待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。生き残りたい

プリパラ 第134話 「バレンタインは甘くない」

pripara 134 (4)

地上最強の姉妹対決、始まる!(放送終了)

ウイイイイイイイッッッッス。どうも、SOAでーす。
まぁ今日は日曜、休日ですけども。
早く更新しようとすればするほど、寝オチ&眼精疲労に苛まれるわけでして。
もう開き直って、余裕のある時にゆっくりやろう思う次第でござい。

それはさておき、やってきました姉妹対決!
見出しは公式(監督twitter)からの引用ですが、
実際、バレンタイン要素を入れ込む余裕がないほど熱い対戦カード。
(とはいいつつ、しっかり入れてきたのは流石ですがw)

ジュリィのように、絶大な信頼と包容力で見守るのもヨシ。
ジャニスのように、母性あふれる高速拍手で見守るのもヨシ。
パパママのように、両者の目線から温かく見守るのもヨシ。

積み重ねてきた分だけ、答えがある
長年にわたり作品を支え続けてきた者。それに次ぐ資質を備えた者。

現次世代のトップアイドル対決の結末は……

続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:プリパラ - ジャンル:アニメ・コミック

プリパラ 第133話 「語尾の彼方」

pripara 133 (8)

優雅!すこやか!オーソリティ!

而して、その実態は完全なるハーレム(画像参照)である。
(何が恐ろしい(美しい)って、真ん中の子も「花」であり「華」だということだ)

というわけで、大がかりな予想も虚しく?w
「当然の結果さ」 順当に、後攻で、トリコロールの勝利となりましたが。
しかし僅か11㎝という差、まほちゃん自身の体調を考えると“薄氷の勝利”といっていいでしょう。
元来の性格もあるが、負けてなお堂々たるうっちゃりは誇ってよい。
赤崎姉貴なんか、どっちが勝ってもオイシイしw(一人二役的な意味で


それにしても、今回は(も)ギャグバランスが絶妙だったなぁ…
良い意味で、トーナメントの緊張感が和らぐというか。

歌勝負とは違ったところでの、謎のバトル要素(笑)
ああいう馬鹿馬鹿しい雰囲気づくりはスゲぇ…これぞプリパラって感じ!(当然褒め言葉

続きを読む

テーマ:プリパラ - ジャンル:アニメ・コミック

プリパラ 第132話 「ロッキン・ガァジラ大決戦」

pripara 132 (8)

「悪 魔 は 不 滅 だ !」

天使も。ガァルルも。復活を信じて進んでいく。
ガァルマゲドンの道は、まだまだ続く!

だから感謝というのだろう。これを感謝というのだろう。
すっかり土日更新が板についてしまいましたが、『プリパラ』132話の感想。
ついに始まった神アイドルグランプリファイナル。注目の初戦はドレシvsガァルマゲドン
誰推しとか関係なくある程度結果の読めているこの対決は、しかし、
予想に対する安心感と、それ以上の満足感を与えてくれた。

トップ画像が↑であるのが、その証だと思います。
おそらく今シーズンにおけるガァルマゲドンの物語はこれで一区切りでしょう。
が、そこに悲壮感はない。前向きな涙。やさしいイントロ。
「これから」に満ち溢れた、希望の笑顔。

勝敗を前に、お互いを慮る気持ちがある。
これこそが、プリパラ。
何度も言いますが、勝ちか負けだなんて関係ないんです。
大事なのは、結果を受けてどう行動するかです。

ガァルマゲドンの努力は、わたしの涙になったわ。

続きを読む

テーマ:プリパラ - ジャンル:アニメ・コミック

プリパラ 第131話 「天国と地獄?決戦前夜!」

pripara 131 (8)

「とうとう始まるんだ…神アイドルグランプリファイナル」

アイドル達「何が始まるんです?」 ジュリィ「第一次対(大)戦だ」

先週よりさらに遅い更新だけど、いっくよー!(明るく開き直り)
ついに始まります神アイドルグランプリファイナル。始まってしまいました『プリパラ』ラストイベント。
しかし僕らは未来が「終わりではなく始まり」だと知っているからね。
今まで(こんなんでも)真面目くさった文書を書いてきたけど、ここからは感情を優先させる。
そうすべき・そうする段階にきた、と。一つ一つを噛み締めて、振り返っていきたい。

前夜祭の名に恥じないとはいえ、ほぼクジ引きで1話使うのは大胆な構成といえます。
順当といえば順当な対戦カード…どさくさのサパンナ(伏線)回収…主張が過ぎる故に完全スルーされるメガネごときの服…
その中で、明かされたルール設定は実に本作らしい。

たしかに考えてみれば、目的は一緒だし誰が勝ってもいいんです。
でも、勝つだけじゃあ神アイドルは生まれない…そこに(新曲不可含めて)最終展開の道標がある。

まさに、勝ちか負けだなんて関係ないじゃないっ!(Realize!)
あの時に学び、さらにスケールアップした眩しい未来がある。

王道を実践し、良い意味で外すのがプリパラ。
(明るくも激しい戦いは)もう始まってる!

続きを読む

テーマ:プリパラ - ジャンル:アニメ・コミック

アイドルタイムプリパラ

◆新番組「アイドルタイムプリパラ」テレビ東京ほかにて4月より放送開始!

idoltime pripara

プリパラ…?キミタチガ……プリパラ…?

ひさびさの更新に乗って、もう一個いっくよー!(Love friend style)

前記事では書き切れなかったので、新シリーズについて紹介します。
最新話放送の翌日、4月よりの新番組『アイドルタイムプリパラ』の情報解禁となりました。

らぁら続投については以前から発表されていたのでそういう面での安心感はありましたが、
メイングループといえる新キャラ3人の登場&タイトル変更ということで、
これまで以上に変更幅が大きい…「一新」という印象が強いです。
これに寂しさ(不安)を感じないといったら、当然、ウソになります。
が、現実問題。このまま何も変えずにシリーズを続けるのは、それこそ無理だと思います。

130話は、続けていく大切さを本当によく教えてくれた。
ただ一方で、ここで綺麗に着地したら、それこそアプローチを変える時期だよねと。

個人的には、森脇監督の続投が最大の補強です。
さんざ書いてる通り、僕が本作を評価する理由のひとつがギャグとシリアスのバランス。
これを長期間、これからも維持できるのはやっぱり彼女しかいない(と思っています

逆に言うと、この人が続投することで見かけは変わっても確かに「プリパラ」だろう。
期待をもって、続報を待ちたいですね。

続きを読む

テーマ:プリパラ - ジャンル:アニメ・コミック

プリパラ 第130話 「女神の想い、ママの誓い」

puripara 130 (16)

めざせ!神アイドル!奇跡を起こせプリパラ!

可能性はある。確信はない。でも、他に手段はない…だったら、やってみる!
トモダチを救うために…めざせ!神アイドル!

遅くなってしまいましたが、『プリパラ』130話の感想です。
どうしても今週はなかなか時間が取れず、視聴自体も後の方になってしまいました。
新たな情報解禁と合わせ、流れに乗れなかったのは歯痒い想いです。

が、今となってはそれでよかった気もするよ。
このエピソードに至っては。本当に、じっくり、ゆったり消化(昇華)していくべき。
ぶっちゃけると、泣きました。えぇ、ガチ泣きです。
後半のジュリィ→各キャラとのやり取りは当然として、個人的にはAパート数分で涙腺緩みました。
不穏マックスなアバン…OPなし…早すぎるライブ…異質な構成。

あぁ、ついに“その時”が来たんだな…って。
冗談まじりな前回と違い、それを自覚してしまったゆえの感情。
だけど、希望は残っているよ。どんな時にもね
それを示すが、真中らぁらだ。プリパラだ。

およそ3年間、観続けてきたファンの心にひびかないわけがない。
ポエムだなんだと言われてもいい。きっと僕らは、真なる「神」を目撃する。

続きを読む

テーマ:プリパラ - ジャンル:アニメ・コミック

プリパラ 第129話 「み~んなにチャンス!?リベンジライブ!」

pripara 129 (10)

UCCHARI BIG-BANGS!愛ドルを取り戻せ!

取り戻せっていうか自分から手放す勢いなんですがそれは(ry

いま一度始めよう Welcome to New World プリパラ!
あけおめのかしこま!正月休みを挟み、2週間ぶりの『プリパラ』129話の感想ゥー!

間が空いたことで自分もテンションマーックス!(リラックスー!)な調子でお届けするつもりでしたが、
どうやらスタッフは視聴者以上に充電満タンなようで(笑)
新年一発目から飛ばしまくりの世界を魅せてくれました(キュピコン的な意味で

それでいて相変わらず抜け目ないというかやることやってる(今後の布石打ってる)のが素晴らしいです。
狂気の絵コンテうpの中にもしっかり区別をつける... や森神。


ピンクアクトレス解散の理由が意外と生々しい?^^;
でも、前シリーズ考えるとむしろしっくりくるでしょう(笑)ちゃんと忘れずに触れてくれただけでも有り難い。

傷心のぷちゅう旅行に出かけたキュピコン。春映画での復活にご期待ください(ガチでありそう

続きを読む

テーマ:プリパラ - ジャンル:アニメ・コミック

プリパラ 第128話 「さよならウサチャ・・・」

puripara 128(4)

「本当にウサチャを食べるつもりですか!?」

ウッホホーイ!きょうから正月休みだゼェーーーーーット!(挨拶)

まぁ4日前あたりから崩してる体調(おもにノド)のせいで、ぐでーっとするだけで終わりましたがね…
明日からはテキパキ片付け的なコトをしつつ、買い物に出かけたい。

それはさておき、2016年締めのプリパラ!
年内最後の放送が「 仲 間 を 喰 う 」という狂気。
これでいいんですかスタッフさん!それでこそスタッフさん!…といった具合ですが(笑)
これまでの功罪(100話記念とか)考えると、むしろこっちのが“自然な流れ”ですよねぇ。
貴方のルールって一体なんなのですか?ルール(規則)は破るためにあるのよ!

「獣だって心は通じる(名言)」

ウサチャの覚悟と、ハシビロコウ先輩迫真の作画。
微塵も食うの改める気ない様子のペッパーが、ここぞで魅せたあのYU-JYO.
純粋ゆえにストレートに響く。へへ、思わず泣かされちまったぜ…
(誰かな?からかう程度の知能があるとか言ったヤツは)

妙にほっけに執着するらぁみれすき。

続きを読む

テーマ:プリパラ - ジャンル:アニメ・コミック

次のページ