待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。【悲報】プリパズデータ、いつの間にか消える

映画雑記 ~シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ~

civilwar (1)

日本よ、これがお祭り映画

【速報】ぼく将、今年観た映画が早くも100本を超える

作業用がてらテキトーに流し見たのも含んでますけどね。
他の趣味を犠牲にした甲斐があったな…と(笑)

それはさておき、『シビル・ウォー』の感想。
えぇ、いつも通り公開日に観に行ったものの2週間も経ってしまいました。
やっぱこういうのは深夜テンションを上手く活用しないとダメだよ。
ノリと勢いが大事ってドゥーチェ言ってた。

さてさて、本編についてですが…控えめにいって最高でした。
「キャップ3」というより「アベンジャーズ2.5」?でも個人的にはアベ2作より面白かったといってもいい。
某蝙蝠男vs超男は微妙すぎましたが、こちらはホント期待通り。

「これぞ正しいお祭り映画!」というべき見本のような内容でした。





civilwar (3)

空港での対決は垂涎モノでしたねぇ。

絵面の豪華さもさることながら、アクションの出来も申し分なくて。
(個人的には冒頭から既に度肝を抜かれましたね)
単純に「映像の派手さ」ではアベに軍配が挙がるのだろうけど、
ルッソ兄弟のスピード感ある肉弾戦は何度もリピートしたくなるクセがあります
その意味で、『WS』から正統進化を果たしている。


アントマンやブラックパンサーなど、新規参戦キャラもまったく違和感なかった。
でもって、一応シークレット扱いの“アイツ”は目立ちすぎてまったく隠れてなかった^^;
パンフに載せないレベルならラストで「帰って来る」とかやるなよ!w

物語自体はわりと暗めですが、彼らが要所でムードを和らげてくれた(バッキー&翼もだいすき
これだけ多くのキャラ入り乱れておきながらそれぞれに見せ場を作り、
かつ観た人の間でトニー派キャップ派に分かれさせるバランス…脚本の苦心と優秀さがにじみ出てます。

“黒幕”の存在も良い意味で裏切られたなぁ。
ああいうのってわりと日本だと馴染みあると思う。
激化する戦いにおいて避けられぬ運命(さだめ)…それゆえ黒パンさんの懐の広さに惚れる


駆け足ながら、最後の「手紙」も非常に興奮&救われる描写。
なんだかんだ4月は過去最高レベルで劇場に足を運んだけど、
(『仮面ライダー』→『ボーダーライン』→『スポットライト』→『グランドフィナーレ』→『遊戯王』)
大トリがこれで本当に良かったと思うな。

フェイズ3次作、『ドクター・ストレンジ』も期待だ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←押していただけると、それはとっても嬉しいなって

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/3102-c5efc743
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad