待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。そろそろ大洗

「今期(9月終了アニメ)を評価してみないかい?14」その2

一個前の記事「今期(9月終了アニメ)を評価してみないかい?14」の続きです(その1はコチラ
ここでは「うさぎドロップ」「BLOOD C」「各ベスト賞」について紹介。

こうして纏めてみると、今期はあらためて豊作だった印象が強いですね~
さてさて、はたして今後これらラインナップの満足度を超えるクールはやってくるでしょうか。




・うさぎドロップ

ストーリー:5
キャラクター性:4
画:4
演出:5
音楽:4
総合的な評価:5

総合点:27


何気にシュタゲに次ぐ高評価・・・いや、ほぼ同格と位置づけていい作品(まぁジャンル全然違うけど
始まった当初は「こりゃとんでもないGPアニメが始まったゾ!」などと半ばネタ目線で観ていましたが、
いやぁ今となってはそれが申し訳ないと思うほど丁寧な作品づくりに心底感服いたしました。
シナリオ・演出さることながら作画面においてもI.G.の実力派アニメーターが度々参加する気合の入りっぷり。

これ!まさにこれこそが僕が「ノイタミナ」という枠で観たかったアニメだったのです(満足)


・BLOOD C

ストーリー:2
キャラクター性:3
画:3
演出:3
音楽:4
総合的な評価:4

総合点:19


今期のグロ・ネタ・ギャグを全て背負い込んだトリッキーな作品。
某エンドレスエイトに勝るとも劣らないその視聴者を舐めきった構成は一周まわって尊敬に値するほどである(大嘘)
「うさドロ」が本気だったことにに対してこっちのI.G.さんのテキトーっぷりときたら・・・・
つーかこういうことやるから「シンフォギア」にイマイチ期待が持てないんだろうが!(水樹の奈々さん主演的な意味で

それでも「総合的な評価」を4としたのは最終回間際のトンデモ展開がなかなか面白かったから…かな?
水島監督降りちゃったけど、劇場版はやたらとハイクオリティな出来になりそうですし・・・・
えっなにこの気持ちは。なんか悔しい・・・・!(ビクンビクン


◆各ベスト賞

・ベストキャラクター賞

岡部倫太郎(STEINS;GATE)

これはもうオカリンしかいないでしょう。
シュタゲは他にも魅力的なキャラが多いですが、しかし物語の軸となる存在は彼を置いて他にいないわけですし。
やっぱり主人公が主人公たる活躍をするのって(当たり前なんですが)凄い大事だと思いますよ。
私的に最近のいわゆる“受身系男子”の登場の多さに辟易しているところだったので、
オカリンみたいに色々と積極的に動くキャラクターは観ていて本当に楽しかったですね。

・ベストOP賞

面影ワープ(花咲くいろは)

いろいろと迷いましたが、単純にOPのみの出来だったらコレが断トツに気に入ってるので。
別にアクション作品でもないのにこれだけアニメらしい疾走感が表現できるのって凄いですよ。
ホント本編もこれくらい爽やかなノリでやってくれたらなぁ・・・・(苦笑
とりあえずyourube(タイプミスではない)のリンクでも貼っとこう(宣伝)

・ベストED賞

stone cold(セイクリッドセブン)

厳密にはOPでもあるのですが(途中からEDに変更なったので
映像的には一枚絵だけなのにまったく飽きませんでしたね。
勿論、いのまた絵が美麗だったのもありますが、なにより曲が最高ですよ。
これほど衝動的、中毒性のある楽曲はやはり梶浦由記にしか作れない!素晴らしい

セイクリは南里侑香の方も良かったですし、音楽的にとても恵まれた作品ですね(劇判も佐橋さんだし

・ベスト声優賞(男性)

宮野真守

いつもは大抵「該当者なし」で済ませちゃうんだけど・・・・今回はこの方で。
やっぱり岡部倫太郎というキャラクターは彼の真に迫った演技力と合わさってこそだと思います。
たま~に何言ってんのか分からんくらいアドリブも多かったけどw

・ベスト声優賞(女性)

松浦愛弓

わずか10歳という年齢でありながら「うさぎドロップ」にて鹿賀 りんを完璧に演じきった彼女に一票。
先に言っとくけど俺はロリコンじゃないから!(強調)
いやー、でも実際に聴いてみたら分かると思いますが年齢考慮してもあの演技力は素晴らしかったと思いますよ。
アニメ声…とはまた違うんだけど、棒読みでもなくてそれでいて子どもの魅力が存分に表現されていて。
上手くいえないのですが本当に「適役」だったという他なかったです。



というわけで、長くなりましたが以上のような結果となりました。

振り返ってみるとやはりこのクールは豊作でしたね。
なにより作品のジャンルがあまり偏ってなかったのが良かったですよ。
やっぱ数だけ無駄に多いのが深夜アニメの特徴ですから多岐にわたって楽しみたい気持ちは強いですし。
オリジナルも充実していて、とても見所のあるクールだったと思います。

それでは今回はこの辺で。
ギリギリで申し訳ありませんが、あらためまして企画のお誘い、ありがとうございましたm(__)m


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 にほんブログ村 ←押していただけると、それはとっても嬉しいなって

スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/1129-f7030276
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad