FC2ブログ

待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。転換期

【5/10】勝敗を超えたナニか【DeNA戦】

◆巨人14年ぶり屈辱7点差逆転負け DeNAが多村サヨナラ弾

20130510 (2)

ノーガードにも程がある

結局、行っても行かなくても同じだったね(ゲッソリ

壮絶な馬鹿試合の果てに待っていたのは、今季最大級のトラウマともいえる結末。
しかし何故だろう…自分でもビックリしてるくらい冷静に敗戦を受け入れた自分がいます。
むしろどこか清々してるというかね。なんか「凄いモノ観ちゃったなぁ」と(苦笑
もちろん負けた以上は楽しいとは絶対言えないけど、ある種の充実感には満たされました。
プロ野球が興行スポーツであるなら、これは確かに“ショー”以外の何者でもない。
勝敗とは関係ない、プロ野球の醍醐味が今夜の試合には凝縮されていた。
今日のところはそれでイイことにする。それでイイことにしたい。

ただ、阪神戦の時と同様に感じたことは、いまの巨人はやはり気持ちで圧倒されていますね。
完全に感情論になってしまいますが、観てて「何が何でも勝つんだ」という意思が微弱に思える。
ゆえに10点取っててもどこか頼りない感が拭えない。リリーフ陣の不調を別にしても、です。

これを“余裕”と評せる内はまだまだ問題ありません。
しかし結果が伴わなくなってくると、それは瞬時に“油断”あるいは“慢心”に置き換えられます。
さて、いまの巨人はどちらに近いかな…?答えは数日後には明らかになるでしょう。

前を走り続けることが困難であれば、たまには後ろを振り返ってみるといい。
そうして得る緊張感。それを今後の戦いにうまく取り込んでほしい。
“ただ切り替えるだけの男”には、絶対になるな。

続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