待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。アイドルタイムイズマネー

明日を照らす道広げ 放て君よ今

◆小笠原、19年のプロ生活に終止符…通算2120安打目で有終の美飾る

thanks you gattu (6)thanks you gattu (3)

魂のフルスイングよ、永遠に-。

一夜明けてスッキリとした面持ち。
遅くなりましたが、“ガッツ”小笠原引退試合について取り上げたいと思います。

前記事でも述べましたが。
この試合はサンキューガッツ。サンキュガッツしかない試合だった。
当然のように用意されたヒーローインタビュー。
そして、これまた自然と出来上がった両チームによる胴上げ

敵も味方もなかった。
すべてを終えた男への労いに理由など必要なかった。
一体こうやって引退に華を添えてもらえる選手がどれだけいるだろう。

「ファイターズでの10年は、プロ野球のことを勉強し、成長させてもらった。
 巨人での7年はそれをみんなに見せ、最後の2年(中日)はわがままを通させてもらった。」


謙虚。どこまでも謙虚。
だけど、いつだって導いてくれた。言葉で語らずとも、背中が手本となっていた。

打撃でも、走塁でも、守備でも。
あれだけ試合中に白い歯を見せるガッツは初めてだった。
心から野球を楽しむ、全力少年の姿がそこにあった―――

サンキューガッツ フォーエバーガッツ

本当にありがとう!そして、お疲れさまでした!

心の灯は消えずとも、今はゆっくりと休んでくださいm(__)m





thanks you gattu (7)thanks you gattu (9)

「カメが捕ってくれてホッとしています」

三振。内野安打。そして迎えた最終打席。
マシソンの初球を捉えた打球は、惜しくも亀井の好捕に阻まれた…

冷静に考えなくとも、優勝争い中の状況で手は抜けない。
本心が違う部分にあったとしても、ベストを尽くすしかなかった。
グラブに収めたあとの亀井の表情がすべてを語っている。

仮にこのプレーに文句をつける輩がいるとしたら“煽りカス”以外の何物でもないと思う。
全力プレーが代名詞の選手。その現役最後のプレーに情けや空気を読めって?それは一番の侮辱だ。
彼らはどこまでもプロ野球選手だっただけ。
それ故にフォローを忘れなかったサムライの配慮が身に沁みる。


thanks you gattu (2)thanks you gattu (1)

「ありがとう。先にゆっくりさせてもらうわ」

チームを代表して花束&感謝の言葉を伝えた由伸に対する台詞。
実直でありながら“粋”を感じるところが小笠原らしい。

正直、この画はいろいろな感情が渦巻いてたんですけどね…
しかし、ここで余計な考えを挟むのはやめておこう。
本人たちが笑顔だったのだから。僕らも笑顔で拍手をおくりつづけよう。

目に潤みがあっても、涙はみせなかった。
「サムライ」は最後まで「サムライ」。
己が使命を全うし、ファンの気持ちに応え続けた。


其の姿に、あらためて敬意を表します。


thanks you gattu (10)thanks you gattu (11)

おーがーさーわら!(デンデンデンデデン

   おーがーさーわら!(デンデンデンデデン

        おーがーさーわら!(デンデンデンデデン


にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村 ←バナーまで打て、巨人(キリッ

スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/2822-72bbfe39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad