待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。アイドルタイムイズマネー

【極上】ガールズ&パンツァー 劇場版 in 立川【爆音】

garupan tachikawa (3)

立川は、音響の大切なすべてのことが詰まってるんだよ

でも、ほとんどの人がそれに気付かないんだ。

そりゃあ一般の観点からみりゃそうだろう。
しかし愚かしくも訓練されたファンなら…ガルパンおじさんなら!

ってコトで、ようやく!とうとう!ついに!
宣言どおり、記念すべき10回目の鑑賞を立川で飾ってきました!

あえて電車ではなくタンケッテで行ったんだけどさ~
交通費は多少浮くけど、2時間くらいかかっちゃうんだね。
これなら大洗行くのと大して変わらないのかと思ったり。

海楽フェスタどうっすかなー俺もなー

以下、当日を振り返りです。





garupan tachikawa (4)

冷静に考えたら(たぶん)立川って初めて来たんですよね。
その割に風景にやたら既視感があったのは…やはり『クラウズ』の影響でしょうか(笑)
(まぁ都会の駅なんてドコも似たり寄ったりか)

初めて行く人はシネマ・ツーを見つけるのに苦労する…
なんて話もあったものの、意外と簡単に見つかって何より。



で、肝心の映画(爆音)についてですが…

「やっぱり立川には音響の大切なすべてのことが詰まってるね!」
「だろう?」


こんな感じでしたw


aスタでの上映でしたが、正直シアター内に入った瞬間から「これは違うぞ」と。
キャンドルナイトを思わせる座席のライト。幅広いシートの手すり。前面に押し出されたスクリーン。
そして、圧倒的存在感を放つ高性能サブウーファー。

スタッフの言葉を借りれば、まさに“アタックの強い音”という印象でしたね。
下腹部をビリビリと刺激するのはモチロンですが、足首に何か当たってると思ったらそれは空気だった(笑)
誇張でも何でもなく、劇場内が震えてるんです。
つまり2Dにして戦車に乗っている(感覚) そりゃあ4DXやっても勢い減らないわけだなと。


個人的には一発目の砲撃よりOPで違いを実感したかなぁ。
あそこで「聴こえなかった音が聴こえる!」と感動した。
それは爆発シーンだけでなく、日常の静かなシーンも同様。
「爆音」といいつつ、暴力的に不快というわけではない。
計算された迫力・クリアな音質だからこそ高評価を得ている…と身を持って体感しました。




『selector』もだけど、岩浪さんのこの考えは素晴らしいですよね。
良い音で上映すれば大勢の人が劇場まで足を運んできてくれる。
映画が「映像」と「音」で出来てると再認識させてくれる。

『空の境界』でせっせと劇場に足を運び続けた時、こう思ったんですよ。
「これからアニメは“劇場で売る”コンテンツになるかも」って。
事実そうなったわけですが、今後は作画だけでなく、音も重視される時代になるかもしれません。
いや、そうなってほしい。特典で釣るよりも、ずっと真摯な姿勢が伝わってくるから。


garupan tachikawa (1)garupan tachikawa (2)

ちな上映前は「ピッツェリア バー ナポリ」にてお食事。

注文したのは当然、「三種のチーズピザ作戦」です!
ピザ(トッピング)はペパロニ。ついでにカルパッチョ風サラダも。

初めて行った店で裏メニューは頼むのは少しドキドキしたものの、
「ガルパンですね?」と聴き返す辺り、店員さんも慣れたものなのかなと^^;


お味のほうもこれまたベリーグッド!
ふっくら塩気のある生地に、濃厚チーズとペパロニのスパイスが合う。
少食の自分にはかなりボリュームある内容でしたが、見事完食できました。
姐さん美味いっす!流石っす姐さん!

縁があれば、今度はアンチョビにも挑戦したいな。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 にほんブログ村 ←押していただけると、それはとっても嬉しいなって

スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/3007-cfb9cf9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad