待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。肉体と精神

プリパラ 第75話 「イゴーイング・マイウェイ」

pripara 75 (3)

「見たい。私は見たい。新しい景色を!」

私も行くぞ、あの場所へ――!

やってやれないことはない。やらずに出来たら超ラッキー!
やるとなったらやるしかない!ない!ない!!


かの名作スポ根アニメの台詞ですが、いずれにせよ「やる」意志が大事なんですよ。
まして上を目指すならば。何者でもない本物の自分になるならば。そうして初めて“個性”が生まれる。

いずれ訪れる“選択”の時と、真の友情を教えてくれるアニメ。
難易度高めではあるけど、ひとりでも多くの先輩方の記憶に残るといいな。

そんなわけで、ちょっと神妙な面持ちから入ってしまいましたが
今回は(も)それだけ真面目な内容だったということで。
わりとガチでイゴーイング・マイウェイ(哲学)じゃない?
少なくとも、「寝取られシオン!チームがバラバラじゃねーか!」みたいなのは杞憂に終わった。
むしろシオンというキャラをよく表現してたと思う。
よかったよ。本気で天カス呼ばわりされる事態にならなくて(笑)

それに加えて、サブキャラたちが良い仕事するんですよねぇ。
徳田ねねに親衛隊、グロちゃん、いろは…クッソひさびさの登場にもかかわらずしっかり役割が与えられている。
中でもマスコットたちの決断(後押し)には泣かされました。

一見ギスギスしそうな展開でも、なぜだか漂う安心感。
豊富な人材とこの絶妙なバランスこそ『プリパラ』独自の魅力といえましょう。





pripara 75 (4)

ふわり、退場!w

いや笑い事じゃないんですけどね。
なにこのシーズン途中で帰国を余儀なくされるハズレ助っ人みたいな。

どうせ帰る詐欺だろとみせかけてガチで帰るという。

「緑風さんにとってパラ宿での暮らしは幸せだったのかしら」
「えっ、どこへ?……ふぅん」

ワンチャンあるのは間違いないけど、現在進行形でふわりファンは泣いていい。
大自然に囲まれて逞しく生きろ!“ここぞ”で一発逆転ホームラン期待してるぞ!


pripara 75 (1)pripara 75 (2)

最 終 兵 器 あ じ み

さすがにこのまま思惑通りにいかせるのもオイタが過ぎますよ!ってことで、
ちゃんとひびき様にも痛い目みてもらうダ・ヴィンチ。
ライブ後ドヤ顔からの↑、そふぃに対しての高速切替ワロタ
というか反応がもろGを見た時のソレやん。まほちゃんビビってるヘイヘイヘイwwwww

もうどんだけ拒絶体質なんだよってレベルですが、ちゃっかり面識フラグも立った!?
むしろ直接の原因じゃね?やっぱ汚職ポリスがすべての元凶か!

いずれにせよ、この歩く不確定要素。
ある意味、チャームの導き以上に強力かもしれません^^;


pripara 75 (8)

無意識に力の差をみせつけていくスタイル

ガァルル説得といい、そふぃさんは天使のような残酷さでグサグサ刺すよ。
本来ならシオンと並んでもっと葛藤を描いてもよかった気がするけど、
この良くも悪くも“ゆるい”ところが彼女の持ち味だと思ってる。

??「練習は嘘をつかないって言葉があるけど、頭を使って練習しないと普通に嘘つくよ」

而して、ただの芸人がメジャーの第一線で活躍できるわけがない。
努力は嘘をつかないが、限界はあるのだ。

その差をどう埋めるんだろう。どう描くんだろう。
ホントこれ女児アニメかな?ってくらい注目してる。


pripara 75 (5)

昔のアニメみたいな演出すき

予告開始→あろみかやったなのー!
予告終了→あっ…(察し


今年もツラいクリスマスになりそうですね…


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 にほんブログ村 ←押していただけると、それはとっても嬉しいなって

スポンサーサイト

テーマ:プリパラ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

あじみについては本気でひびき関連の根本的な元凶、
自分もそう思い始めました。
あじみは狂気的な天然ですから悪意なく
ひびきを歪ますきっかけを作っていても違和感ないですから。

