待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。CSなんて出なくていいです

2013年アニメアウォーズ!

めぐみがめぐみで、ひめめぐみ?これもうわかんねぇな<ハピプリ

ってことで、今回も「おちゃつのちょっとマイルドなblog」様の企画に参加させていただきます。
なんとか2013年内に仕上げたいと考えてはいたのですが、結局年明けになってしまい申し訳ないです…

~2013年アニメアウォーズ~
・最優秀作品 
・特別賞 (捨てがたいものや大穴だったものなど)
・キャラ部門 (男性・女性それぞれ。性別不明の場合はお任せします。)
・OP部門 (映像込みの評価でお願いします) 
・ED部門 (同上)


内容はこのようになっております。
詳細についてはリンク先をご覧ください。

それでは以下、個人的な選考結果です↓





【最優秀作品】
『ガッチャマン クラウズ』

全体的に小粒なラインナップの中で、「はたしてDVDを買ってまで観たい作品はどれか」と考えた結果がコレでした。
中村健治監督の作品ってどうしても消化不良というかスッキリしないオチが多いですが、
それでも、新作が始まれば必ず一度はチェックしてしまう“魔力”がありますね(笑)
ビッグタイトルにも縛られない自由な作風が、かえってハマるきっかけを作ってくれたのだと思います。
(なので旧作の印象に囚われず、ほとんどオリジナルアニメの感覚で楽しめますよ)

惜しむらくは放送局が関東限定のため知名度が低いのと、あとは終盤の唐突な総集編かな。
アレでラストが完全に投げっぱなしになり、視聴者としては非常にモヤモヤが残った。
このモヤモヤはBOXでの追加エピソード&今後予定されている二期でいくらか晴れると期待したいものの…
そういう意味で、本作は必ずしも「一個の作品」としては優秀ではないかもしれない。しかし、個人的には2013年アニメの中で観て損はない作品です。


【特別賞】
『有頂天家族』

なんというか…久々に「アニメらしいアニメを観たな」と。
何かが突出しているわけでもない。けれど、どれもが高水準。
理屈ではなく感覚で楽しむアニメーション本来の面白さを、この作品は丁寧にやり通してます。
こういうアニメこそ深夜枠でなく、NHKあたりが夕方にやってほしい。
それに納得するだけのネームバリュー(原作)だってあるわけなんだから。

面白きことは良きことなり。当たり前だけど、納得の一言ですね。
TT、花いろ、TARI TARI etc…美少女アニメに関しては一定の地位を築いたP.A.だけど。
でもイマイチ、シナリオ面で満足する作品が少なかった。
この『有頂天家族』は、僕がP.A.に求めていた要素をついに埋めてくれました。その意味でも満足度が高いです。


【男性キャラ部門】
『ベルク・カッツェ』(ガッチャマン クラウズ)

だいたいの理由は別の評価記事に書いたので、そちらを参照に(ぇー
冷静に考えるとホント「中の人(の演技)ありき」ってキャラだけど、それも必要だと思うの。
クセの強いキャラって、現代ではわりと重要だと思うの。

というか「クラウズ」に限っては男性陣みんな好きですね(笑)
たぶん女性陣よりもずっと好き。感覚としては「Fate/Zero」視聴時に近い。
王道を往くタイプの清音も良ければ、大人になっても“厨二”を捨てきれないジョーさんも良い。
見た目オカマだけど、誰よりも周りに気を配ってるO・Dなんか最高や!
これがホモだってんならもうホモでいいっすよ。ノンケなんかいらないね。


【女性キャラ部門】
『主人公』(AMNESIA)

いや主人公ってなんだよ…ちゃんと名前書けよ…と思った人はちょっと待ってほしい。
本当にこの娘、役名がないんです…(^_^;) 「わたしちゃん」とか「パウリちゃん」とか「名塚姉貴」って呼ぶ以外、ない。
でも何だってトチ狂っていまさら乙女ゲーなんて観たのかといったら、それはひとえにこの名無しちゃんの可愛さというわけであって。
「一人のキャラクターのために最後まで完走できた」という意味で、彼女こそ個人的2013年のベストヒロインに相応しいなと思ってます。


