fc2ブログ

待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。

【日シリ2012】動きを獲得した筋肉。“1-0の呪い”を打ち破る【第2戦】

◆巨人連勝!沢村8回無失点!長野先頭打者弾

20121028 (2)

(あらゆる意味で) 制 圧 完 了

俺、CS始まる前はもうどんなに好投しても今年のサッワは悪しき評価は覆せないと思ってたんだ…
でも…でも!こんなカッコいいピッチング見せられたらさすがに心揺らぐわ!
「筋肉が動きを獲得する」ってこういうことか。次代のエースの実力、しかと見届けたり!

うん、そんなわけで今回の試合は澤村に尽きますね。
開幕四球(+1イニング2回)の時は正直「昨日からなにやってだ」という気分でしたが、結果的にアレが良い方向に働きました。
CS土壇場での投球も見事だったが、まさかそれ以上の好投をするとは思わなんだ。
8回 被安打3 108球 無四球 無失点ェ?
こんなのレギュラーシーズンでは春先にベイス相手に1安打完投やったとき以来のベストピッチでしょう。
シーズン肉遊びきんにくんとポストシーズンエース澤村拓一は別人。
8回の三者連続三振→ガッツポ雄叫びは最ッ高に痺れました。

スコアだけみれば紙一重なんですが、全体的なツキというか流れは終始こちらにあったような気がしますね。
凡ゴロが内野安打になったり、世にもめずらしいセンターゴロが生まれたり…こんなのCSでは絶対なかったですよ(笑)
加えてねぇ、(これまで散々主張してきましたが)今年の巨人は「1-0」というスコアで勝った試合が一つもなかったんですよ。
それがまさかこんな頂上決戦で出るなんて…ぶっちゃけ初戦よりはるかに興奮しました。
あぁ^~きもちいい^~。俺の心の傷がどんどん癒されていきますよ!(マジキチスマイル

とりあえず、この2戦に関しては文句なし巨人ペースで展開できていると思います。
さて、これが敵地に乗り込むことでどう変わる?
穏やかな気持ちで移動日を迎えられる喜びを噛み締めつつ、札幌での戦いに期待したいです。





20121028 (4)

ハムの選手には申し訳ないですが、
ホント結果的に初回の死球ふたつが澤村にかえって余計な力みを取り除くキッカケになりましたね。
阿部の叱咤も相変わらず厳しいですが(笑)

ただ、始まりこそテンパってましたが、好意的に考えればストレートの威力はそれだけキレッキレだったということですよ。
あんまり絶賛するのも意地悪ですが、陽に対するその後の攻め方なんで完全に初回を利用してましたからね。
日ハム打線が本調子でないことはあるけど、この2戦までの阿部のリードはなかなかに冴えてると思います。
ストライク先行、直球でビシビシ攻めるってのはやはり観ている側としては気持ちいいですね。


20121028 (3)

初回から不穏な空気が立ち込めたとこで、いきなり飛び出した長野の先頭打者アーチ。
普段見慣れていないパファンの方は「なんて芸術的なドームラン」と惚れ惚れしたかもしれない(笑)
でも巨人ファンは知っている。彼の右中間方向への打球は想像以上に伸びることを!

澤村も見事でしたが、相手の武田勝のピッチングも負けず劣らず素晴らしい内容でした。
長野のこの一打を除けば、ほとんどの打者がタイミングを狂わされるうえにマトモに芯で捉えることができない。
特にテーラさんとか(思わずバット叩きつけるくらい悔しがってたけど)一生打てそうにないオーラ漂ってましたからね。
前日の吉川のように勝手にgdgdしてくれない。そういう投手にしっかり投げあって勝てたのは大きい。

柔の武田勝剛の澤村
1球の行方がそのまま明暗を分けた、紙一重の勝負。
野球の怖さ、面白さを感じられる。まさに文句なしの“投手戦”でした。
今回に関してはね、あまり統一球は関係ないと思いましたね。


20121028 (5)

「明後日も勝つ!!」

絶対言うと思ったwwww  この男、完全にノリノリである。

海の向こうのタイガース「やめてくれよ・・・(絶望)」


にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村 ←バナーまで打て、巨人(キリッ

スポンサーサイト



テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ

コメント

こんにちは!

仰る通り、本当にシーズンのきんに君はどこへやら、完全に筋肉革命を起こして復活しましたね!
8回の三者連続三振の時は、本当に誰だこいつ?と思いましたもん(笑)
(6回裏の澤村の貰った2塁打の後の1~3番の三者連続三振もある意味驚きましたが)

ポストシーズンでは、RS中では絶対に期待できなかった
澤村・村田・ボウカーが戦力になっているのが大きいですね。

阿部…こんなのが上司にいたら絶対怖い、怖すぎる(笑)
現代のゆとり世代若者でしたら辞表提出者続出でしょう(もしくは鬱病)

あれだけ頑固な澤村も、完全体育会系の中では中大先輩・阿部には完全服従なのですね(^^;)
…とりあえず死球出したら帽子は取りましょう(苦言)(--;)

1-0勝利は初なんですね~152試合やってたった1回って…ある意味奇跡ですね(^^;)
山崎武司は「全ての運が巨人にあった」と言っておりましたが、
ロースコア・最少得点差大好物の中日選手に言われたら…(苦笑)

CSから引き続き山口の不調は気になる所ではありますが、
マシソンが復帰してくれたのは大きいですね!\(^o^)/

RSであれだけ戦力になった高木京が全然使われない所を見ると、
やはりルーキーには短期決戦の重圧は厳しいとの判断なのでしょうか。

最後、西村ではなくマシソンを選択したのは球威で勝っているからだけでなく
西村vs二岡だと、明らかに打たれそうな気配漂いまくりだったからという気がしないでもありません…
”蛇に睨まれた蛙”状態?(^^;)

とにかく何にせよ2勝できたのは良かったですが、去年の中日の例もありますし、
まだまだ一戦必勝で頑張らないといけませんね!
明日から敵地になりますし、DHでホフパワーもスタメンでしょうから(><)

  • 2012/10/29(月) 15:00:31 |
  • URL |
  • ジャビ子 #-
  • [ 編集 ]

>ジャビ子 さん

コメントありがとうございますm(_ _)m

こんにちは!

>8回の三者連続三振の時は、本当に誰だこいつ?と思いましたもん(笑)

まさに同じこと考えてました(笑)
「はぇ~、すっごい……で、こいつ誰?」みたいな。
たしかに6回裏のチャンスで追加点を取れてればグッと楽な試合に持ち込めたのですが
そこはまぁ武田勝の意地かなぁってことで、今となっては接戦をモノにできたのは大きいと思ってます。
(そういや両先発とも“ムエンゴ”に定評のある投手でしたね…)

全体的に態度がふてぶてしいのは観てる側するとあまり心象よくないですが、まぁ彼は最初から良くも悪くもストイックなトコありますからね。
態度が徹底してるなら、それもまた個性かなって。
感情を表に出す選手が少なくなってる昨今、こういう選手がいるのもそれはそれで面白いとは思います。


仰る通り、ここまではいわゆる“シリーズ男”がチームを引っ張る活躍をみせているのが大きいです。
RSで活躍した選手は当然ながら短期決戦では徹底的にマークされますからね。
そういう状況の中で、周りの選手がどれだけカバーできるか…ここに“選手層の厚さ”が表れると思います。
ジャーマン、そんなこと言ってたんですか?
中日の選手にそう評価してもらえると、なんだか心強いですね(笑)

>CSから引き続き山口の不調は気になる所ではありますが

どうも二死からランナーを出す(+連打を浴びる)ケースが多い気がしますね・・・
この2戦はそもそも中継ぎを試す展開になってないのでまだ何とも言えないのですが
抑えとセットアッパーが本調子でない状態で、マシソンが戻ってきたのは本当に有り難い。
澤村が“剛”で相手を制していたからこそ、最後はそれと同じ“剛”を持つマシソンに賭けたのか。
いずれにせよ、僕も西村投入(+二岡が全盛期)だったら最後は右翼最前列に運ばれてもおかしくなかったと思います。
(しかしあの場面で二岡が出てくるのは巨人ファンとしては“激アツ”ですよ(^。^;)

とりあえずホームアドバンテージを上手く活かすことができましたが、逆に明日からは向こうが有利ですからね。
油断せず、しっかり前の1勝にこだわってもらいたいです。
中田は低調期にいる分はあまり怖くないが、ホフパワーはたしかに怖いですね。
逆に巨人はDH誰にするんだろう?球場の広さ考えて由伸でしょうか? 楽しみですね!

  • 2012/10/29(月) 23:49:36 |
  • URL |
  • SOA #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/1525-0e6dcd77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)