FC2ブログ

待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。転換期

SSSS.GRIDMAN 第7話 「策・略」

gridman 07 (41)

「新条さんの心が怪獣を生み出すなら、きっと戦うだけが使命じゃない」

――俺たちとグリッドマンにはやらなければならないことが、まだあるんだ。

自分とはなんぞやといえない状態(作中台詞)の中、ただ一つ胸に秘めているモノがある。
響裕太を突き動かす真実の果てに、一体ナニが待っているのか。

シリーズも後半戦!作り物のようなこの日々に
僕らのS.O.Sが加速する『SSSS.GRIDMAN』第7話の感想ォ!

1クールなんだぜ止まってなんかいらんねぇよとばかり、
謎を消化してはまた新たな謎が浮上するというハイテンポな展開。
全体としてはシリアス色が強くなってきましたが、
それでもどこかゆる~い独特な空気が流れるのは流石というべきか。

まさか主人公と黒幕の邂逅があんなシチュだとは思うまい(笑)

続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:SSSS.GRIDMAN - ジャンル:アニメ・コミック

【登山】陣馬~高尾縦走

20180923_082654.jpg

冒険心は 充電完了!!

とかいっといて何ヶ月経ってんだって話ですけどね(笑)
唐突に、今さら、超ひさびさの登山日記です。

9月23日の三連休の真ん中で行ってきました。

冬キャン季節でいい加減、山梨旅行の記事を書こうと思い、リハビリがてら取り上げます。
(なお、次の三連休は仙台行く予定なので、こちらも可能なら年内には)

せっかくシーズンオフなので、毛色の違うコトやりたいです。
無茶な 足音 鳴らし 駆け出そう。

続きを読む

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2018日米野球】来る日に向けて【第3~6戦】

◆侍ジャパンの打撃投手もビックリ。柳田悠岐や岡本和真らの本当のスゴさ

20181115.jpg

完勝ジャパン。“本番”へ向けて確かな手応え

冬らしい寒さが訪れ、話題は切り替えストーブリーグ。
我が贔屓チームもやりたい放題…ホンマやりたい放題トバしてますが、
まずは遅れて日米野球の総括です。

日常の忙しさもあって試合をこなすごとにトーンダウンしてしまいましたが、
全体的には非常に粘りのある好ゲームを魅せてくれましたね。
特に4・5戦なんかはよく終盤で引っくり返したと思うよ。
初戦の柳田インパクトには及ばないかもしれんが、
ああいう繋ぐ意識の粘りが日本野球の真骨頂…“本番”へ向けて磨きたいところ。

メンツ的な部分では正直物足りないのはあったものの、
モリーナは流石の貫禄でしたし、ソトリアルミュートといった面々も印象に残った。
何より、(試合後のファンサ含め)気前よくプレーしてくれたことに感謝です。

この時期まで野球を楽しませてくれてありがとう。
また次のステージで、よりガチな戦いを期待しています。

続きを読む

テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ

SSSS.GRIDMAN 第6話 「接・触」

gridman 06 (14)

「この街の外には、何もないよ」

眠くなったでしょ?街の外に出ると――みんな眠くなる。

ねねねね、僕もよく電車に乗ると眠くなるけど侵略されてるのかな?(社畜感)
水着回からこの落差!まさかの戦闘なしに原作要素
遊びは終わりだ?風雲急を告げる『SSSS.GRIDMAN』第6話の感想ォ!

いやぁ~…見入っちゃいました。
まぁ毎回、気持ちは正座するレベルで画面釘付けだけど、今回は(も)非常に没入感がありましたね。
原作を知っている立場からするとじんわり染みるというか。
「怪獣が出ない回とか作っちゃダメだよね~」とアカネに言わせつつ、
ヒーローも怪獣も出ない回をやってしまう自虐。
(まぁ怪獣は出てるし、戦闘シーンは貴重な生身アクションありだったけどw)

サブタイに相応しくそれぞれが「接触」する。
否が応でも、後半怒涛の展開を予感させる濃厚エピソード。

このアニメやばい。わかりみがやばい。

続きを読む

テーマ:SSSS.GRIDMAN - ジャンル:アニメ・コミック

【2018日米野球】力こそパワー【第1・2戦】

◆打ちまくる柳田、全打席に共通点 お立ち台の発言に見える“本心”

20181109 (2)20181110 (2)

MLBよ、これが柳田悠岐だ

覚悟はしていたが、ある紳士の退団に哀しみを禁じ得ない。
ただ、哀しみ以上に深い感謝の気持ちがあります。

それは追って取り上げるとして、まずは日米野球の感想。
4年前に続き連勝スタートということで非常に良い形で来ていますが、
チームに勢いをもたらしているのが柳田のバット。
初戦の土壇場逆転サヨナラホームランに続き、きのうは2戦連発を含む4安打4打点の大暴れ。

なぜホークスが日本一に登り詰めたのか。
もちろん彼個人の力だけでは成し得なかったろうが、その理由が垣間見える。
メジャーのお株を奪う豪快な打撃を披露しております。

ちな前回は、ここからさらに偉業達成しましたからねぇ。
さすがにMLBサイドもこのまま黙ってない(黙っていてほしくない)だろうが、
総合力ではこちらがしっかり上回っていると胸を張っていい。

後はこの流れのうちに、山川…そして、岡本が復調してくれれば。
課題は残してほしいが、やっぱ最後は良い形で終わってほしいですからね。

まだまだこれからと期待して見守りますよ。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村 ←バナーまで打て、巨人(キリッ

テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ

次のページ