FC2ブログ

待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。転換期

【6/29】ちゃんとした投球【ヤクルト戦】

◆【巨人】リーグ戦再開初戦で快勝!山口俊がハーラートップタイ8勝目

20190629 (4)

地方球場の鬼、月間MVP当確です!

7回114球 被安打3 無失点
6月度 5登板 35回 4勝0敗 防0.77


しかもハーラートップタイ8勝目+1000投球回達成のおまけ付きで。
まさに横綱どすこいピッチ。2019エースにふさわしい内容だったと思います。


先日のSB戦もだけど、なんか良い意味で手を抜いているように感じるんですよね。
荒れ球がちょうど武器になる具合に、緩急ついてるといいますか。
元々ボールの質自体はイイモノ持ってるので、自分の操縦法を見つけたのかもしれません。
メンタル的にもあんまりテンパってる様子が少ないですし。

試合感が空くと大抵アレなことが多いのですが、良い形でリーグ再開初戦を獲ることができました。

この勢い、きょうも続けて、6月をしっかり締め括りたい。

続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ

八月のシンデレラナイン 第10話 「背中に翼」

hachinai 10 (18)

「チーム」で勝ち取る!野球の楽しさ・野球の醍醐味

それが初勝利ってんなら、そりゃあ嬉し泣きですよ。
観ていて、とてもあったかい気持ちになった。

欲をいえば、もうちょっと余韻に浸れる間が欲しかったですけどねw
ただ、今週もホントうまくやったなぁ。

序盤のレギュラー発表で勝ちに行く“覚悟”が伝わったし、
9人を超えた以上ベンチ行きになる人が出るのは仕方ないことだけど、
そこにベースコーチという役割を与えることで、逆にそれを活かした展開に持ち込むのは凄い。

ツーランスクイズが決勝点ってシブいやん?
安易にサヨナラじゃなく逃げ切りってのもイイ。

試合よりなにより自分に負けるな。グラウンドに立つだけが選手じゃない。
全員が一丸となってゲームを作る、そのためのナンバー(背番号)。
それでこそ、メンバーだ。

続きを読む

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

八月のシンデレラナイン 第9話 「みんなでつないで、楽しんで」

hachinai 09 (13)

突然のホラー路線は草

なお、この展開から豪腕サウスポーが誕生した模様。

結束力と実力向上?そらもうアレよ。
ってことで、やってきました!スポーツ物のお約束、合宿回
早朝ランニングに、素振り&ノック。
王道の練習内容や共同生活を通して、普段とは違うキャラの一面を見れて楽しかった(小並)


てか今さら思ったけど、
これ和風フィールド・オブ・ドリームスやりたかったのかな?w
神宮寺さんも和尚の存在を認知していたか気になる。

地味ながら、井上親子の共演が実現していたのもポイント(初?

続きを読む

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

八月のシンデレラナイン 第8話 「夏に向かって」

8n0869.jpg

一度だけの夏なら

1ヶ月ぶりハチナイの時間(更新)だあああああああああああ

7話→8話の間で3週間待ってたら余計タイミング逃したというオチw
しかし、あっついなぁ…やきうの季節だなぁ…
ということで、リーグ再開に合わせ、こちらも再開です(意味不明)


普通の裏方扱いでなかなかスポットが当たらない顧問サイドですが、
女子野球部の本格始動という節目にあって避けられない困難と覚悟。
「ともに成長していく」って気持ちが伝わる、良い青春エピソードでした。

やっぱこの作品、物語の組み立ては非常に丁寧ですねぇ。
今エピソードの後にED観ると、先生もちゃんと写真にいるのがすごく良い。

ひまわり畑もね、ベタなんだけど安心する。

続きを読む

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

【吉川光夫・宇佐見】出戻り一転トレード【鍵谷・藤岡】

◆日本ハムと巨人で2対2のトレードが成立!吉川光夫は3年ぶりの古巣復帰

50bbf7a4-s.jpg

実質、宇佐見⇔鍵谷のトレードという風潮

何かしら仕掛けてくるとは思いきや、まさかのみつおクーリングオフは草生える。
なんなら宮國も付けたってええよ、ガチで。

現実かネタか迷わせる絶妙な人選ですが、総合的には「残当」かなと。
残念だが妥当な気持ちと、残念でもないし当然な気持ち。


心情としてはやっぱり、宇佐見に対する気持ちが大きいかな。
プロ1号のサヨナラ弾。雨の松本での起死回生同点弾。
「打てる捕手」筆頭の時期は確かにあったが、またも怪我でリセットされてしまった。
加えて、大城の台頭というね…これはもう、新天地で再起を図るのが本人のため。
名残惜しさはあるが、このまま埋もれ続けるよりは良いと思う。

みつおについては…まぁ、コレがトドメになったのは間違いない。
AHRA的には「47」あげたりして期待値も高かったのでしょう。
故に、ここまでの内容は呆れを通り越して見切るレベルに至ったと。

僕にとっても、最初から最後まで日シリでボウちゃんに2発食らった人のイメージを覆せず。
とはいえ、腐っても一度は咲いた投手だ。
“元鞘”に戻って、正真正銘のラストチャンス。
損得などは抜きにして、上沢離脱の穴を埋められるよう頑張れ。


来たる選手につきましては…んー入団会見にまたあらためようかな。
(でも、鍵谷って弾にされるレベルだったのか…澤村はこれ筋肉仲間ができたとか言ってる場合じゃないぞ)

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村 ←バナーまで打て、巨人(キリッ

テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ

次のページ