FC2ブログ

待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。転換期

ドキドキ!プリキュア 第41話 「ありすの夢!花がつないだともだち」

dokidoki 41 (3)

花咲つぼみさんはご満悦

大正義巨人軍HARA監督がある選手を優先的に起用する現象を「隙あらば亀井」と呼びますが、
さて、プリキュアにおいてコレと似た事例が起きた場合はなんというでしょう?
…僕は「気を抜けば米村」と呼んでいます(笑) 良い意味か悪い意味かは知らないけどね。
でも、「これはプリキュアか?」と問われれば間違いなく「これもプリキュアさ」と答える自信はある。

ホント、前回と比べるとえらく落差の激しい内容でしたよねw
Aパートで早くも麗奈との関係にオチがついてあれ?と思ったらトンデモない展開が待っていた。
放送前「宇宙で戦闘ってもアレでしょ?四葉式超高等技術のプラネタリウムか何かでしょ?」なんて高を括っていた自分がいかに浅はかか。
まぁ戦隊もライダーも宇宙行く時代だからプリキュアが行ってもまるで不思議じゃないんだけどさぁ…もっといえばASでとっくに進出してますし。
「この飛行機、一人乗りなんです(ニッコリ」……これ作品が作品なら余裕で死亡フラグだよ。
やっぱり四葉財閥の力は世界一ィィィイイ!できんことはないイイィーーーーーーーッ!!
五星財閥も大概おかしいけどな!

ただ、こういう話って観終わった当時は面白く感じますが、あとから振り返るとハズレのイメージ強いんですよねぇ。
ありすと麗奈間での友情が、芽生え、深まった。それ自体は素晴らしいとして…結局あの取り巻き三人組は必要だったか?
唐突に出てきた“生命エネルギー”というワードとか含めて、細かい点がちょっと気になる。
まぁいわゆる“黄色いの”は全体の完成度よりネタ重視の傾向にあるといえばそれまでですけど(^_^;)

最後のプレゼント告知の生天目さんがわりと素の声でワロタ

続きを読む

テーマ:ドキドキ!プリキュア - ジャンル:アニメ・コミック

【巨人・大竹】週明け本気のプロ野球雑記【正式表明】

◆【巨人】大竹が巨人入り表明「昨夜、決めました」

小川&則本、新人王おめでとうございます<挨拶
まぁ公平に考えればこの人選以外ありえない結果ですが、
ただ、この二人に限らず今年のルーキーは本当に有望な選手が多かったですね。
セ・リーグでいえば、菅野はもちろんですが、藤浪も。
高卒新人が二桁勝っても新人王を獲れないんですよ? これだけでも如何にハイレベルだったか分かるというものです。
来季も2年目のジンクス、あるいは怪我に負けずに頑張ってほしいですね。
(同様のことは、駆け出しの選手にまんまと捻られた“先輩たち”にも言えるけど)

と、前置きも済んだところで今回の本題、大竹の巨人入り決定について。
個人的にはすっかり井端獲得のインパクトに隠れてしまったというか、
初交渉以前からすでに来ること確定みたいな雰囲気になってたせいで今さら感慨湧かないのだけれど(^^;)
でも、決まったからにはローテの一員として最低限の期待に応えてくれよ、と。
開幕前はあれだけ「投手王国」を強調された巨人も、蓋を開けてみれば最後まで信頼できたのは内海と菅野だけ。
もう毎年言っては忘れ、そして思い出す(痛感する)のですが、(先発)投手は何人いたって困ることはないのだから。

「若手の出番が減る」なんて泣き言はちゃんちゃらおかしい。
本当に実力ある選手なら、どんなに熾烈な環境であろうと勝手に伸びてきます。
(これはセカンドの問題にもいえますね。まだ片岡まで来るか確定してないから多くは書きませんけど)
逆にこの条件を突きつけられて燃える男を、僕は観たいし、ジャイアンツは欲しています。

大田の背番号変更も、ファン以上に本人もプラスに捉えないとね。
“55”の呪縛から解き放たれ、本当の自分をがむしゃらにアピールするのか。
さりげに「背番号が変わる=ユニフォームが変わる」危険性を孕んでなくもないのがアレなとこですが、
どっちにしたって前を向かなきゃこの選手に成長はない。

僕はもう、大田に松井の幻影は追わない。というか最初から追ってない。
だから今度は大田泰示というキミ自身をみせてくれ。
それでダメなら…そう、その時はきっぱり諦めましょう。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村 ←バナーまで打て、巨人(キリッ

テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ

【巨人・井端】シーズン感謝のプロ野球雑記【誕生へ】

◆【巨人】ドラ1小林ら新人8選手をファンフェスタでお披露目

ファンフェスタ?なにそれおいしいの?

