fc2ブログ

待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。

黒執事II 第8話 「吐露執事」

輝く空の静寂には(初回限定盤)(DVD付)輝く空の静寂には(初回限定盤)(DVD付)
(2010/09/15)
Kalafina

商品詳細を見る


アロイスがどんどん惨めな存在に・・・・

クロードの悪魔ぶりが光る「黒執事Ⅱ」第8話の感想。




前回の戦闘シーン(という名のギャグ)に大笑いさせてもらいつつも、アロイスの扱いに「これは水樹奈々の中でももっとも惨めなキャラかもしれない」などと思っていたら、今回はそれ以上に悲惨な展開でした。


まずはOPが1話Ver.に変更。
今回は完全にアロイス側のお話なのでこの変更は妥当なものでしょう(単に1話限りでは勿体ないというのもありますが


アロイスの過去回想。
弟・ルカと一緒に村人に蔑まれ生きていたアロイスは、ある日村人が全滅したことに歓喜するがルカもそのときに死んでしまう。
その後トランシー家で奴隷として日々を送るアロイスだったが悪魔(クロード)と出会い、契約をする・・・・

なるほど、アロイスがシエルを狙うのはセバスに対する復讐のためですか。
ルカは街の人間を殺すために悪魔(セバス)と契約し、その代償として魂を喰われたということですが果たしてこれは真実なのでしょうかね?
所詮悪魔のいうことですし今回のクロードの鬼畜ぶりをみているとつい疑ってしまいます。


現在。
ハンナにシエルの所へ連れて行けと命じるアロイスですが、そこへ死神グレルが登場DEAHT☆

アロイスの本名はジム・マッケン
ハンナVSグレルが展開されますがこの勝負はグレルの勝ち。
一方、瀕死のアロイスは野犬に襲われ窮地に陥りますがクロードによって助けられる。
・・・・と思ったら、頭を潰されて?指輪だけ奪われる始末。

これはクロード的には復讐に燃えるアロイスはともかく、願いもなくただ自分にすがるだけのアロイスは価値がないということなんでしょうかね。
「たかが執事に愛を捧げる下衆な魂・・・・食欲など到底おこらない」 これぞ悪魔の所業である。
ただ「ずっと傍らにおこう」という台詞にもあるとおり、まだアロイスの魂には利用価値がある様子。
肉体はもうグチャグチャな感じですが、まだアロイスに出番はあるのでしょうか。

最後のハンナの行動(アロイスの片目を潰していたり)が意味深でしたが・・・?
アロイスに被さるシーンでルカの台詞が入る演出があったりと、まだハンナについては触れらていないことが多いので色々と期待してしまいますね。


ちなみに今回はEDもアロイス仕様に変更。
曲もkalafinaの「輝く空の静寂には」 
梶浦由記の安定感はほんと凄いな。


後味の悪い話でしたが、実に中身の濃い1話だったと思います。
アロイスの惨めでありながら泥臭いキャラがわりと気に入ってきた矢先の退場?は残念でしたが、それでもハンナさんが・・・・ハンナさんがなんとかしてくれる(笑)
今後の展開に注目です。

エロジジイ「次回も期待して待っておれ!」


スポンサーサイト



テーマ:黒執事 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/302-a0a6109b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

黒執事II 第8話「吐露執事」

「オレの世界にはもうお前しかいない…!」 アロイスの過去が明らかに! 傍に居てと縋りつくアロイスにクロードは――…    今回はアロイ...

  • 2010/08/22(日) 23:40:27 |
  • WONDER TIME

黒執事II 第8話「吐露執事」

SHIVER(黒執事II期間限定盤/CD+DVD)(2010/07/21)the GazettE商品詳細を見る シエルに刺されたアロイスは生きていたかと思えば、結局はクロードに殺されて...

  • 2010/08/22(日) 22:03:17 |
  • 破滅の闇日記

黒執事II 第8話

黒執事II 第8話 『吐露執事』 ≪あらすじ≫ 決闘に敗北したアロイス。それでも、彼は執拗にシエルを求め続ける。 傷口が塞がらぬまま、...

  • 2010/08/22(日) 14:22:55 |
  • 刹那的虹色世界

黒執事II 第8話「吐露執事」

アロイスがメインの座を取り戻しますが、これが最後になるのかな(^^;  OPもアロイスVERを使用です。 1話だけしか使わないのはも...

  • 2010/08/22(日) 10:17:50 |
  • SERA@らくblog