FC2ブログ

待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。転換期

【日シリ2013】40年の壁、高く、険しく【第7戦】

◆原監督 40年ぶり日本一連覇ならず「途上のチームであるということ」

20131103.jpg

もう十分。余は満足じゃ

更新が朝まで伸びてしまってスミマセン。
連日のハードワーク(日シリにおける神経消耗)がたたったせいか、ここにきて著しく体調を崩しました…
しかし、この最終戦。ゲームセットの瞬間まで、なんとか意地で観た。
何故か?例えこういう結果に終わったとしても、やっぱりこのチームは僕にとって興味を引きつけて離さないからだ。

「悔いはない」と言ったら、もちろんウソです。
今年の巨人はとにかく“日本一連覇”…今まで以上に勝つことを最優先に野球に取り組んできました。
だからこそ、多くの(自己)犠牲を払っても、選手も、ファンも、納得することができた。
でも最後の最後で、(指揮官含めて)非情に徹することができなかったのかな…と思います。
(その意味で、↑の「途上のチームであるということ」はおそらく自分自身に向けて言ってるともとれる)

ただ、逆に僕はそれでどこか安心しました。
なんのかんの言っても、やっぱり彼らもまた同じ人間なんだって。
2008年の過ち…結果的にまたも繰り返してしまう格好となりましたが、
しかし、これだけ何度も頂上舞台で“反省”を学べるチームもそうそうありません。
川上哲治氏の墓前に最高の報告ができなかったのは残念だけど、あらためて黄金時代の脅威さが伝わってきた。
現在の巨人でさえ、まだあの領域に行くのは早い。40年の壁は、未だ厚かったのです。

苦戦続きの2013シリーズでしたが、要するにそれだけ相手に勢いがあった(強かった)ということ。
そのなかで、なんとか第7戦まで持ってけた。“不敗の神”といわれた田中に土壇場で土をつけられた。
それは確かにセ王者としての粘り。誇っていいし、誇りにしたい。

プロ野球は、巨人の戦いは、まだ続いていく。
この悔しさを教訓に、来年はより強く、さらに再来年先までもっと強いチームに。

今年もお疲れさまでした。感動を、ありがとうございましたm(__)m

続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