FC2ブログ

待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。転換期

Another 第12話(最終話) 「Stand by oneself ―死者―」

another 12 (2)

「これをどう解釈するかは、キミたち次第だ」

そして災厄は“終わり”を告げる――
壮絶な殺し合いの果てに待ち受ける結末。原作・漫画版とは違う新たな可能性を示す「Another」第12話(最終話)の感想。
(終盤の)無駄な詰め込みが気になったけど、総じて満足いくアニメ化だったと思います。

なんとか試合前に更新できたのも嬉しい(そこかよ!




※原作既読ですが過度なネタバレはなるべくしない方向でいきます…ってもう気にする必要ないか(笑)


another 12 (3)

「ねえ本当に?本当にこの……三神先生――怜子さんが<もう一人>だと?」

うわぁ なんだかすごいことになっちゃったぞ(孤独のグルメ風

というわけで、前回からの壮絶展開そのままのテンションで幕を開けた最終回。
冒頭のシャンデリアタック→焼け落ちた柱の追撃の怒涛の流れに笑うべきか驚くべきか実に複雑な感情が入り乱れましたが
まぁ結果として原作の重要な場面は軒並み押さえてたし全体的にみれば「忠実なアニメ化」だったと思います。
とはいえ、ここまで悪ノリして手当り次第に(生徒が)生徒を殺す必要はあったのかと疑問が残るのも否定しませんが。
「殺らなきゃ殺られる!」っていう思考に囚われればある意味当然の行動とはいってもさ。

派手さはないが、いかにも日本的ホラーとしての静かな怖さがあるのが原作の魅力だと思ったんだけど
終盤になって急にコメディホラーの要領になってしまった気がする。そこが戸惑ったといえば戸惑いましたね。
そういう意味では水島努はやはり恐怖が描けない人なんだなぁ…と痛感せざるを得ない。

というか悲惨な結果になってしまうと合宿ってホント意味無いな(苦笑
悲劇を止める為に参加したのにまるきり正反対の結果になるなんて・・・・
最初に死亡フラグを立てた和久井君がまさかの生存という展開はなかなか皮肉っぽくて良かったですが。
ジェイソン化したBBAを一撃で仕留める千曳神拳SUGEEEEEEEEEE
よかった、最後にちゃんと見せ場があったw


another 12 (4)

ちょww風見がSATSUZINKIに?!www

発狂役www

出番が少ない少ない騒いでたら最後にとんだ役回りである。
前回が前回だっただけに何かやらかすんじゃないかなーと予想してましたが…これは完全に斜め上ですわ。
ドサクサに紛れて桜木さんを下の名前で呼んでたのはワロタけどね。お前ノンケかよぉ!(意味不明)

コイツのよくわからん発狂に巻き込まれた金松百合コンビがホント不憫で仕方ないですが
しかし風見自身、原作・漫画版ともに善良ポジションで生還を果たしていたことを考えると
イチバン不遇であったのはやはり彼だったかもしれない。スタッフはなんか恨みでもあったのか(マジメに


another 12 (5)

「まったく…やんなっちゃう。嘘でもいいから『憶えてるよ』くらい言いなさいよ」

やっぱりアカザーさん死亡じゃないか!(憤怒)

あれほど第二ヒロインとして猛プッシュされてたわりに結局、収まるとこに収まってしまったでござる。
まぁでも正直風見を殺してしまった時点でこの結末はもう避けられないと思いましたけどね。
勿論それは風見本人にも言えることですが、二人ともあのまま生き残ってもそれはそれで悲惨ではある。

他キャラと比べてかなり好待遇の美しい最期&原作でのわりとテキトーな扱いをみれば
そも「残念」と思えること自体が勲章。むしろ大躍進に近い役割を果たして逝けたのではないでしょうか。

上手くぼかされた部分もありますが、例の回想シーンについてもちゃんと拾ってくれたので良かったです。
兄かと思ったら従兄妹だったのか・・・・・設定的に当たり前といえば当たり前ですが
あそこで空気の読めないリアクションするあたり恒一もつくづくブレない男だなと感心してしまった(笑)


another 12 (6)

「――さよなら おかあさん」

てなわけで、<もう一人>の正体は“三神先生”こと、三神怜子さんでした。

原作組の方にはいまさら問うことはありませんが
アニメ組の方でも彼女が“死者”であるというのは結構前から察しがついてたのではないですかね?
いま振り返ってみると実に露骨なヒントが多く描かれていたと思います。

とはいえ「三神先生=怜子さん」まで辿り着くのはなかなか難しかったかもしれません。
アニメは映像作品であるため小説と比べれば格段に正体を考察しやすいですが
アニメ版も髪の色を変えたり架空の中の人を作り上げてきたりして(「宮牧 美沙代」とは「夜見山 岬」のアナグラムである
かなり手の込んだ隠蔽工作に励んでましたからね。
こういったスタッフさんの作品に対する細かい配慮も作品を楽しめた要因の一つであると思います。

シーン自体に目を向ければ、恒一を説得するときの鳴のこれまでになかった強い口調
葛藤の果てに最後に立派な決断を下した恒一の心情を長く描写してくれたのは素晴らしかったです。
やたらと女性にボコられるヘタレ主人公でしたが、決めるとこは決めてくれたかなと(苦笑


another 12 (7)

でもって、ちょっと気になったのはこの通り魔のカット。
結局1話アバンの一連の描写はこのシーンに該当したわけですが
その通り魔の容姿が恒一に似てる(?)のは一体何の意図があったのか気になったり。

まぁ「実は恒一(通り魔)は怜子さんを二度殺してた」なんてオチは99.9%ないでしょうけど
このスタッフさんはホント悪趣味なオマケ要素を作るのが好きですね(笑)
個人的にはこれ「サカキバラ」のアレと掛けてるんじゃないかなぁ…と思ったのですが。
ま、いずれにしても悪趣味には変わりないか。


another 12 (8)

「そんなに忘れたくない?ずっと憶えていたい?」

すべてが終わった、エピローグ

予想では“合宿編”を濃く描写したせいでここがおざなりになるかと心配してましたが
かなり原作に忠実というか長めにとってくれて満足です。
やっぱり鳴と恒一は最後までこの微妙に距離感ある感じが良いんですよね。
P.A.自慢の背景美術がこれでもかと披露されてるのも要注目ですw
この場所、実際に富山?かどこかにありそうだなぁ。

ラスト、鳴の魔性の笑みで〆ってのもなんかイイ


another 12 (9)

「ちゃんと考えて、周りの友だちと相談して……」

――後悔しないように

繋がっていく記憶の底に 誰かが見つけるためあると信じている

かくして恒一たち「3年3組」の物語はこれにて完結ですが・・・・
しかし“災厄”そのものは根本的に解決したわけではない。これからもソレは続く…ってことで
いかにも後味の悪いホラー作品らしいオチではないかと思います。

というかテッシー、MD残すよりも千曳先生に語り継いでもらった方が効率いいんじゃないか?w
まぁそれ以前に鳴のような魔眼持ちでもいない限り、もっと悲惨な疑心暗鬼を誘発するだけの気がしますが・・・・



最終回ということでそれなりに長くなりましたが、以上で本作もめでたく(?)完結です。
総評として、原作よりキャラの肉付けを増やした分、かえって終盤の描写に余裕がなくなった印象ですが
まぁ全12話ハイクオリティで駆け抜けたのは素晴らしいかったなぁ…と個人的には結構満足してますね。
寧ろアニメ版はあらかじめネタバレされてた人たち…
つまり原作や漫画を読んでいた人の方があれこれ違いを考察できて楽しめた感すらある。

特に序盤~中盤にかけての基本おとなしくも魅せる場面は音と演出の力でしっかり魅せる作りは本当に素晴らしかった。
それだけに水着回はじめ終盤のスタッフさんの欲が出た部分が、かえってそれまでの積み重ねを消してしまってる気がして
そこが少しもったいないと言えばもったいない出来ではありましたね。

ただ総合的に見て、かねてからの綾辻ファンとしては非常に楽しめるアニメ化だったと思います。
スタッフの皆さま、おつかれさまでしたm(_ _)m そして、ありがとう!

綾辻先生、外伝と続編の執筆も期待してます(ニッコリ


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 にほんブログ村 ←押していただけると、それはとっても嬉しいなって

スポンサーサイト



テーマ:Another - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

Another終わっちゃったなぁ
>派手さはないが、いかにも日本的ホラーとしての静かな怖さがあるのが原作の魅力だと思ったんだけど
全くその通り
小説を読んだ後だとちょっとやり過ぎ感があった気がするw
原作通り唐突にババァ無双されても面食らうだけだけど生徒が入り乱れてのバトルロワイヤル的な展開もちょっとなw
ちょっとカオスすぎんよ~

しかし全体的には満足行く出来だった
この調子でほかの綾辻作品もアニメ化してくれませんかねぇ…

  • 2012/03/30(金) 23:47:18 |
  • URL |
  • カスラーさん #-
  • [ 編集 ]

>カスラーさん さん

サンキューカッス

でしょう?
原作ってBBA無双のときでさえ、どこか淡々としている雰囲気あるからねぇ。
勿論それをそのまま再現したらせっかくの映像化が活かせないってのも分かるけど
ちょっと肉付けしすぎかなぁ…と思う部分がなくはないw

うん、でもまぁ自分も全体的にはかなり満足度高いですよ。
まさに「Another」の「アナザー」とでも言うべきか。

>この調子でほかの綾辻作品もアニメ化してくれませんかねぇ…

でも実際この人の作品、映像化に向いてないモノ多いしなぁ・・・
そういう意味でも今作は少ないチャンスを活かした貴重なアニメ化だったと言える気がするね。

  • 2012/03/31(土) 01:51:49 |
  • URL |
  • SOA #-
  • [ 編集 ]

密かに見てましたがついに終わっちゃいましたね
自分の予想通り死者は怜子さんで増えていた机は職員室の机だったんだよ!って展開でしたがここまでバトロワになるとは思ってませんでした
・・・ってかあれだけの惨劇だったのに死んだの8人!?えっもっと大勢死んでたでしょ絶対wwwと突っ込んでしまったのは内緒です(;´∀`)

災厄は無限に続いてしまうというホラーらしい救いのない落ちでしたが・・・これって鳴ちゃんがあの学校に教師にでもなれば毎回死者を特定できるんじゃ?wなどと身も蓋もないことを考えてしまうのでした

まぁ総評的には鳴ちゃんが可愛いかったし良作だったと思います(結局そこかい



あと話はそれますが甲子園で名電が負けちゃいました(´・ω・)あの誤審は無いだろうよーおいおいおい
スイングアピールしてるのに塁審確認しないなんてひどい(ノω;)直前まで好勝負だっただけに非常に納得のいかない敗戦になっちゃいました・・・
もう一つの横浜vs関東一も監督が思わず猛抗議してしまうほどの誤審的判定でしたし、審判に権限がありすぎて判定が覆らない古臭い体質はどうにかならないもんですかね

  • 2012/04/02(月) 01:53:53 |
  • URL |
  • 黒辻さんは俺の御主人様 #Mhgjp8FI
  • [ 編集 ]

>黒辻さんは俺の御主人様 さん

コメントありがとうございますm(_ _)m

アニメ版は同一人物を匂わせる描写がわりと露骨な場面が多かったですからね。
それはさておき自分もあそこまで大仰なバトロワ展開になるとは思ってもみませんでした(;´Д`)
原作だとBBAが一人無双して大抵の犠牲者はあとで名前だけサッと紹介されるだけでしたが
アニメはあの見せ方じゃどう考えても合宿に来た連中の8割以上は死んでる勢いですよねw

>これって鳴ちゃんがあの学校に教師にでもなれば毎回死者を特定できるんじゃ?w

そこに気づくとは・・・・やはり天才か
でも確かに(それを周りが信じてくれるか置いといて)それがイチバン効率としては良さそうですよね。
執筆予定の続編でも鳴や恒一がメインなのかは分かりませんが
あの能力を活かして「名探偵メイちゃん」シリーズを始めてもそれはそれで面白い…かも?

まぁ僕も鳴の可愛さには見事キュンできたので満足はしてます(笑)
あれくらいブレない態度のヒロインってのも良いもんだ。


甲子園は・・・・お互いに残念でしたね。
僕も名電の試合は観てましたがアノ判定&主審の態度はマジでないですよ。
そのうえ横高もビミョーといえばビミョーとはいえあれだけガン見してたくせに誤審判定とか・・・・
観てるだけの視聴者だって納得いかないんだ。
実際に「負けたら終わり」の状況下でやってる球児たちには堪ったモノではないですよね。

プロ野球でもちょっと審判の判定が一貫してないというかブレまくりな印象を受けましたが
あれだけ大きなミスを犯しておきながら厚顔な態度でいられるのはつくづく水を差される思いです。

あんな“神サマ”ばかりなら機械仕掛けの神のほうがよっぽど納得できますよ。

  • 2012/04/02(月) 04:50:48 |
  • URL |
  • SOA #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/1261-2f9b76de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎Another第12話Standbyoneself-死者-

火事になるhttp://rouzekimono.blog.fc2.com/tb.php/158-48ee3765。シャンデラhttp://moema10.blog.fc2.com/tb.php/162-bbe752d9でたくさん死亡。さらに、管理人のおばさんも襲ってくる始末。千曳が倒す。松井さんが...

  • 2012/08/04(土) 13:03:38 |
  • ぺろぺろキャンディー

死者は誰か?

アニメ「Another」を見ました。 テレ玉にて 火曜深夜にやってました 学園を舞台にしたホラー、ミステリー 死者が続発する呪いともいえて・・・ 独特の雰囲気、謎が高まりつつ 引き込まれました 前半は謎が多すぎて・・・ 死者は誰だ?というミステリー そして それ以...

  • 2012/04/05(木) 19:12:25 |
  • 笑う学生の生活

Another #12(最終回)「Stand by oneself -死者-」

全ては1年半前から始まっていた、という事だったのですね…(何

  • 2012/04/03(火) 00:23:40 |
  • 惑星観測所の記録

2012年01クール 新作アニメ Another 第12話 雑感

[Another] ブログ村キーワード Another 第12話 「Stand by oneself -死者-」 感想 #Another2012#ep12 ■概要 夜見山北中学校3年3組に転入した榊原恒一。初登校日に病院で出会った見崎鳴と再...

  • 2012/04/01(日) 16:23:17 |
  • 妖精帝國 臣民コンソーシアム

「Another」 第12話(最終話)【Stand by oneself -死者-】

たまには、ね。 ・スタッフ 原作:綾辻行人 キャラクター原案:いとうのいぢ 監督:水島努 シリーズ構成・脚本:檜垣亮 キャラクターデザイン・総作画監督:石井百合子 色彩設計:井上佳津枝 美術監...

  • 2012/04/01(日) 10:50:10 |
  • NEW☆FRONTIER

Another~第12話「Standbyoneself<死者>」

 東京から引っ越してきた中学3年生、榊原恒一。転校してきた3年3組は死に一番近いのろわれたクラスだった。第12話。 死んだはずのもう一人を死に返さない限り、クラスの死者...

  • 2012/03/31(土) 23:05:50 |
  • ピンポイントplus

Another 第12話「Stand by oneself-死者-」

火災による爆発に混乱し次々と部屋の外へ脱出しようとするクラスメイト達 シャンデリアや柱の下敷きになってしまったり爆発で吹き飛ばされたり… もはや残ってる人数の方が少ないって感じでどうすれば逃げ延...

  • 2012/03/31(土) 21:51:35 |
  • Spare Time

Another:12話感想&総括

Anotherの感想です。 ついに死者が判明。そして…。

  • 2012/03/31(土) 12:55:04 |
  • しろくろの日常

Another・アナザー 第12話「stand by oneself -死者-」(最終回)

凶夢伝染(2012/01/25)ALI PROJECT商品詳細を見る  シャンデリアが落ちて、柱は倒壊し、生徒数人が一気に死亡しました。最終回も死人がでまくりです。何よりも驚いたのは、風見 智彦の暴走だ。この展開はアニ...

  • 2012/03/31(土) 08:25:31 |
  • 破滅の闇日記

「Another」第12話(終)

“もう一人”は… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203270001/ Another(上) (角川スニーカー文庫) 綾辻 行人 いとう のいぢ 角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-02-29 売り上?...

  • 2012/03/31(土) 06:26:07 |
  • 日々“是”精進! ver.A

Another 第12話 stand by oneself -死者-

惨劇は連鎖を続け、暴走した管理人は勅使河原を追いつめ、トドメという所で千曳が現れ撃破。 一方、姿を消した風見ですが、恒一を死者だと決めつけ、殺人鬼に。 恒一を死者だと決 ...

  • 2012/03/31(土) 04:04:15 |
  • ゲーム漬け

Another 第12話 「Stand by oneself -死者-」(最終回) 感想

これがホラーだよねという幕引きでした。『Another』最終話です。

  • 2012/03/31(土) 01:50:00 |
  • Little Colors

Another「第12話 Stand by oneself -死者-」/ブログのエントリ

Another「第12話 Stand by oneself -死者-」に関するブログのエントリページです。

  • 2012/03/31(土) 00:50:11 |
  • anilog

「Another アナザー」 第12話

「Another アナザー」  第12話  ネタバラシがありますので、最終回未見の方は読まない事をお薦めします。また、トラックバックの言及リンクで本文が表示されるのを防ぐため最初の2文を重複させてあります。 最終回は胸の痛くなるような展開 ...

  • 2012/03/31(土) 00:08:54 |
  • HARIKYU の日記

Another 第12話(最終回)

「Stand by oneself -死者-」 尋常ではないね! マジで尋常じゃない! 全てのヒントは勝手に認知かと思っていた爺様と九官鳥 最後の最後まで死者が誰だか分からない状態で、3年3組じゃないけど館のばばぁが尋常じゃくて、コイツが死者なのか??って、...

  • 2012/03/30(金) 23:49:29 |
  • あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w

Another 第12話(終)

Another 第12話(終) 『Stand by oneself -死者-』 ≪あらすじ≫ 連鎖的に起こる合宿所での暴走。鳴を“死者”と決めつけ人が傷つき死ぬ中で、鳴はその義眼で見た“死者”を死に還すべく独り階段を上る。後を...

  • 2012/03/30(金) 23:12:04 |
  • 刹那的虹色世界

Another 第12話(最終回) 「Stand by oneself -死者-」 感想

死者は予想通り、あの人でしたね。 どうしょうもなかったのかもしれませんが、鳴がもっと適切な行動を とっていれば被害者は少なくてすんだかも、と思わなくもないです。 しょうがないっちゃ、しょう...

  • 2012/03/30(金) 23:10:39 |
  • ひえんきゃく

Another 12話(最終回)

もう一人は、二人いた。 というわけで、 「Another」12話(最終回) 再殺の巻。 死者は三神先生/怜子さんでしたー。 なんか、ゴーストスイーパーでもやってそうなフルネーム。 机の数が、特大ヒン...

  • 2012/03/30(金) 22:52:11 |
  • アニメ徒然草

Another アナザー 第12話 「Stand by oneself -死者-」 

死の色が見えるから――。  災厄を終らせ 生き残るために死者を死に帰さないといけない。 禁断の方法が分かったことで 殺し合いの連鎖が(汗) 水島監督が作りたかったのはホラーでなく スプラッターだっ...

  • 2012/03/30(金) 22:27:03 |
  • SERA@らくblog

Another 第12話「Stand by oneself -死者-」 感想

僕たちもこれから段々と忘れていくのかな? 狂気と混乱に満ちた合宿所内で次々に犠牲になっていくクラスメイト達。 全てに終止符を打つため覚悟を決めた恒一と鳴の二人が遂に死者と向かい合う。

  • 2012/03/30(金) 22:17:12 |
  • 日刊アニログ

Another 【最終話】 (第12話) 感想

「Stand by oneself -死者-」

  • 2012/03/30(金) 22:16:58 |
  • Loving You