待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。アイドルタイムイズマネー

プリパラ 第74話 「紫京院ひびきの華麗なる日常」

pripara 74 (7)

嘘みたいだろ?これ男なんだぜ…

もう観ていてどっちが男で女か分からなくなっちゃったよ…
というか性別なんかどうでもいいよ。かわいいは正義。美しければそれでいい。
だがもしかしもないんです(4巻は18日発売
ジェンダーなんて意味を成さない、すべての真理がここにあります。

極めつけはプリパラ外(補正なし)でコレってとこですね。
作画も明らかに力入ってましたし今週は“演技”が印象に残る回だった。
レオナの天才チーム入りはこれで消滅…と考えてよさそう?
(ある種、理解者としてフラグが立った気もしますが)
とはいえ、ふわりはあんな調子(後述)ですし…

あ、あれ?ひびきさんは一体ダレを狙ってるんですかー!
過去云々はまだ先でいい。けれど、もう少し彼女の本心に触れたい。

??「ドリームチームが思い通りに結成されると、いつから錯覚していた?」

なん……だと………?

度重なる酷使(煽りツッコミ)により、ドロちゃんの喉はガラガラ。





pripara 74 (4)pripara 74 (5)

上 げ て 落 と す 畜 生

それはないよマホちゃ~ん(ダミ声

ひっさしぶりヒロイン的出番が与えられた途端コレで胸が痛い。
わりと冗談抜きにマホちゃんここまでヘイト集める真似せんでも…っていうか
実は内心フラれたことを根に持ってるんじゃないか?オイタが過ぎますよ☆

男のままだったら「人間の屑がこの野郎…」と批難されかねませんが、
まぁ「演じることは日常」の言葉通り、フツーに考えればこの対応もまた演技なのでしょう。
少なくとも、ひびきの中では未だふわりは“特別”だと感じる。
厳しすぎるほどの態度ゆえに情を感じる。

問題はそれを本人が意識しているのか。
そして、ふわりは汲み取ることができるのか。

いずれにせよ、ふたりがナチュラルに響きあえるのはもう少し先になりそうなちゅ。


pripara 74 (9)

イゴーイング・マイウェイってなんだよ(哲学)

貴重なそふぃとの会話シーンがまったく意味不明でワロタ


「天才は天才を知る」 「天才同士こそ響きあえる」

向上心あれば違った景色を見たくなるは当たり前だろう。
ただ、段取りを間違えば失うものも大きすぎる。

絶対生命final show女の決断は!?
楽しみだけど、同時に怖い。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 にほんブログ村 ←押していただけると、それはとっても嬉しいなって

スポンサーサイト

テーマ:プリパラ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

レオナの今後については微妙なところと思います。
レオナ自身の答えは出ましたけど、
ひびきの最後のアドリブ台詞から、
レオナをプリンセスとして
認めているようにも思えるんですよね。

次回はシオンがメインですけど、
シオンが正直、一番読めないです。
向上心云々でひびきに着くというのもシオンらしいですし、
ひびきの実力を見たからこそ、戦いたいと思うのもシオンらしい、
シオンなら自分の気持ちに素直になっても
どちらもありえるから予想が難しいです。
ちなみに後者の方は、いろはがシオンの誘いを断った時みたいな例です。
シオンをライバルと認めてるからこそチームには入らない、
そういう感じのやつです。
それに、ひびきが自分のライブに惹かれた事に動揺してたのは
そふぃでシオンはひびきの発言に対しては
そこまで動揺はしてないんですよね。

  • 2015/12/08(火) 18:41:47 |
  • URL |
  • 風吹けば名無し #wjl3HOEA
  • [ 編集 ]

考えてみれば対照的な二人ですよね。

ひびきは常に演じる事をしていたのに対して、ふわりはあるがままの自分が魅力。
ひびきがふわりをプリンセスにしようとしたのもそんな、あるがままの自分なところに無意識に惹かれたのかもしれないのかな~?と。
言い方を変えれば、ひびきの演技は人々が望む思いを叶えていると言え、ふわりの自分のあるがままというのは他人の思いを無視して自分の意思を優先していると言えるわけでそういうところも含めて、ひびきとふわりのエピソードが欲しいですね。
それでは、

  • 2015/12/08(火) 22:13:32 |
  • URL |
  • : #-
  • [ 編集 ]

>風吹けば名無し さん

コメントありがとうございますm(_ _)m

それはドリームチームに加わるってことですか?<プリンセスとして認めている
自分で答えを出した以上、チャームの導き以外加入はないと思うのですが。

シオンは本当に読めないですね。
仰るとおり、性格的には上を目指してもおかしくないし
強敵だからこそ挑むも彼女らしい(「私を侮辱したことを後悔させてやる」発言含め

ただ、ひびき側に行くってことはらぁら(主人公サイド)からみれば敵対宣言でもある。
あまりアッサリ過ぎるとキャラクターの尊厳を損なう可能性があるので…そこが心配です。

  • 2015/12/09(水) 05:51:20 |
  • URL |
  • SOA #-
  • [ 編集 ]

>: さん

コメントありがとうございますm(_ _)m

なるほど。
自分にないものを持ってるから感情的になると。
そう考えるとあの劇のやり取りは非常に重要ですよね。
「ありのまま」は勿論、「家の事情で男として育てられた」ってシナリオ自体伏線かもしれない。

いずれにせよ、ふわりには理解者でいてもらいたいものです。
ひびきが“挫折”を味わったとき、最初に手を差し伸べるような。

  • 2015/12/09(水) 05:59:48 |
  • URL |
  • SOA #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/2902-52431e86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プリパラ「第74話 紫京院ひびきの華麗なる日常」

プリパラ「第74話 紫京院ひびきの華麗なる日常」に関するアニログです。

  • 2015/12/09(水) 02:08:06 |
  • anilog

FC2Ad