【OP部門】
『今よ! ファンタジスタドール』(ファンタジスタドール)

「Crowds」と迷いましたが、スルメ的な要素含めこっちで(笑)
完全に正統派魔法少女のノリ全開といいますか、「高梨さん!これまんまプリキュアだよ!」ってOPですが
だからこそ、流石の安心感もおぼえる出来に仕上がっていますよね。
「い・ま・よ!」「そ・う・よ!」と思わず合いの手を挟んでしまうあのフレーズ。
これは長年、そういう楽曲を作り続けてきた人にしか出せない“あざとさ”ですよ。(^p^)くるぇるめぇぇるれすよぉ


【ED部門】
『ケセラセラ』(有頂天家族)

また↑の別記事と同じこと書いてしまいますが。
この年のアニメって、EDそのものの出来も良いんですけど、それ以上にやはり“入り”が良かったと思いますね。
「有頂天」しかり「クラウズ」しかり「ファンタジスタドール」しかり「京騒戯画」しかり。
僕はある意味EDはOPより大事というか、いかに気持ちよく本編の余韻に浸れるかのスパイスとみているので、この傾向は大いに歓迎したい。



以上、このような結果となりました。

ん~、こうやって見るとやはり偏った結果になってますね~
しかもほとんどが今年の後半(夏以降)に始まった番組。2012年のアウォーズとは真逆といっていい。
それが良いか悪いかは分からないけど、ただ、この年はちょっと芯から熱中できる作品が少なかったかな…?
むしろどんどん朝アニメ(子ども向け)に傾倒していった1年だった気がします(笑)
あと劇場版。「Steins;Gate」に「空の境界 未来福音」に「魔法少女まどか☆マギカ」。
TV版からハマっていた作品の映画が豊富な1年でしたね。こっちに勢いをもってかれたのはある。

今回はあくまで2013年内に始まった(終わった)作品を対象にしましたが、
それを度外視した場合、「ジョジョ」や「ドキプリ」も捨てがたかったと思います。
(未完結作品では「ビルドファイターズ」も高評価ですね)

長くなりましたが、2013年も相変わらず“アニメ漬け”であったことに変わりありません。
もうこの趣味は野球と同じくらい切ろうと思っても簡単に切れないモノなので、
開き直って、今年(2014年)はより多くの作品に触れることができたらいいと思いますw


ではでは、今回はこのへんで。
おちゃつさん。このたびは企画のお誘い、ありがとうございましたm(_ _)m


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

御礼

SOAさんこんばんは!
選考拝見させて頂きました。

ガッチャマンクラウズ、僕は残念ながら見てなかったです。
今後2期も予定されているんですか。機会があればチェックしてみます。

あと、AMNESIA。名前はよく目にしたのになんで見てなかったんだろうと思って調べたら...思い切りフの方向けっぽい絵柄の作品だったからパスしてたようです。そんなに魅力ある女性キャラが登場しているなんて全然知りませんでした。意外ですね~。

ではでは、今回も企画に参加いただきどうもありがとうございました!
本年もどうぞよろしくお願いします。

  • 2014/01/06(月) 23:28:43 |
  • URL |
  • おちゃつ #tlKwGZIA
  • [ 編集 ]

>おちゃつ さん

コメントありがとうございますm(_ _)m

こんばんは!
毎度丁寧なコメントを返してくださって恐縮です。

「ガッチャマン」はかなり人を選ぶ作品だと思います。
「AMNESIA」は…自分もこの手のアニメは今までまったく観てなかったからアレなのですが(^^;)
ただ、主人公の可愛さ以外にもちょっと内容が「Steins;Gate」っぽかったのが良かったのかな?
本当に“意外”な作品でしたw

最近あまり深夜アニメの感想を書かなくなった僕にとって、この企画は多くを振り返れる良い機会です。
願わくば次回の開催にも参加させていただきたいですね。
選考、お疲れさまです。こちらこそ、本年もよろしくお願いします!

  • 2014/01/06(月) 23:52:49 |
  • URL |
  • SOA #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/2075-9e03c43e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad