクオリティを披露するなか、
凄い…これぞファンムービーの中のファンムービーを観たと思う。


キャッチコピーに偽りなし。
劇場での、あのお祭りめいた雰囲気はなかなか味わえません。

期待はあったし、むしろやってくれるよね?って空気でもあった。
でも、いざ実現したとなると…本当に自分の目で確かめるまで半信半疑だったでしょう。


うん、これネタバレなしで書くの無理だな(笑)

続きを読む

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』 感想

venom2.jpg

トロプリとかノーウェイホームとか書きたいけど、ちょっと助走が必要。
ってわけで、今回は『ヴェノム2』の感想。

昨年末、『ARIA』の翌日に観に行きました(どんな流れだよ


結論から言うと、良くも悪くもコミック映画らしい出来映えだなぁと。
90分という短尺でテンポ良く物語が進むので飽きは少ないのですが、
そのぶん内容は薄いというか…特にカーネイジの凶悪さがあまり伝わってこなかったのが残念。
(R指定なしで“大殺戮”を描くのは厳しいのだろうけど)

あと、CGが所々「ん?」ってなるシーンもありましたね。
特に最後のビーチとかわざとやってるのかと思ったくらい(笑)
大聖堂での決闘とかシチュ自体は良いだけにいろいろ勿体なかった。


とはいえ、エディ×ヴェノムの凸凹コンビは他のヒーローと差別化されてますし、
よく言われるけど、「寄生獣」とか「ど根性ガエル」の空気感で親しみやすいです。

スパイダーマンの前哨戦…というと可哀想ですが、
果たして、MCUとSONYどちらを軸として両者が絡んでいくのか。

今後の可能性に期待したいですね。
(ノーウェイホームの展開的にSONY軸に移るのか?)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←押していただけると、それはとっても嬉しいなって

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』 感想

hathaway movie (2)

あざやかな閃光 新たな世界の始まり

去る松坂。そして大谷。
伝説が終わることで、新たな伝説が築かれると改めて実感しております。
(このへんはまた別の機会でも…)


そんなわけで、今回は閃光のハサウェイです。
職場が横浜ド真ん中になったことで、T・ジョイ横浜(ドルビーシネマ)で初めて観ました。

原作を読んだのは中学生の頃だったかな。まぁそれでも刊行年を考えると遅いですが。
でも、タワーホテル空襲シーンといい、現代テロ風景を何十年も前に書いてるなんて
やっぱり御大の視点は鋭いなんてモンじゃないぜ。


正直、このタイミングでのアニメ化は意外な想いはあったけど、
本作がガンダムとはいえ予想以上にヒットしている理由は
村瀬監督のセンス(高級感ある画面作り)が大きいと思います。

全体的に雰囲気が大人っぽいというか洋画めいてますよね。

御大だともう少しアニメ寄りになるでしょうから、
商業を意識した場合このアプローチは正解なんじゃないかと。
(でも俺はgレコも大好きだ。無料スコード?こんなものなくったって人は​生きていけます)

続きを読む

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

『映画大好きポンポさん』 感想

20210706_191700.jpg

幸福は創造の敵

今月はひさびさアニメ以外で映画館に通うことになりそうです<挨拶
といっても『ゴジラ』『ブラック・ウィドウ』…アニメみたいなもんかw


そんなわけで今回は、ポンポさんを観ったぞーっ!
1回目は横浜ブルク。2回目は川崎チネチッタ。2週連続で観ったぞーっ!

初日&2日目の評判を見て衝動に従った次第。
結果として、この判断は正解でしたね。
今日に至るまでのヒットも納得の出来栄えでございます。

僕自身も映画はだいたい90~100分くらいが見やすいと感じてますし、
あえて削ぎ落すことで洗練される部分もあると思ってるので、
この映画のアプローチは共感を生みやすかった。

原作とは展開・構成を変えているらしいのですが、逆に先入観ナシで鑑賞できてよかったかもしれない。


むしろ普段アニメを見ない(又はアニメを含めた)「映画好き」に刺さっている気がします。

観終わった後に心が踊る。誰かに紹介したくなる。

そんな作品だと思います。

続きを読む

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

次のページ