待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。プリパラだけやって生きていたい

【鈴木尚広】神の足跡、忘れない【現役引退】

◆巨人一筋20年“神の足”鈴木尚が引退 CS敗退後に決断

P1090994.jpg

20年“完走”、追い求めた「野球の真髄」

既に語り尽くされた感ありますが、やはり僕なりの想いを綴りたいと思います。

まだ余力を残しての現役引退。
昨朝、ニュースを目にした瞬間は当然驚きました…が、同時にスッと納得できるモノもあって。
あの思い詰めた表情は、そういう部分も含んでいたんだなと。
本人の言うとおり、牽制死は「キッカケ」ではないが「トドメ」にはなった

「体力的、技術的には上がっていますが、心が離れていった」

結局、これに尽きるんじゃないかと思いますね。
著書のあとがき読んでも、そういう覚悟を持っていると言ってましたし。
盗塁成功率トップで得た自信…しかし、“そこから先の自信”に疑問が差したのでしょう。

常にプライドを滲ませる発言は、心ない連中の槍玉に挙げられることもあった。
でも、一回のミスで評価が全て落ちる訳ではありません。
ずっと見てきたファンは、ちゃんと分かっています。

寂しいです。残念です。まだまだやってほしいこともあります。
でも、「納得いくだけのパフォーマンスができなくなったら身を退く」
そうやって意識高く終わるのもまた、紛れもない「プロ」の姿だと思います。

決断はそのまま、英断へ―― 20年間、本当にお疲れさまでした





1476407805723.jpg


なお、この日は水道橋付近まで用事があったのでグッズショップを覗いてきました。
入り口に展開された「オススメ」コーナー…
ある意味、イチバン胸が締め付けられる瞬間だったかもしれない。



振り返って、代走で出てあれだけ球場を湧かせられる存在はなかった。
“おとなしい”巨人ファンが、投打の駆け引き以外で「特別性」を見出だせる存在だった。


原巨人の象徴が、また一つ終わる。

それどころか、チームは2年続けて“切り札”を失うことになる。
世代交代が進まないまま。本来なら若手の台頭によって退くのが理想なのに。

残された人々は、いっそう危機感を持つべきでしょう。
「まだやれる」人たちが、いわば、犠牲になったんだよ。
そこまでしてくれたのに、どうして上が保守的な態度をとれるんだ!


遺産はなくなる。いなくなる。
となれば、栄光は過去……次に進む覚悟を示すとき。

来年こそ、本当に「一新」させなければならない。


にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村 ←バナーまで打て、巨人(キリッ

スポンサーサイト

テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ

コメント

こんにちは。
昨日この引退を知った時のショック…まだ未だに受け入れられない自分がいます。
引退会見の『スッキリした、悔いはない』というコメントや、晴々した鈴木の表情を見て、
本人はもう思い残す事はないんだなと納得はしているのですが、やはり気持ちが追いついていきません。
ゲーム終盤に”代走・鈴木尚広”をコールされた時の高揚感をもう味わう事が出来ないんだと思うととても悲しい…
本人は最後が牽制アウトと言うのが鈴木尚広らしいと言っていましたが、来年も再来年ももっともっとあのオレンジ手袋を見たかった。
2014年7月15日のあの”神の手”は、この先も一生忘れる事はないです。
鈴木尚広選手、20年間本当にお疲れ様でした。
今はまだ、ただただ寂しくて悲しいです…(;_;)

  • 2016/10/14(金) 14:31:10 |
  • URL |
  • ジャビ子 #-
  • [ 編集 ]

>ジャビ子 さん

コメントありがとうございますm(__)m

心中お察しします…
正直、自分もあの高揚感が味わえないのは辛いですね。
ただ、由伸&井端が抜けて…次に誰が身を退くのだろうと考えたとき、
それを「自分で」決断できる存在は、鈴木以外にないという予感もあった。

もしかすると由伸采配も原因の一部だったかもしれないですね…
本人的にはまだまだやれるつもり(実際そう)でも、確実に出番が減ることを悟ってしまったかもしれない。

神の手はもちろん、個人的には2012/5/17のオリ戦も印象に残っています。
ボウちゃんレフト前ヒットで、一塁から三塁まで電光石火で駆け抜ける走塁。
現地で観てたってのもあるけど、あれには匠の技のすべてが詰まってた。

またファン感の際にあらためて触れますが、その時は笑顔で送り出してあげたいですね。

  • 2016/10/15(土) 07:55:31 |
  • URL |
  • SOA #-
  • [ 編集 ]

ご苦労様でした。

更新ご苦労様です。
豪華客船瀬戸内パイレーツ1世号を造り乗りたい。伊予之鈍才です。
残念ですが、チームとしては乗り越えなければいけない。こと。
20年間ご苦労様でした。

>伊予之鈍才 さん

コメントありがとうございますm(__)m

お疲れさまでした。

  • 2016/10/15(土) 20:42:30 |
  • URL |
  • SOA #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/3309-975588d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad