待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。そろそろ大洗

ARIA The ANIMATION 第1話 「その 素敵な奇跡を…」

ARIA a 01 (3)

「この街って、奇跡でできてるんだよねぇ」

せっかくのインターバルだし新しい事にチャレンジしたい!たい!Tai!

それも現在時間に縛られないのがイイネ・
ってことで何やろ…と考えていたら、あるじゃないですかピッタリなのが。
10周年記念でリマスター。気持ち再燃。振り返るにはもってこい。
『ARIA』シリーズ。いまひとたび、弄んでみようと思います。

具体的な期限は設けません。
一日に複数更新することもあるかもしれないし、一ヶ月ほったらかしにするかもしれない。
要は不定期。その時の気分でやっていきたいと思います。

ブログを始める前の期間含め、自分の何が変わって、何が変わってないのか(笑)
思い出話に花を咲かせつつ、そこから新しい世界が広がればいいですね。

素敵なひとときをご一緒しましょう。





ARIA a 01 (4)

まさに神秘的ともいえるオール捌き。
天野こずえ先生曰く、「魔法少女の変身」と絶賛の名シーン。

あらためて1話を観て感じたのは、「これかなり冒険してるなぁ」と。
だって原作の途中(灯里がネオ・ヴェネツィアに来て1年。既に片手袋の状態)からスタートして、いきなりのオリキャラ投入。
現在の「原作通りにやって当たり前。台詞の一つでもカットすれば文句が出る」風潮と比べれば、大改変といってもいいくらい。

まぁ当時は「漫画は漫画。アニメはアニメ」という色が濃かったですし、僕らもあまり気にしなかった(と思う
そもそも、予定ではこの1クールのみの企画だったらしいですからね。
キャラの順番・エピソードの季節等、その後にいろいろ影響が出たのは事実ですが、
それを踏まえて「名作」と成り得たのは、やはりスタッフの力量によるものが大きかったでしょう。

単なるチュートリアルキャラと思えたアイちゃんが
まさか原作に逆輸入され、“次世代の主役”になると誰が予想したか。
頑固な老紳士をロリショージョに変えたサトジュンすげぇ。これぞ“みらくる”(笑)


屋台のじゃがバターなんてすごくワクワクするじゃないですか。
これに限らず、本作は美味しそうな食べ物がいっぱい登場するけど。
料理を魅力的に描くってのも、名作の条件の一つ。


ARIA a 01 (2)ARIA a 01 (1)

OP・ED…というか音楽については今さら語るまでもないですね。

牧野由依&ROUND TABLE feat. Ninoのタッグはこれ以上ない組み合わせですし、
サントラはもう誇張抜きで「アニメ」という枠を超えた極上のヒーリングアルバムである。
これと中川幸太郎(『ガン×ソード』)が同時期に味わえたとかちょっと信じられない。
僕のなかで頂点というか、生涯現役を決めるシーズンだったといっても過言ではありません。

考えてみたら、この作品みたいに「固定された映像がないOP」って他に思い浮かばないな。
画期的でありながら、世界観に沿っている…そんなところも素晴らしいです。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 にほんブログ村 ←押していただけると、それはとっても嬉しいなって

スポンサーサイト

テーマ:アニメ・コミック - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/3155-4982b3f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad