待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。アイドルタイムイズマネー

映画雑記 ~君の名は。~

IMG_20160903_082553.jpg

朝、目が覚めると、なぜか泣いている。

わかる。自分もドライアイだから目覚めると反動で涙ドバーって(笑)

そんなわけで(どういうわけだ)、『君の名は。』、観てまいりました。
既に“封切り前から大ヒット”だった本作。
これまでの新海作品を知ってる身からするといろいろ驚きですが、
結果としては良い方向に進んでいるんじゃないかなーって。
(てか『秒速』って9年前かよ…あの時は渋谷の小劇場でもスカスカだったなぁ。
 それ以前にヤロー3人で観る内容ではなかったけどw)

感想としてはシンプル、「面白かった」です。
正直、入れ替わりとか時間軸ネタはそんな斬新でもないですが、
そういうありふれた設定をしっかりエンタメに落とし込んでるのが素晴らしいと思う。
さんざ言われてるだろうけど、予告の時点で面白かったもの。
それって、氏の作品の課題でもあっただろうから。

実は映写トラブル(画面上下カット)で、OPを2回観ることになったりしたのだけど…^^;
本編が進むごとに、そんなことは忘れた。
終わったあと思い出して、「逆に得したな」と思った。

スペースが足りないので、以下、もうちょっと書く。






Twitterからの引用ですが、ここの部分についてもうちょっと。

ここでいう「モヤモヤ」とは、決して消化不良の意ではないです。
表面的にスッキリ満足。その上で、考えれば考えるほどの魅力というか。
僕がアニメや映画を楽しむことにおいて、味わいたい感情のひとつ。


ある意味では、『シン・ゴジラ』と同じ印象を受けました。
時代に合った(合わせた)作品ですよね。
正直、田中将賀の絵があまり好きでない自分にはそこはプラスに働かなかったけど、
安藤雅司をはじめ、トップレベルのクリエイターが名を連ねてることは、
全体的には(作画面だけを見ても)間違いなくプラスになっている。
現代ティーンならああいうタッチへの抵抗も薄いでしょうし。


ゆえに(気が早いですけど)、このヒットを受けて次に何を作るか
そこに僕は注目・期待したいと思います。

ファンというより、業界が求めてるであろう“ポスト宮崎駿”。
そこに拘って監督本来の「色」を消してほしくないですし。
「新海誠」は新海誠のまま、新たな時代を築いてほしいですね。



それにしても、微妙に“大人の事情”も絡んでそうなのに…
まったくメインキャストに違和感がないのは凄い。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 にほんブログ村 ←押していただけると、それはとっても嬉しいなって

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/3251-37af054e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

君の名は。

君の名は。に関するアニログです。

  • 2016/09/04(日) 10:08:03 |
  • anilog

FC2Ad