FC2ブログ

待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。転換期

ガンダム Gのレコンギスタ 第25話 「死線を越えて」

g-reco 25 (18)

「地球ってさぁ、あったかいね!」

キア隊長、これが本物の土の色ですよ。緑も見える―――

だからそのペンダントは卑怯だと(ry
「戦争が文化を進歩させる」とかなかなか深い言葉を遺してたみたいだけど、
いかんせん捨て身の自作自演が滑稽さを先行させてしまっている。
キア・ムベッキ隊長の印象でした。

ぬわあああああああああああああん 更新遅れたもおおおおおおおおおおおん
物語もいよいよラストだというのに、この停滞っぷりはなんだ。
いろんな作品があるなかでも『Gレコ』は最優先でチェックしているのに不甲斐ないです。
(しかし前回も書いた通り、ここまできたら自分が納得するカタチで仕上げたくもある)

そんなわけで既に関心は最終回の内容に向いてしまってますが、
この25話についていえばとにかく人間の…女の情念の凄まじさが描かれた回でしたね。
もちろんビジュアル的には「大気圏突入=死線を越える」ってことでラスト前にふさわしい緊張感に満ちていましたけど、
引っぱられつつもあくまで主役は人間という、富野御大らしい構図にあふれていた。
この小規模な鍔迫り合いが気づいたら物語全体を包み込む感覚…さすがの演出力と言わざるをえない。

キービュジュにズゴックがいた理由も、これでようやく分かりました。
死線を越えてジャブローへ。そしてガンダムは「大地に立つ」
始まりの終わりは、終わりの始まり?
するとPV等で使われていたあのキャッチフレーズの意味は…?

早く観たいような……でも、ずっと続いてほしいような……
金曜深夜がおそろしい。それがたまらない。





g-reco 25 (24)g-reco 25 (1)

「俺とマニィが一緒に助かるためには この方法しかないと思った」

「失敗したら一緒に死ぬことになる」
「いいわよ、ルイン」

なんだこのめっちゃイイ男と女の関係…すいません主人公とヒロイン?これ主人公とヒロイン?

さすが御大が「良いシーンが描けた」と自画自賛するだけのことはある。
BGMと相まって、25話を代表するシーンに仕上がっていましたね。
惚れた男の為なら友人も裏切るマニィには賛否あると思うものの、
個人的にはそういうのも含めて「女の情念」を感じた。
まさに死にモノ狂いの人間は怖いぞ!

要はマスク(ルイン)がダメ男なのが悪いねん。
どっかの誰かよろしく、ちゃんとしてるようで情けないのがダメやねん。
それ故に仮面の男にふさわしく、チート主人公には絶対勝てないのだけど(笑)

だが、彼は彼で、失わない代わりに得られないモノもあります。
それについてはもうちょい先で。


g-reco 25 (17)

「誰が操縦していると思っているんだ?」
「天才クリムでしょ!」


この二人はこの二人でもう完全に“出来上がっちゃってる”し…w

さりげに旗艦(サラマンドラ)失ったというのに余裕ある態度だよね。
そう考えると良くも悪くも主役から外れたポジションというか。
まさかダーマさん戦闘シーンなしで退場とは思わなかった(^_^;)

予告で鬼気迫る表情(吉田顔)してるのがちょっと気になりますが、
このコンビにはなるべく幸せな結末を用意してあげてほしいと思いますよ。
ミックはお気に入りだから心配してないけどね(笑)
美形にキビしいお爺ちゃんやめちくり~


g-reco 25 (21)

「一緒だねぇ~!」

恋人が死んでも冷静に指揮をとる強い女とはなんだったのか。
“亡霊”に取り憑かれたマッシュナー、みんなを巻き込んで逝く。

もう23話の感想はなかったコトにしたいレベルですけどね(苦笑
が、この彼女の態度もまた考えようによっては「情念」を表してるといってもいいかなぁ。
程度に差はあれど根本的には↑2カップルと変わりはない。
誰かが書いてたけど、「愛情が行き場を失った」って表現がしっくりきましたね。


こうなってくると、やはり異端であるのはベルリ(G-セルフ)なのかもしれません。
彼は負けていないけれども、勝っているともいえない。

「減速して大気圏に入るのが精一杯 。こんな高性能機をもらって、僕は何をやってんだ! 」

勝手な使命感に燃えてさえいる。
周りに女の子はたくさんいるけど、誰とも深くつながっているわけでもない。
天才(無敵)の孤独・孤立が感じ取れます。

故に想い人+肉親(未確定)の言葉には自分が思っている以上に救われるだろう。
というか御大が言ってた「25話の2秒くらいすごい活躍」ってドコだよ。
フルドレス(24話)の勘違い?それとも姉貴風めっちゃ吹かしてたとこ?


金星2人踏ん張る→CMの流れ、稲田艦長の「よくわからん!」など、
重い空気の中にもいちいち笑いを挟んでくるのはイイですねw
(法皇様がすごい情けない顔してるのも笑った)


泣いても笑っても、あと一回。
もちろん“その先”の可能性があるなら大歓迎ではありますが…
いまはとにかく、全力で楽しみたい。

観てくれるキミへ感謝の心を。作ってくれるアナタへ感謝の心を。
はじまりのG、“自分の目で”たしかめろ!


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 にほんブログ村 ←押していただけると、それはとっても嬉しいなって

スポンサーサイト



テーマ:Gのレコンギスタ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/2642-8c67697b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガンダムGのレコンギスタ TBS(3/20)#25

第25話 死線を越えて 公式サイトからパーフェクトバックパック装備のG-セルフで出撃するベルリ。その眼前に立ち塞がるマスクのカバカーリーとマニィのジーラッハ。ビーナス・グロゥブの新型モビルスーツが乱舞する戦場は重力に引かれ大気圏の灼熱地獄に突入する。 父は軽率でしたと振り返るアイーダ。各艦隊の動きがフルムーンシップ争奪戦に見える。マニィもバララに負けたくないとGラッハで出撃する。バララが手柄...

  • 2015/03/28(土) 16:56:24 |
  • ぬる~くまったりと

ガンダム Gのレコンギスタ 第25話 『死線を越えて』 マスクはクンタラコンプレックス何とかしろ!

二人「むっっっ!!」チッカラ「股がスースーする、おしっこ出そう」クン「気合を入れよう!」大気圏突入に備える二人。逆にうんこもれそう。  ニュータイプとナントカは紙一重。上手く行くってロックパイが言ってる!マッシュナーの表情がヤバイです。折角ニュータイプに覚醒したと思ったら方向性がダメっぽい。その上イケイケで大気圏突入しようとするのがヤバ過ぎる。虎穴に好んで飛び込む奴は死ぬ。トワサン...

  • 2015/03/26(木) 09:11:56 |
  • こいさんの放送中アニメの感想

ガンダム Gのレコンギスタ「第25話 死線を越えて」

ガンダム Gのレコンギスタ「第25話 死線を越えて」に関するアニログです。

  • 2015/03/26(木) 01:08:10 |
  • anilog