待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。アイドルタイムイズマネー

プリパラ 第77話 「対決!ウィンターグランプリ」

pripara 77 (1)

これが…才能という衣を纏いしアクトレス…!

ボクたちの名は、セレパラ歌劇団――!

圧倒的じゃないか天才チームは。
年明け早々、重い。でも、それ以上の興奮が待っていた『プリパラ』第77話の感想。
え?放送が30分早まったなんて聞いてない?
馬鹿野郎!そんな情弱は“ふるい”にかけられて当然と知れ!

などとしょうもないプロ意識(?)を浴びせてしまいましたが、
いやーホントに年始からエラいぶっこんできたものですよね^^;
正確には今回までが第6クール(本来なら年内で終わらせるエピソード)だったわけだけど。
ぶっちゃけ天才チームが勝つのは誰もが予想してた。
むしろ当然っていうか、“最終戦”のプロセスとして必要なこと。
ただ、今までこういうシリアス描写は極力避けてきた作品だけに…
3年目が決定してるとはいえ、決着をつける必要性を意識する内容だったとは思います。

う~む、それにしても「ホワット・ア・ワンダプリ・ワールド!!」の豪華絢爛っぷりといったら!
まさしくこのチームでないと表現できないモノで、良い意味で呆気にとられる。
サウンド・オブ・ミュージックと、スター・ウォーズと、タイタニックが交差する世界。
もし自分があの場にいたら上気してスタンディングオベーション。

鳴り響け、僕の革命(メロス)!
天才が魅せる現実。努力が魅せる未来。
夢を与えてくれよな~ 夢にかけて夢に!





pripara 77 (9)pripara 77 (11)

【悲報】スタイリッシュタフガイ、ただのガイになる

TDNゲイ?(難聴)

僕にプリパラを改革させてください←わかる
それには貴方のメガネが必要だ←wwww??!!??wwwwwwww


やっぱりメガネが本体だったんだなぁ…と納得させる一方で、
よく考えたらわりと最初のほうからタフガイの欠片もなかった現実。
そう、「キミと僕の仲じゃないか」
システムに弱気を晒していた時点で敗北は決まっていたのである。

とはいえ今後、彼をどう呼称すればいいんだろなぁ…
これでフェードアウトしたら流石に可哀想…あ、フェードアウトといえばあじみ先生がちゃっかり故郷へ帰りましたね。
これはマホちゃん追い風!…と見せかけてトンでもない爆弾手土産にしそう。
というか絶対なる。はっぴ~なる~はぴ~なる~


pripara 77 (6)

名指しで煽られたみれぃさんの精神はボロボロ

頑張れば頑張るほど負けフラグが蓄積されて切なかった…

おまけに努力チーム(フレンドール)は新曲もCGもないというね。
まぁコレは僕なりの解釈で納得してるんだけど、
実際問題、学芸会とミュージカルいわれてもしゃーないくらい差があった。

“合わせ”を意識してかえって個性を殺してしまったチーム。
アドリブ基本もそれが個々の持ち味発揮につながったチーム。
元々のポテンシャル考えたらどうあがいても勝てん。


救い(希望)があるとすれば、ちゃんと頑張ってる証拠をAパートで丹念に描いたコトですかね。
それに対し、天才チームはちょっと隙を見せた気がする。

成功するしないにかかわらず、努力(練習)は必須項目です。
すべてが逆転の布石であることを祈っています。


pripara 77 (4)

「初めての感覚だ…心の震えが止まらない」

努力チームでは味わえなかったドーンときてガシャーンとやられる感覚。
そふぃちゃんが、初めて、初めて鳴らすことができました。嗚呼、涙(中の人談

個人的にシオンのストイックな態度が最高だったイゴ。
ドロレオと一切会話をしなかったり、みかんを引き離す役を買って出たり…
欲しがりません勝つまでは。彼女らしいプライドの高さを感じた。

だから僕からは甘い言葉をプレゼントしたい。

誕生日、おめでとイゴ!(←これが言いたかった


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 にほんブログ村 ←押していただけると、それはとっても嬉しいなって

スポンサーサイト

テーマ:プリパラ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

ウィンドリの決着が着いた事と
セレパラ歌劇団の圧倒的勝利という結末に文句はないですけど、
もうドリームグランプリにおける最大の欠点まで
たどり着いちゃったと思いました。
今まではどんなドリームチームになるか予想するのが楽しみだったんですけど、
ドリームグランプリも残すところ、あと1回となると
必然的に優勝まだ出来てないキャラは確実にメイン入りする事です。
現時点で優勝チーム入りできてないのは
みれぃとあろま、
この2人が確実に最後のドリームソングコレクションの
メンツに入ると消去法で考えられちゃうのは
意外に欠点だと思うんです。
さすがにメインキャラ勢で最後まで優勝できなかった
エンドも考えにくいので。
予想ヒックリ返ってそうなったら、なったで逆に尊敬しちゃいますよ。

  • 2016/01/05(火) 23:41:24 |
  • URL |
  • 風吹けば名無し #wjl3HOEA
  • [ 編集 ]

>風吹けば名無し さん

コメントありがとうございますm(_ _)m

そこはむしろ予想できたほうが安心するのではないでしょうかね?
もうここまできたら「いかに努力チームがこの状況を覆すか」がポイントだと思いますし(少なくともひびき編は)、
みれぃの挫折もすべてラスト大逆転の布石にならなければならない。
(そう考えると現OPを丸ごと伏線として作ったの凄いかも)

もちろん予想がひっくり返ったらそれはそれで楽しいですけどねw
しかしキッズアニメである以上、「予想された展開をしっかり仕上げる」ことも大切だと思います。

  • 2016/01/05(火) 23:54:32 |
  • URL |
  • SOA #-
  • [ 編集 ]

次回から革命開始

さて、ひびき勝利により、革命が開始されるのですが、色々と気になりますね。歌の歌詞的にひびきは自分を犠牲にしてまでしたかった革命。
次回予告的に豪華になるそうだが、一体全体、どんなものなのか?
個人的にはその革命でらぁらたちがひびきの言い分のいい所を身を持って経験して、自分たちに足りなかったものとか伝々を知る、だけど悪いところも指摘。天才側も革命による弊害とかひびきの内面とかを知り、だけど、いい所も悪い所も手に入れて、ひびきの為に反乱(革命的に)。
ひびき、マクシミリアン・ロベスピエール的な役割となるのか?それとも…。
ふわり、あじみたちはどんな役割となるのか?
色々と気になりますね。
それでは、

  • 2016/01/06(水) 07:20:10 |
  • URL |
  • : #-
  • [ 編集 ]

>: さん

コメントありがとうございますm(_ _)m

革命の情報を事前に公開しないのは気になりますね。
このタイミングでOPED変更といい、何か仕掛けてきてもおかしくない。
(例えばタイトルロゴを「セレパラ」にしたり)

>いい所も悪い所も手に入れて、ひびきの為に反乱(革命的に)

フランスの革命家を持ち出すのは思慮がお深い。
たしかに騒動後もひびきをレギュラーとするならそうした歩み寄りは大切ですね。
単純なスポ根なら決着後のフォローだけで足りるかもだけど。

個人的にはそこで、ふわり&あじみに絡んできてほしいと思います。
(みかんとのサウンド・オブ・ミュージック…本来ならふわりが担うはずだったのか)

  • 2016/01/06(水) 19:12:07 |
  • URL |
  • SOA #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/2930-3cda9e04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プリパラ「第77話 対決!ウィンターグランプリ」

プリパラ「第77話 対決!ウィンターグランプリ」に関するアニログです。

  • 2016/01/08(金) 04:08:38 |
  • anilog

FC2Ad