どうせ行けないのなら、いっそ観なければいい(極論)

というわけで、今回はあえてG+での放送もスルーして記事だけをチェックすることにしました。
なんかいろいろ新しい催しとかあってすごい楽しそうだけど、気にしない気にしない。
アハハハ…ホントだ!その気になれば心の痛みなんて完全に消しちゃえるんだぁ!(KTER声で

…嘘ンゴ。本当は別の用事で観れなかっただけンゴ。
う~む、これって再放送とかないんですかねぇ。これまでの例からして望み薄だろうけど。
仮装大賞とかホームラン競争とか、できれば映像で観たいなぁ。
こういう時はネット配信とか充実してる球団がちょっと羨ましくなりますね(^_^;)

仕方がないから、ここ最近でも特にビッグな話題である井端巨人入りについて取り上げましょう。
すでに中井とか寺内がチームメイトとして扱ってるコメント出してて草生えますが、
裏を返せばもう絶対に、間違いなく、井端が来年ジャイアンツのユニフォームを着ることは決まったということです。
なんかあらためて考えても凄いなぁこれ。こんなん春先のプロ野球ファンに言っても誰も信じないだろ(苦笑
とはいえ、僕自身はこの補強…いや、補給と表現すべきかな?はおそらくチームにとって好影響を及ぼしてくれると期待します。
未だ伸び悩み続ける若手のステップアップは勿論、坂本に対してもバックアップといわず
あえてレギュラーの座を脅かされる危機感を与えるくらい活躍してくれればなお理想ですね。
個人の成長の壁以前に、やはり彼には“ライバル”が必要だと感じていますから。

井端、いやイバちゃん。ウチに来ないか。ドラゴンズを見返してやろうじゃないか!
大竹の決断ともども、週明けはまた話が大きく動いてきそうです。

続きを読む

テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ

京騒戯画 第6話 「二人が計画し一人が悩む話」

kyousou 06 (6)

「なんだか急展開だけど…兄弟喧嘩は親が泣くよ?」

ホントその通りの急展開でワロタ。
昨夜の「サムメンコ」が超展開だとしたら、こっちは急展開。
せっかくTVシリーズでやるならもうちょい配信版より流れを丁寧にしてほしかったけどなぁ…
とはいえ、これで“穴埋め”も完全に完了し、次回こそ真の意味での物語が始まりそうでワクワクします。
うん、なんかこのセリフほぼ毎回言ってる気がするけど(^^;)

それにしても、人類補完計画ならぬ家族補完計画が進む状況のなかで、
「なぜ古都は月にいたのか(兎だから?)」とか「結局ビシャマルって“扉”封印するための装置だったん?」って疑問は多々ありますが、
個人的にはイチバン印象に残ったのは前半の明恵上人(現稲荷)の狂気ですね。
観てて思わず「この人頭おかしい…(小声)」ってなったもの。
絶望して自害した人間を不死にして甦らせるとかぐう畜すぎる。
この人こんな怖いキャラだったかなぁ…それとも外見は良い人そうに見えて内面はドロドロだったのだろうか。
石田彰という声優さんはホント爽やかに狂気を表現するのが上手い。

急展開とは書きましたが、ただただ唐突感に支配された0話と比べるとこの6話はかなりホラー色の強い構成になっていたかなと。
(てかもっと言えば、この作品自体わりとシリアスな作品ですよね。見かけのキャラデザに騙されがちだけど)

続きを読む

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

【10年ぶり】ベストナイン発表のプロ野球雑記【満票】

◆2013年度 表彰選手 投票結果(ベストナイン)

阿部・村田・長野おめでとう!!

タイトル通り、今日はベストナインの発表がありましたのでその感想でも。
といってもほとんど「妥当」といえる結果なのであんま語ることないんですけどね。
田中の満票はそりゃ選ばないほうがおかしいってレベルで納得ですが、個人的には金子千尋も大いに評価してあげたい。
何せフツーにキャリアハイの成績残して沢村賞項目もクリアしたわけですから。
これで獲ったのが奪三振王だけ…ホントつくづく相手が悪かったとしか(^^;)

藤田は移籍した年にGG賞とベストナインの両方を獲得。
さらには初優勝(日本一)の栄冠と…まさに飛躍の年という表現がピッタリ。
移籍自体は本人の意思ではなかったとしても、やはり横浜を出て正解だったのではないでしょうか。
(そして悲しいかな、もはやこのパターンは定番になりつつある…)
あと井口が成績のわりに票数少なくて一瞬驚いたけど、よく考えたら今季はほぼ一塁(DH)専でしたね。
しかしその一塁には浅村がいたと…う~む、この人もまた金子と同じく不運だったかもしれない。
巨人選手の中では地味に長野は怪しいかもと予想していたものの、
これは優勝補正と後半戦での追い上げがプラスになったと信じましょう。
まぁ別に成績自体、丸に劣ってないけど。8月から一度も3割切らないのは流石だった。ちゃんと日シリでも本番アピールしてたし。
あらためまして、受賞された選手の皆さま、おめでとうございますm(__)m

…それにしても、毎年毎年あきらかに“ネタ”とわかる選手に投票している記者がいるのは何でですかねぇ。
ぶっちゃけ由伸でも「さすがにそれは…」ってなるのに桧山とか嘗めてるの?逆に本人に失礼な気が。
「投票はプロ野球担当記者が行った」とありますが、いったいオマエは何を1年間みてきたのかと小1時間問い詰めたいレベル。

資格を与えられるにも5年以上の担当期間が必要。いわば“プロの中のプロ”がやるわけです。
それがいつまで経っても私情を挟みまくりとは…目線が素人と変わらないやん。
はい、今日はなんとなく毒を吐いてみたくなりました!
おかげで昨日・一昨日の「報ステ」に触れるスペースが無くなってしまったい。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村 ←バナーまで打て、巨人(キリッ

テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ

前のページ 次のページ