待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。更新間に合うかね

【ありがとう】男背番号24【さようなら】

◆巨人・由伸監督 現役引退を決断!井端コーチ決定、OB二岡氏の入閣も検討

P1070513.jpg

スーパースターは永遠に

自分のプロ野球観を揺さぶられる出来事から一日が経った。
さすがに気持ちも落ち着いたので、ありのままの心情を吐露したい。
24日の内に。これ以外はない、24という数字を刻み込むために。

正直ね、いまもって心の底から納得はしてないです。
というか、永遠に無理だと思います。
どう取り繕おうと、こういう形で彼が現役を去ったという事実は消えない。
それは決してファン感のセレモニーやオープン戦で埋められるものではありません。
「惜しまれつつ引退」は普通は幸せなことなんだろうけど、この辞め方はない。
未来がどう転ぼうとも、これを“美談”とすることはない。

でもそれも結局、「由伸ありきの巨人」だからですよ。
試合に出てようが出てまいが、僕にとっての巨人は常に高橋由伸という選手が在籍していたのですよ。
ハッキリ言う。俺は巨人ファンではない。巨人ファンである前に由伸ファンだ。
だからここから見る景色はきっと今までと違うだろう。
ただでさえ象徴的だった2015年だが、球界のひとつの時代が確実に終わった――

それでも、ジャイアンツに由伸はいます。
ある意味、これまでより身近な存在として。正真正銘、「由伸のチーム」として。
その決断。男らしさに満ちた決断を尊重したい。俺は、由伸巨人に従いていく!

“個人より巨人”の象徴。
逆風に喘ぐ球団を守るため、我が身を犠牲にして立ち上がった。

だから僕らが彼を守ろう。
選手が、ファンが、一体となって、彼を男にしてやりましょう!




20151024 (1)20151024 (2)

フィールドセンスを見せつける 男背番号24 
 弾丸アーチをスタンドへ それぶち込め由伸



絶対でると思ってた涙はでなかった。
でも、決めた。悔し涙は流さない。
すべてが報われる瞬間の、嬉し涙にとっておく。



18年に及ぶ現役生活、本当におつかれさまでした。



にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村 ←バナーまで打て、巨人(キリッ

スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

コメント

どうも、トイボックスです。

由伸引退は本当に残念でした。由伸と言えば地上波最後のスター選手。当時小学校のソフトボール部で練習していた私も、暇があれば由伸を見るために同じチームメイトたちと巨人の試合を見てました。金本・福留もそうでしたが……由伸。彼だけは例え応援しているチームが違っても、みんなのスターでしたね……

それだけに引退発覚の時は、本気でアンチ巨人になってやろうかと思いましたが……それ以上に私は巨人が若い由伸を監督に据えたことにワクワクしてるんですよね。

今回の就任……もちろん件の賭博や、清武のゴタゴタ。とにかくチームのイメージをよくしたい。新生巨人の船出をしたい。色んな思惑があるんでしょうが、一番大きな理由は「阪神が本気で変革に動いたから」でしょう。
和田監督を含め、多くのコーチを更迭し、アニキ金本が就任。それに伴って今岡、矢野、片岡らのV戦士も帰還……

そして何より、あのミスタータイガース、掛布を組閣に組み込んできたことには
本当に驚きでした。久万オーナーのこともあり、絶対にないだろうなと思っていたので。
ドラフトの結果も、就任以降から繰り出されるチームに対する発言も全て「阪神は変わる」 そんな予感を感じさせてくれます。
そんな阪神に呼応するように、巨人も由伸を監督にすえ、井端をコーチにしました。私は松井が監督にならない限り、巨人は変わらないだろうと思ってますが、それでも何か期待するものがあります。
どんなコーチが来るのか、どんな決断をするのか。毎日が楽しみで仕方ありません。

DENAファンな私ですが、それでもやっぱり巨人と阪神には強く、王者でいてほしいと思ってます。それこそ昔、まだ沢村栄治がいた巨人相手に、阪神が必死で打倒沢村を誓って次の年打ち崩す……昔読んだ本で見た、そんなライバル関係でいてほしい。それでこそ挑みがいがあるので

一つの時代が終わり、新たな歴史がやってきます。金本阪神が、由伸巨人が、そして我が新生DENAラミレスがどんな野球をし、どんな奇跡を見せてくれるのか……ああ、来シーズンが楽しみだ!

  • 2015/10/25(日) 04:49:23 |
  • URL |
  • 風吹けば名無し #-
  • [ 編集 ]

確かに納得はいかない。理不尽

豪華客船瀬戸内パイレーツ1世号を造りたい。伊予之鈍才です。由伸の引退は全てを彼に押し付けた形だ。それを捩じ伏せて
ほしい!思いがある。話は別だが井端は男だ。男の中の男だ!そんな思いがあるなんてやっぱり世の中、人生、プロ野球は捨てたものではない。全員井端の男としての思いを見習ってほしい!巨人の選手たち。僕も長年巨人ファンしていてよかった井端選手を知ることが出来て!由伸は天才だと信じているいくたもの試練を乗り越えてきた人だから今回も乗り越えてくれると信じている。それと二人の行動を漠然と見ているのではなく目に焼き付けプロ野球選手、その中でも巨人の選手としての在り方を身に付けてほしい!僕は二人ともの行動を忘れないようにしたい。余談だが神様はこのくらいの窮地由伸ならなんとか出来るとお考えなのではと思う。最後に先は分からないが暫くは井端選手にコーチとして由伸監督を支えてほしい!みんな頑張れ!

>風吹けば名無し さん

コメントありがとうございますm(_ _)m

地上波でプロ野球が放送されていた頃の代表的スターでしたね。
もっと言うと、1~2年目をリアルタイムで見た人と見てない人でイメージは大きく変わるかもしれない。

“外”からの意見、とても参考になりました。
正直すべてに納得はできかねますが、やはり球団の「変革」の意思は認めようと思います。
増幅をたどる黒いイメージの払拭。それが出来るのは本物のスターでなければならない。
ファンにとっては逆効果を及ぼす危険もありますが、“一般”に対しては効果的でしょう。

見方は変わっても、プロ野球は続いていく。
その幸福を噛みしめて、今後に注目していきたいと思います。

  • 2015/10/25(日) 17:31:15 |
  • URL |
  • SOA #-
  • [ 編集 ]

>伊予之鈍才 さん

コメントありがとうございますm(__)m

ファンの想いを代弁するかのような素晴らしいコメントでしたね。
あの姿勢はまさしく「男の中の男」だと思います。
他の方へのコメントでも触れましたが、由伸本人にも救いになったかと。

この心意気を無駄にしないためにも、周りが全力でフォローしてあげてほしい。
僕もこうなったからには「由伸巨人」の黄金期を願います。
原巨人に追いつき、追い越すくらいに。

  • 2015/10/25(日) 17:40:38 |
  • URL |
  • SOA #-
  • [ 編集 ]

変革の時、危機の時、スター由伸は泥を被るつもりで荊の道を歩もうとしている。
それを理解している井端は矜持を示した。仰るように、ファンは守らねば、いや、守りたい。彼の采配を全力で応援しましょう。

>まさやん さん

コメントありがとうございますm(_ _)m

ソダ!ソダ!
これを「切ない監督就任」で終わらせてはいけませんよね。
落ちるのは、這い上がるため。
時間をかけても絶対、「由伸の時代」を作りましょう!

  • 2015/10/25(日) 20:55:42 |
  • URL |
  • SOA #-
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2015/10/26(月) 11:40:01 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

※一応お名前は伏せさせていただきます

コメントありがとうございますm(_ _)m

こんばんは。
自分としてはその後の『巨人ファンである前に由伸ファン』を強調するつもりだったのですが…
でも、この書き方はたしかに「読んでくれる人への気持ち」が欠けていましたね。
こんな拙いブログにも訪れてくれるなら、間違いなく巨人ファンに決まってる。
それを否定するような言葉を吐いてしまったことは、ひとりの人間として表現に乏しかったです。

申し訳ありませんでした。
そして、それ以上に、ありがとうございます。

軽はずみな言動で傷つけてしまったことを謝罪するとともに、
貴方にこう言ってもらえたおかげで、僕はもう一度「言葉を発する」ことの責任を考えなおしました。

襟を正し、謹んで受け止めたいと思います。
ご気分を害してなければ、今後は当ブログの“新成”にもお付き合いください。

  • 2015/10/26(月) 22:15:27 |
  • URL |
  • SOA #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/2857-e6ee038e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad