待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。肉体と精神

【4/22】負けに等しい分け【DeNA戦】

◆由伸巨人、痛恨ドロー…菅野7回0封も沢村が九回に同点被弾

1457417479441.jpg

だから「ワンマン」いわれるねん

さすがにこの試合を「負けなくてよかった」とは済ませられないでしょう。
むしろ菅野がフツーに打たれて負けたほうがよほど納得できたというか。
試合勘が鈍るとサッパリなのがこの球団の悪しき伝統だけど、
休養十分からのコレはあまりに元気がないと言わざるを得ません。

結果的に痛恨の一発を浴びたのは澤村ですが、真に悔やむべきは打線だと思います。
たしかに相手先発(今永)は菅野に引けをとらないピッチングだったものの、
3~6番がまったく仕事をしないとあっては…いかに1・2番&下位が役割果たしてもキビしいというもの。

特に長野は相変わらず工夫の“く”の字もなく打席に立ち続けている。
最終打席の交代は戦略的なモノ抜きにして、「情けない」と思ってほしいです。
粘れもしない、チャンスに弱い…となれば、どの打順に置けばいいか分からなくなる。
(あといい加減、中井とかいう自動アウトマシーンを起用する意味はあるかな?)

いずれにせよ、菅野が投げる試合で勝ちを逃すのは痛い。
もっと言うと、菅野が降りるとどうにもならない脆弱さが痛い。
長いシーズン、どこかで彼のパフォーマンスが落ちる時は来る。
そうなったら、周りがカバーしていかないといけません。

そういった意味でも、強くあれ 巨人。





20160422 (2)20160422 (1)

血染めの89球。エースのプライド

どよめきの7回降板。
而して、真相は2回から右手中指のマメに苦しんでいた

それであの制球&150連発かよ…と舌を巻くレベルですが、
たしかに振り返ってみれば時折キツい表情を浮かべていた気がする。
(初回から「いうほど良くない」と指摘した昌さんすげぇ)

しかし今となっては大事に至らずホッとしました。
筒香への明らかにギア上げた投球も見事だが、桑原あたりは完璧に見下ろす投球していましたよね。
彼だって、前カード(ハマスタ)では絶好調というべき打撃だったのに。

アクシデントがなければ、間違いなく3試合連続完封は為ったといっていいでしょう。
しっかり療養して、次回登板での“仕切り直し”を期待します。



P.S.
それにしても今回の蛯原はいつにも増して不快だったなぁ…
初っ端「被災地の皆さんこんばんは」から自己顕示欲丸出しだったが、
キヨシとのやり取り(「ラミレス監督は今永に勝ちをつけたい?菅野に負けをつけたい?」)とか
本当「なにいってだこいつ」とシバきたいレベルでしたよ。
そのくせ人の話はテキトー半分「そうですか」で受け流すし。

(地上波始まるまでの平川アナの安定感)かえして。


にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村 ←バナーまで打て、巨人(キリッ

スポンサーサイト

テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/3080-cca479b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad