待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。いざ開幕

【9/10】残念無念また来年【広島戦】

◆【巨人】2年連続V逸…由伸監督「経験生かさなくちゃいけない」

20160910 (2)

最後まで引き立て役だった

初めに、広島カープ優勝おめでとうございます。
25年分の重みを知らない(知る由もない)ので余計なコメントは差し控えますが、
優勝するには納得の、素晴らしい野球を観せていただきました。

勝負になっていたのは、ハッキリ言って初回だけでしたね。
それ以降はもう、観ていた方なら痛感したと思いますが、
絶対的な差…意地でどうにかならない意識の差が顕著だった。

マイコラスの球数で、それは明らかでしょう。
最終的な失点数よりも、おそろしくはその過程ですよ。
あれだけチームとして戦略を徹底されたら、どんな投手だっていつかは崩れる。
あの打線には、上位も下位も、投手だってない。全員が等しく、「打者」として同じ方を向いてる。

アレを観て、何を感じた?「悔しい」と思うのは当たり前。
それ以上のモノを、自分たちの中に吸収していかなくては意味ありません。

上記リンクにある通り、「経験生かさなくちゃいけない」です。

それは監督、貴方も同様にね。





20160910 (1)

情報によると、広島胴上げの際、ベンチは誰もいなかった模様。

酸いも甘いも知ってるベテラン勢はともかく、若手は見て(感じて)ほしかったよな…
(TV観てる限りだと、田口くんが悔しそうな顔しか確認できなかった)
「試合後、重信ら若手野手がバットを持ってブルペンへ打撃練習を開始した」の文言で、幾らかホッとしたが。


正直、まずはこういう余計なプライド削ぎ落とすことから始めてもいいんじゃないかと思います。

振り返ってみれば、今回も「象徴的」ともいえる敗戦だった。
序盤の一部主力に頼った攻撃で満足して、エラーで余分な失点を積み重ねて…
後半に向けて、プレッシャーをかける努力がまるでない。ベンチもベンチで、相変わらず、終盤の“賭け”に怖がってる。

本来なら、カープの粘りこそ、巨人がやらないといけない(立場)ですよ。
リーグワースト32度目の逆転負け。これぞまさしく、反骨心・粘りの無さの表れ。


これを自覚しない限り、このチームは先に進めません。

たとえ補強で良い選手を揃えたとしても。野球の仕方そのものを変えないと


2013日本シリーズ以降、僕らはずーっと同じ「しがらみ」の中にいる。
優勝するしないにかかわらず、最後は必ず悔しい想いで終わっている。

何が必要なんだ。本当に補うべきはドコなんだ。


ジャクソンに対する辻の粘りがヒントになってほしい。
彼個人としても。チーム全体としても。


にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村 ←バナーすら打ちにいけ、巨人

スポンサーサイト

テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ

コメント

あっさり負けましたね❗

豪華客船瀬戸内パイレーツ1世号を造り乗りたい伊予之鈍才です。
相手を見てないが自分たちにないかを知る必要はあり過ぎます。
あえて田口にも!当然他の選手は確りと胸に刻んで毎年同じことしないよう優勝チーム。日本一になった(今年は含めません)チームから確りと学んでほしい。
まず自分たちのや問題点弱点を知る。
相手と自分たちの違い。
取り組み方や練習方法?
広島カープのみなさんファンのみなさん優勝おめでとうございます。

>伊予之鈍才 さん

コメントありがとうございますm(__)m

むしろ予想よりは粘ったと思うけど。
逆にいえば、現状アレが限界かなって。

仰るとおり、勝ったチームを見て自分たちに不足を考えるのは大事です。
相手のプラスを自分たちのマイナスとしてるウチは成長しません。
(もちろん自分たちのカラーを見失ってはいけませんけどね)

  • 2016/09/11(日) 13:34:17 |
  • URL |
  • SOA #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/3265-1ba5fb75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad