待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。プリパラだけやって生きていたい

どんな逆境にも立ち向かう ~高橋由伸引退・監督就任セレモニー~

◆高橋由伸引退セレモニー、誇れることは巨人で「完全燃焼」

20151123 (35)

Next Stage 覚悟を持って邁進する

訪れてほしくなかったけど、見逃してはいけない瞬間がついに。
毎年恒例、「ジャイアンツ・ファンフェスタ」
選手もファンも一体となるこのイベントも、
しかし今回については明確なる“主役”が存在したといっていいでしょう。

数年…いや、もしかしたら10年以上前から立てていた約束。

「高橋由伸の引退試合は必ず観に行く」

それがあらゆる意味で叶わなかったのは非常に残念ですが、
その分ゆったりと用意された「彼だけの時間」に。

僕なりの惜別・未来への期待。
ひとつ区切りといいますか、ようやく「選手・由伸」への未練を断ち切れたと思います。

いつまでも。これからも。
背番号24は至上のスーパースターである。

プロ野球全体をみても、個人的にも。
2015年は忘れられないシーズンとして記憶されるでしょうね。





20151123 (21)20151123 (22)

1打席の真剣勝負
2球目を捉えた左中間への打球は、どこまでも綺麗な放物線を描いた。

「最初から振っていくのが僕のいいところでもあり、悪いところでもある」

しかしその積極性こそがなにより高橋由伸の持ち味だったのだと。
晩年は待球が目立つことも多かったとはいえ、「1球で仕留める」魅力は損なわれてなかった。
もしかした初球から振っていく気もあったかもしれない。

欲をいえば、アナウンスは「3番ライト高橋由伸」でいってほしかったかな。
別に4番でも文句ないんだけど、この言葉の響きがたまらなく好きだったので(笑)

とまれ、これで良い記憶の上書きができました。神宮での三振から、鮮やか左中間ライナーへ。
これが真の高橋由伸最終打席。胸に刻もう。


20151123 (26)20151123 (27)
20151123 (29)20151123 (32)

労いの花束と託された想い。

個人的に一番胸が熱くなったのはこのあたりかな。
あらためて見ても凄い構図だなって思うわけですよ。
メジャーリーガーふたりからのビデオメッセージ含め。
露骨なNYアピールしてる人は笑うと同時に球場来るサプライズくらいやれって言いたい気分ですが^^;)

振り返りVTRも様々な想いがこみ上げてきて感無量でしたね。
フェンス激突特集が組まれる人なんてもう今後出ないんじゃないですか(というか出てほしくないが…

これだけの名選手・レジェンドと並べてもまったく見劣りしない。
むしろ凌ぐほどのオーラを携えている。

タイミングに異論はあれど、やはりこの球団を率いる器であることに間違いない。
あらためて、そう感じました。


20151123 (36)20151123 (38)

飾らない、誠実な人柄がよくでたスピーチ。

別に名言めいた言葉を発する必要はないんですよね。
由伸はありのままの姿を見せつけてくれればいい。
そうするだけの資格があるし、ファンもそれを願ってるから。

「最後に、皆さんに誓います。
 どんな逆境にも立ち向かい、覚悟を持ってまい進します。
 そして、野球の素晴らしさをしっかりと伝えていきます」


正直、「完全燃焼」という表現は本音ではないと思います。
だけど、再三クチにしているこの言葉は本物だと思います。
少なくとも、自分はこの人に野球の素晴らしさを伝えてもらったから。


彼が泣かないのに、俺が泣くわけにはいかない。
胴上げについても、あえて触れない。

その喜びと涙は、すべてが報われる瞬間まで取っておく。


20151123 (33)

18年間、本当にお疲れさまでした。

ありがとうございました。


そして、これからもよろしくお願いします!


にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村 ←バナーまで打て、巨人(キリッ

スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

コメント

新生 高橋丸出航

高橋の、引退セレモニー…… !

長嶋さんも立ち会われたんですね、観たかった!!!

「 ドラフト組 ( 育成 含 )」も 一人を除いて 入団!

「 脇谷 」…復帰?( ほぼ 確実 )と、新生丸には、来季への期待は持てますね!

high-level … pennant race を期待したいですね

  • 2015/11/24(火) 17:35:57 |
  • URL |
  • tomozoh #-
  • [ 編集 ]

>tomozoh さん

コメントありがとうございますm(__)m

背筋の伸びた堂々たるふるまいでしたね<長嶋さん
別番組でのインタビューでは喋りもさらに良くなっていますし、
どんな時でもスター意識を忘れない人間力に敬服します。

課題は山積みですが、焦らず、一つ一つ崩してほしいです。

  • 2015/11/24(火) 17:54:51 |
  • URL |
  • SOA #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/2889-57c760f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad