待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。プリパラだけやって生きていたい

ウルトラマンオーブ 第11話 「大変!ママが来た!」

orb 11 (4)

希望なき底なしの絶望

絶望の名は、マガオロチ―――星々に死をもたらすもの。

ちょっと最近のオーブ面白すぎヤバない?
ここまで「完全敗北」が似合うエピソードってヒーロー物として由々しき事態ですが、
なんか色々な意味で興奮というか震えが来る内容だった。
これ自分が子どものとき観たらショックで泣くかも(笑)
だがオトナになった今となってはスタッフの表現力に感服するしかない。

詳細は後述しますが、前半(サブタイ)と後半の落差が凄まじかったです。
マガオロチは最初デザイン見たときから昨今にはめずらしく「怖い」印象与えましたが、
戦闘シーンにおいても容赦ない強さを見せつけてくれた。
3タイプ通用しない以前に、スペリオン光線モノともせず突っ込んでくる時点でヤバい
これを一人で封印してたゾフィー兄さんってやっぱウルトラ兄弟ナンバー1やわ(頼れるね!

この流れで、次回は「サンダーブレスター」解禁。
絶対面白くないわけがないし、折り返しには豪華なスケールといえましょう。

こんなに土曜日が待ち遠しいのはひさしぶりだ。





orb 11 (9)orb 11 (5)

守りたい、この笑顔

高級レストランでご満悦カードを広げた挙句、
宿敵からフュージョンカード強奪して高笑い(&狂気の振り向き

一応前回シリアスな別れ方したくせに、あまりにも軽い再登場。

「やったか!?」の台詞を言わせず、あえて表情で魅せるキャップもだけど。
ハイレベルの演出に、役者がしっかり応えてるのって素晴らしい。


で、こんなジャグさんでも“ママ”には話の腰折られて圧倒されっぱなしだからね(笑)
巨大玉響姫のインパクトといい、ホントあの前半から予想できない後半だったと思う。

ギャグとシリアスの合成ってめちゃくちゃ難しいのに、どうしてここまで纏まるのか。


orb 11 (7)

このラストシーンの引き画も凄いなぁ。

通常ならジャグラー高笑いで〆ても全然悪くないのですが、
あえてこういう“余韻”を作るのが、田口監督の評価される理由かなと思います。

てかぶっちゃけ『シン・ゴジラ』っぽい雰囲気あるよね?
マガオロチがデストロイアっぽいこと含めてw

たしか映画秘宝か何かでコメント載っけてたし、少なからず影響はあったのかもしれない。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←押していただけると、それはとっても嬉しいなって

スポンサーサイト

テーマ:ウルトラマンシリーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/3274-4a15c3ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad