待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。肉体と精神

晴れない気持ち(一応ソフトバンク戦

◆巨人軍野球賭博 「発覚後、すごくびくびくしていた」高木京投手、謝罪会見詳報

20160309 (2)

本当に泣きたいのは誰か

高木京介の会見、見ました。

愛甲の言葉を借りるわけではないけど。
正直、「何故このタイミングで?」ってのはありましたね。
逆にこのタイミングしかないかもしれないけど。
それだけ自分の犯した事の重大性に気づいた&誠意を見せたい表れだったのでしょうが、
だからといって、それで罪が軽くなるとは思えない(思ってはいけない)。

ただ、やっぱり怒りはないんだよな。
「巻き込まれにいった」馬鹿ではあるけど、「巻き込まれた」気持ちもあるんだよな。
100%そういう人間でないと信じていたから…
だから、この場合にふさわしい感情は「やるせない」「哀しい」です。

プロの世界に来て、わずか4年。
順調にスポットライトを浴びてきた26歳が、こういうカタチで別の光を浴びる。

見たくなかったよ、本当に…





20160309 (3)

そんな最悪の状態で迎えたソフトバンクとのオープン戦。

「それでもお前は試合を観るのか」と呆れられるかもしれないが、
選手が逃げられないのにファンが逃げるわけにはいかない。
(もちろん、逃げられるのもファンの特権である)


しかしやっぱり異様な雰囲気でしたね…
それは前半のエラー(暴投)祭りによく現れてましたが、
両チームともすごいやりづらなさそうな空気を醸し出していた。
まぁこの状況で平然とプレーしてたらそれこそ驚きですけどね。
野球は人間がやるものだと、あらためて気づかせてくれる。

そういう意味では、「引き分け」という結果はかえって救いだったかもしれません。
勝っても気持ちは晴れなかったでしょうし、負けても余計に沈むだけ。


ただ、あのアベックホームランを見たとおり。

現場に残された彼らはプレーで見返すしかないんだよな。
そこに関しては誰のためでもない。自分たちのプライドのために。


にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村 

スポンサーサイト

テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ

FC2Ad