FC2ブログ

待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。転換期

Another 第6話 「Face to face ―二人―」

another 06 (2)

「――どんな感じだ?“一年半ぶり”の夜見山は」

こんなAnother見たことない!?
まさかのダンスシーン(ただし妄想)を筆頭に、鳴の一挙一動にひたすら悶絶する「Another」第6話の感想。
それでいて伏線は周到に貼り、ラストはしっかりホラーで締める。

か、完璧だこのアニメ・・・・まさに一部の隙もない・・・・!(心酔)




※原作既読ですが過度なネタバレはなるべくしない方向でいきます。ですが一応、閲覧は自己責任で


another 06 (3)

「あしたから同類だよね。よろしくね、サ・カ・キ・バ・ラ、くん」

見崎鳴と榊原恒一、クラスでたった二人だけの孤独がはじまる―――

などと言えば聞こえは良い(?)が、実際は何でもアリのリア充生活の幕開けである。
くっそ、ふざけんな、サカキ・・・・爆発しろ!!
ぇーと、今回はそんなお話です(笑)

いやまぁ本筋自体は相変わらずドロドロしているわけですが、
予告(と公式あらすじ)からも察せられた通り、この作品にしては珍しくハメを外してきた格好となりましたねw
なかでも中盤のダンスシーン(後述)はオチが分かっていながらも一瞬とまどう衝撃的なモノでしたが、
原画に中嶋敦子や中村深雪らが名を連ねたこともあってか前回以上にビジュアル面での鳴の可愛さマシマシな状態でございました。
個人的には夜道での二人のやり取りが今回のベストシーンですね。

反面、原作と比較すると若干詰め込み加減が気になる部分もありましたがコレはまぁ許容範囲かな。
欲を言えば、↑にもある「あしたから同類~」の台詞はできれば第1話のテンポでお願いしたかったけど・・・・
でも目に見えて弾んだ足取りで階段を上る鳴がいろいろ卑怯だったのでヨシとします。鳴ちゃんウキウキでワロタwww
あと義眼の描写が3話のときと比べるとかなり作り物っぽさが強調されてる気がしましたが、これも演出の内なのだろうか。


原作と異なる点としては、やはり96年度の3年3組の名簿が目をひきました。
「赤沢和馬」・・・・なるほど、漫画版とは違いこういう立ち位置できましたか。
となると、赤沢さん本人にもある種のフラグが立ったと解釈することも可能なわけですね・・・・これはなかなか面白いかも。

OPの高林くんに変わって登場した人物もよく分かりませんしねー
てかホントに誰だアイツ・・・・この後に及んで風見スルーしてまで入れるってことは次回の例の展開に
何かしら関わってくるということなのだろうか。・・・・い、嫌な予感しかしない(苦笑


another 06 (5)

え、なにこれは(歓喜)

ちょっと雰囲気違いすぎンよ~

一見クールボーイな榊原くんも実は思春期特有の妄想力を兼ね備えていたという、ちょっと貴重な場面。
なんだこの中学生みたいな軽やかな妄想は・・・・・って中学生だったw サンキューイッチ(謎感謝)

ぶっちゃけこんな露骨な萌えはいらなかったけど
しかしサービスシーンなくして現代のアニメ化は成り立たないからね、しょうがないね(ニッコリ


another 06 (4)

と思ったらなんか担任が荒ぶってる!?

無視できぬイチャイチャを見せつけられた独身貴族の怒りが頂点に達するとき、惨劇の幕は上がる―――!

か、どうかはさておき(笑)
前回ちょっとフライングしてしまいましたが、次回はいよいよ作品史上最大のグロ回の到来でございます。
既に予告でもちらっと映ってましたが、アレ意外とストレートにやってきそうですね。
というか、やたらと重たそうなバッグといい異常なほどの血飛沫といい、スタッフさん、また原作以上にハードにする気じゃ・・・・?
だから水島監督、そういうのは血Cで十分やったじゃないですかー!

MZSM 「見たけりゃ見せてやるよ(震え声)」



上げて落とすが真骨頂。それがAnother…いや、ホラーの鉄則。
今回はなるべく軽めの文体でお送りいたしました(笑)
折り返し地点という点を考慮してもバランスの良い、かつ、とても続きが気になる構成になってると思います。
怖いことは怖いですが、早くも次回が待ち遠しいですね。

それにしても今回は随分と(わかりやすく)伏線をばら撒いた気がする・・・・
全部とは言いませんが、ある程度“真相”に近づけた方もいらっしゃるのでは?


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 にほんブログ村 ←押していただけると、それはとっても嬉しいなって

スポンサーサイト



テーマ:Another - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

>というか、やたらと重たそうなバッグといい異常なほどの血飛沫といい、スタッフさん、また原作以上にハードにする気じゃ・・・・?


たとえばバックの中に誰かの生首、とか。
サカキバラ・通り魔の新聞・バック…どうしてもアノ事件を連想してしまいますね

でも一番ビビったのは九官鳥の鳴き声ですがw

  • 2012/02/18(土) 16:11:54 |
  • URL |
  • other #-
  • [ 編集 ]

>other さん

コメントありがとうございますm(_ _)m

“誰か”のですか・・・・一応、まったく可能性がないこともないのが少し怖いですね(汗
鳴き声に驚いたのは自分も同感ですw
展開自体に驚かされることがない分、ああいった不意打ちの演出の方がよっぽどビックリしますね。

…まぁある意味イチバン怖いのはotherさんの仰る「アノ事件」の犯人が
観ようと思えばフツーにこの作品を視聴できる環境にあるという、その現実なのかもしれませんけど。

  • 2012/02/18(土) 20:32:29 |
  • URL |
  • SOA #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/1183-e0901f8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎Another第6話Facetoface-二人-

メイ:嫌ですといったら止めてもらえるんですか?→できますが、はじまってしまったら。 :わかりました。担任:家族には話してはならない決まりです。テシ:はじまってしまうって...

  • 2012/07/11(水) 16:09:00 |
  • ぺろぺろキャンディー

Another「第6話 Face to face -二人-」/ブログのエントリ

Another「第6話 Face to face -二人-」に関するブログのエントリページです。

  • 2012/02/22(水) 11:05:39 |
  • anilog

Another 第06話 「Face to face -二人-」

今日も今日とて遅刻ギリギリなヨペチコです。 悩みの種はアナザーのストーリー説明がややこしくなってきたことです。

  • 2012/02/21(火) 13:37:42 |
  • バカとヲタクと妄想獣

2012年01クール 新作アニメ Another 第06話 雑感

[Another] ブログ村キーワード Another 第0話 「Face to face -二人-」 感想 #Another2012#ep06 ■概要 夜見山北中学校3年3組に転入した榊原恒一。初登校日に病院で出会った見崎鳴と再会する...

  • 2012/02/17(金) 16:52:33 |
  • 妖精帝國 臣民コンソーシアム

Another~第6話「Facetoface<二人>」

 東京から引っ越してきた中学3年生、榊原恒一。転校してきた3年3組は死に一番近いのろわれたクラスだった。第6話。場面1 恒一、見崎鳴@見崎の家 恒一は鳴にいろいろきく。...

  • 2012/02/17(金) 00:13:24 |
  • ピンポイントplus

Another 第6話「Face to face-二人-」

『26年前から続く“災厄”から逃れるため、代々の3年3組では、ある“おまじない”が行われていた。転校してきてから恒一がクラスの雰囲気に感じていた違和感も、すべてそれが理由だった。その“おまじない”に理不尽...

  • 2012/02/16(木) 23:49:18 |
  • Spare Time

Another 第6話 「「Face to face -二人-」 感想

死者って三神先生じゃないのかな。 怜子も怪しいですが……同一人物ってことはないのかな? 26年前から続く“災厄”から逃れるため、代々の3年3組では、 ある“おまじない”が行われていた。 転校してき...

  • 2012/02/16(木) 22:44:13 |
  • ひえんきゃく

Another アナザー 第6話 「Face to face -二人-」 

やばい 踊る 鳴ちゃんの何という破壊力(笑)  恒一の妄想の中のことだけどね!  公式あらすじの鳴ちゃんも踊るとかやりすぎw 居ないものにされる時って 一応 本人に協力するか意思を確認するのです...

  • 2012/02/16(木) 22:33:49 |
  • SERA@らくblog

Another 第6話

「Face to fece -二人-」 明日から同類だよね…  宜しくね榊原くん 鳴と同じ居ない者扱いされる事になった恒一の妄想Σ(*゚Д`;) しかも、顔を赤らめてたよ 。゚(゚ノ∀`゚)゚。  でも、実際にやってもらいたいなww 同じ扱いになった恒一と鳴...

  • 2012/02/16(木) 22:33:04 |
  • あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w

Another 6話

君がいて、僕がいる。 というわけで、 「Another」6話 眼帯美少女独り占めの巻。 切り離されて、得た自由。 陽気なダンスの妄想はつまり、彼の心象風景。 そりゃ、踊りだしたくもなるだろうさ。 ...

  • 2012/02/16(木) 22:29:48 |
  • アニメ徒然草

Another 第6話 「Face to face -二人-」 感想

何だか"現象"が恐ろしいなと感じてきました。

  • 2012/02/16(木) 20:14:45 |
  • Little Colors

Another第6話感想

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/02/post-556e.html

  • 2012/02/16(木) 19:53:51 |
  • うたかたの日々別館

Another 第6話 Face to face -二人-

鳴は一応は拒否権もある中、当人の同意を得て、今のような状態になったようですね。 最も、誰かに押し付けざるを得ない役割となると、断り辛いのは確かですけど… 鳴はそれが出来 ...

  • 2012/02/16(木) 19:19:52 |
  • ゲーム漬け

Another 第6話 感想「Face to face -二人-」

Anotherですが、榊原恒一と見崎鳴はクラスでいない者同士として仲良くなります。見崎の臨死体験や人生観も怖いですが、二人で陽気に社交ダンスしている妄想もそこそこ怖いです。(以下に続きます)

  • 2012/02/16(木) 17:58:46 |
  • 一言居士!スペードのAの放埓手記

Another:6話感想

Anotherの感想です。 ※今回は基本ラブコメです。

  • 2012/02/16(木) 17:47:36 |
  • しろくろの日常

「Another」第6話

同類に、なりました… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201202140002/ Another(上) (角川文庫) 綾辻 行人 角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-11-25 売り上げランキング : 317 ...

  • 2012/02/16(木) 14:09:44 |
  • 日々“是”精進! ver.A

Another 第6話

Another 第6話 『Face to face -二人-』  ≪あらすじ≫ 5月1日。 転校生が3組に入ることになり、クラス会議が開かれ、眼帯の少女・見崎鳴(みさき・めい)が本年度の“居ない者”に決まった。拒否権もあっ...

  • 2012/02/16(木) 14:02:14 |
  • 刹那的虹色世界

Another TokyoMX(2/14)#06

第6話 Face to Face-二人- 公式サイトから 26年前から続く“災厄”から逃れるため、代々の3年3組では、ある“おまじない”が行われていた。転校してきてから恒一がクラスの雰囲気に感じていた違 和感も、すべてそれが理由だった。その“おまじない”に理不尽さを感じな?...

  • 2012/02/16(木) 13:26:35 |
  • ぬる~くまったりと

Another アナザー #6「Face to face<二人>」

何者かの悪意は何処にも無いんだ 仮借の念、もう半分は恐怖。Another アナザー第六話のぶっきら感想

  • 2012/02/16(木) 13:11:15 |
  • ぶっきら感想文庫

Another・アナザー 第6話「Face to face -二人-」

Another (1) (角川コミックス・エース 170-5)(2010/10/04)清原 紘商品詳細を見る  スタッフさん、見崎 鳴を萌えキャラにしようと頑張っていますね。細かい動きが可愛らしいというか、そんな感じ...

  • 2012/02/16(木) 12:53:13 |
  • 破滅の闇日記

Another 6話 「Face to face -二人-」 感想

すいません、前回の感想で言ったことを撤回します(笑) 鳴ちゃんはあざといです。

  • 2012/02/16(木) 12:28:55 |
  • うつけ者アイムソーリー

Another 第6話「Face to face -二人-」 感想

やっぱり人が死ぬのは悲しいことだから 互いにいない者として距離が縮まり始める恒一と鳴の二人。 しかし止まらぬ災厄を前にして遂に精神の均衡を崩し始める者が現れて・・・。

  • 2012/02/16(木) 12:12:08 |
  • 日刊アニログ