次回予告的にみかんが最後のプリンセスは十分にありますけど、
どういう流れでバカ認定が変わるのかが気になります。
運動神経は天才的でもそれ以上にバカキャラの面も強いので。
仮にプリンセスチームに入るとするなら、
みかんだけ地味に仲間はずれになりそうです。
ひびき・ファルル・そふぃ・シオンの4人は全員ソロ曲持ちですけど、
みかんだけはソロ曲ないんですよね。

  • 2015/12/15(火) 22:33:29 |
  • URL |
  • 風吹けば名無し #wjl3HOEA
  • [ 編集 ]

>風吹けば名無し さん

コメントありがとうございますm(__)m

あんなの身近にいたらトラウマ確定なんだよなぁ…
仮に物心つく前(幼少期)に接点あったら尚更。
大方プリパリにいた時に何かあったんじゃないですかね。

>どういう流れでバカ認定が変わるのかが気になります。

これは本当そう思いますね。
あろまが努力型なのはみれぃとの描写で納得ですけど、ひびきの基準がね。
それ以前にあろみかふたりが離れる動機が想像できない(まぁそのための次回…ってことなんでしょうが

あえていうなら声のバランスかなぁ…?

  • 2015/12/15(火) 23:10:51 |
  • URL |
  • SOA #-
  • [ 編集 ]

さて、ひびきとの交流はどういう感じになるのか?

>豊富な人材とこの絶妙なバランスこそ『プリパラ』独自の魅力といえましょう。

豊富過ぎて、ここのところキャラの扱いに差ができていましたが、最近はいいバランスになってきたかも。
でも、ふわりは巷では色々と不遇なんて言われて、ほんと、一発逆転の活躍を再登場でしてほしいですね。

今までの描写を見るとひびきの周りには打算ばかりの人間ばかり、打算もあるけどひびきの事を思っている人はいなかったのかは不明。
そして、演じ続けることをしていた為に本心を明かさず、とふわり帰郷に対する反応から見ても、前にふわりに行った田舎娘発言も演技だった可能性が高いですね。
私事ですが、自分の周囲の人間って、自分は悪くないと思っている自分が悪くても反省しない、指摘したら逆ギレする。
的外れなことばかり言う人で正論を言っても、世の中は世の中は~と言い訳ばかり、と。
そんな人達に囲まれて育った為、自分は歪んだと思っているんですよね。
まあ、そう思わないとやっていけなかったのですが、自分にも非がある時はあったし。
つまり、なにが言いたいかというと人が歪む場合は自分の性根というのもありますがほとんどが環境と周囲の人間の影響なんですよ。
もし、あじみがひびきの語尾嫌い兼歪んだ部分の元凶であるなら、一体どこまで彼女が影響したのかが気になりますね。
全てか?それとも、語尾嫌いだけなのか?そして、その歪ませてしまった過去は一体どういうものなのか?
そして、それが明かされた時、ひびきはあじみは一体どうなる?どうするのか?
その時、らぁらたちは?

  • 2015/12/16(水) 16:32:26 |
  • URL |
  • : #-
  • [ 編集 ]

>: さん

コメントありがとうございますm(_ _)m

二期序盤でスタートダッシュできなかった要因ですね<キャラの扱いに差
あろみか仲直りの仕方、代表的なふわり…
次から次へと新キャラが登場するおかげで雑に感じる部分もあった。
ただ、仰るとおり、ここ最近はかなりバランスよくなっていると思います。
たぶん明確な「目標」が出来たからじゃないかなぁ。

>人が歪む場合は自分の性根というのもありますがほとんどが環境と周囲の人間の影響

語尾へのトラウマはもちろん、過度に自分を偽る原因は気になりますね。
74話の劇中劇が大きなヒント(あるいは答え)なのかと予想していますが、
最終的に孤立しても戦い続けそうな危うさも感じる。
僕はその時こそ、ふわりの出番なんじゃないかと思っています。

別にらぁらが務めたっていいけど。
救って救われてこそ「プリパラ」らしいエンディングになると期待しています。

  • 2015/12/16(水) 20:56:33 |
  • URL |
  • SOA #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/2909-d9961de4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プリパラ「第75話 イゴーイング・マイウェイ」

プリパラ「第75話 イゴーイング・マイウェイ」に関するアニログです。

  • 2015/12/18(金) 02:08:04 |
  • anilog

プリパラ 第75話感想

 「プリパラ」第75話「イゴーイング・マイウェイ」の感想です。

  • 2015/12/17(木) 10:11:05 |
  • Msk-Mtnのブログ

FC2Ad