FC2ブログ

待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。転換期

【5/5】55+5=∞【広島戦】

◆巨人、5連勝!メモリアルゲームは1点で逃げ切り

20130505(1).jpg

約束された“5番”のホームラン

試合が終わった瞬間、全身の力が抜けるくらい疲れた…
自分で思ってる以上に入れ込んでましたね(笑)

当日順序と逆ですが、まずは試合について書きたいと思います。
素晴らしきセレモニーについては、のちほど個別でたっぷりと触れる予定)
まさかこの記念すべき試合で今季一番の塩試合になるとはアレでしたが
ま、まぁ観てる方からすれば緊張感は最後まで持続できたからね?(震え声)
あっという間に進みつつ、最後の最後で盛り上がった。

あのようなセレモニーの後ですし、ほとんどの選手がガチガチに気負うのは容易に想像できる。
ゆえに良くも悪くも試合のカギを握るのはプレッシャーの軽い外国人選手ではないか?
…その予感はズバリ的中しましたね。
バリントンは変化球もキレッキレ。ボールも低めに集まっており、連打で崩すのは困難。
となるとコレを攻略するには一発しかない。阿部が打ち急いでる以上、同じ精神テンションで臨むロペスの一発が。
…で見事、その期待に応えるんだからなぁ。これは“当たり”としか言いようがありませんわ。
サンキューロピー。頼もしき10年来の助っ人外国人よ。

正直ヒロインで問われるほどの接点はないだろうけど、
松井がゲスト解説に来たタイミングで打つのがまたシビれました。
5月5日に、5番で、背番号5の選手がホームランで決める!最高や!キミこそが真の“後継者”や!

続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ

【貫き通した】BS1スペシャル 松井秀喜【野球道】

matsu0504.jpg

日曜の朝だというのに、もう目が覚めた(挨拶)
お昼が待ちきれないって、はっきりわかんだね。

軽く慣らしのつもりで書きますが、昨夜NHK(BS)で放送された松井特番を観ました。
番組は二部構成で、前半はメジャーでのホームランをすべて紹介。後半は引退後のインタビューなど。
海の向こうの175本、振り返ってみてあらためて感じたことは“ホームランの格”が違うということ。
ただ外野フェンスを越えればいいというわけではない。
松井のホームランには、彼にしか打てない弾道、彼にしか出せない飛距離があります。
仮に映像が無かったとしても、“音”を聴けばわかる。連続するインパクト音は良い意味で子守唄のように心地良い。
ああやって見ると結構、左の変則投手からも打ってるんですねぇ。
なんかよくわからんが泣きそうになりました(照)

後半のインタビューは栄光とは打って変わり寂寥感がクローズアップされていましたが、
彼自身の人格はもちろんのこと、ジーターはじめ周りの人々にもとてもよく恵まれたと思いますね。
というかジーター“イイやつ”すぎだろ…
なんかこう漲る聖人オーラを携えつつ、それでいてちょっと悪い兄ちゃんっぽさが漂ってるのがまたカッコいいわ。
カメラの位置もよくわかってるしね(笑) 最強ライバル!晒し者にされたペドロ!→ハラデイの流れにワロタ

安心安定NHKクオリティも手伝ってか、考えが良い方向に変わったよ。
誰だ?国民栄誉賞にふさわしくないとかほざいてた奴は?
これだけ強烈な印象を与えた選手だ。やっぱり立派に表彰されてイイんじゃないかな。

G+の松井メモリアル(巨人時代のホームラン紹介)も楽しみにしよう。
(??「きょうはスカパー無料放送だぞ」)

続きを読む

テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