待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。プリパラだけやって生きていたい

僕だけがいない街 第12話(最終話) 「宝物」

bokumachi 12 (2)

「僕だけがいない街。僕だけがいない時間」

それこそが、僕だけの宝物だ―――

せっかく何度か取り上げたのだから、最後までしっかり書こう。
ということでようやく、『僕街』最終話を観ました。

いや、素晴らしかったですね。
サスペンスとしては肩透かしとか案の定終盤が駆け足という意見もわかりますが、
個人的にはよくこれだけの内容を12話に収めたなって思う。
これノイタミナの中でもかなり構成上手じゃない?実力ある人たちがちゃんと仕上げたというか。
原作派にはいろいろ不満はあるのだろうけど、
「知らない」ことで、かえってアニメはアニメと独立した目線で楽しめた気がする。

哀愁に満ちた作品タイトルは、実は希望に満ち溢れた言葉だった。
「僕は踏み込んで生きていきたい」って台詞も凄くイイ。
なんかこう鳥肌が立つというよりはジンワリ心に沁みていくような…素直に「観てよかった」と思える作品だった。
何度も観て楽しめる作風ではないかもしれないが、だからこそ、この感覚は一度きりしか味わえない。

2016年のアニメを振り返った時、間違いなく“候補”にあがってくるでしょう。
スタッフの皆さま、お疲れさまでした。これで原作にも踏み込んでいけます(笑)





bokumachi 12 (1)

「君がいなければ生きていけない」
敗北を喫するも、逆に救われた笑みすら浮かべる八代学。

前の感想で「吉良吉影っぽい」と書いてみたのですが、
あの悟とのやり取りはなんだかジョナサンディオを彷彿させたな。
互いの心の穴を埋め合うホモ…とか言っちゃうと身も蓋もないが(笑)
本当に、奇妙な友情さえ感じるようで。

惜しむらくは、八代がそれだけ狂っていく過程がやや足りなかったことですかねー
11話の“ハムスター”でなんとなく提示されてはいるんだけど、もう少しやれる部分もあったと思う。

いずれにせよ、単なる悪役とは言い切れない不気味な魅力を持ったキャラクターでした。
彼視点の外伝小説が出るのも納得といえましょう。


bokumachi 12 (3)

ラスト、悟の表情(変化)も素晴らしい。

個人的に、話題になった「加代とくっつかない展開」はあまり気にならないな。
もちろん過去編において彼女が“ヒロイン”だったのは紛れも無い事実だけど、
そもそもの動機を考えれば恋愛が本質じゃないことは分かるはずだし。

29歳の精神は、11歳の肉体で「救いたい」と思った。
救われた少女は、想いを受け取って「未来」へ進んだ。

色恋を超越した「人間愛」が詰まってると思うんですよ。
そういう所もまた、(何度も引き合いに出して申し訳ないが)『ジョジョ』っぽいですかね。
(そういやこの終わりもちょっと6部ラストに近いかも)

無限の可能性を持った未来に幸あれ。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 にほんブログ村 ←押していただけると、それはとっても嬉しいなって

スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/3040-469cc33d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

僕だけがいない街「第12話 宝物」

僕だけがいない街「第12話 宝物」に関するアニログです。

  • 2016/03/29(火) 05:38:03 |
  • anilog

僕だけがいない街 フジテレビ(3/24)#12終

最終回 第12話 宝物 俺の記憶は戻っているぞ、八代。そうじゃないかと思っていた、車椅子を押すときに 指で調子を取っていた時は感情を抑えていたんだね。 ケンヤとヒロミに記憶が戻ったことを伝える悟。加代の赤ん坊と手が触れ合った時に記憶が繋がった。ケンヤは15年間の事を思って黙っていたのだった。でも、これからまた一人で戦うなら手伝いたい。ケンヤは澤田と事件を調べていた。15年前の事件なので証拠は...

  • 2016/03/29(火) 02:44:14 |
  • ぬる~くまったりと

FC2Ad