待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。いざ開幕

ウルトラマンオーブ 第18話 「ハードボイルドリバー」

orb 18 (1)

「見えないところで輝いてる光もある」

――ヒーローなんてのはそんなもんなんだよ。

ガイさんてこういうさりげない気遣い上手い(絵になる)よねぇ。
居候みたいなことしてるけど、風来坊はこうでないと(笑)

みんな待ってた慎吾ちゃん(渋川さん)回
オリジン登場後の箸休めということでコメディ寄りになるかと思いきや、なかなかマジメなお話だった。
が、よく考えてみるとこれで良かった気もします。
本作の数少ない泣き所。ビートル隊の存在感の薄さ。
渋川さんの個性で賄うとすれば、やっぱり相応の説得力が欲しい。
それでも、どうにもならない。そんな時は、ウルトラマンがほしい!(便利ネタ)

「渋川のオッサン、あとは頼んだぜ!」
「オーブ、そっちは頼むぞ!」

すげー良いコンビ築いちゃってるんだよなぁ…これはジャグジャグさん嫉妬不可避。
(てかラストでイメチェンターミネーターみたいになってて草)





orb 18 (2)

「 あ ば よ ! 」

ファーーーーwwwwwwwww かっけええええええええええええ

いくらメイン回といっても火薬量がサブキャラに使うそれじゃないですよ!
持ちネタをここまで美味しく使えるのは凄い。


あと今回は(も)アクション演出が素晴らしかったです。
巨大(オーブ)と等身大(渋川さん)が同画面で戦う構図。
ありそうでなかった、テンション上がる画作りですよね~
武居正能さんは総集編(13話)除くとこれがシリーズ初監督ですが、一発で印象に残りました。
あらためて、本作は多くの逸材によって支えられてると分かる。


orb 18 (3)

このスケールズ。くぅ~痺れましたw

冒頭でも触れたけど、馬場先輩の時みたくさりげなくフォローに回るガイさんカッコいい。
そういう性格だと理解して見れば、オリジン温存も舐めプではなく「空気を読んで」の行動と解釈できますし。

ウキウキで鯛焼き頬張る姿から、無駄にテンション高い予告ナレまで。
やっぱ主役に魅力ある作品は、それだけで骨太なイメージを与えてくれるなぁ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←押していただけると、それはとっても嬉しいなって

スポンサーサイト

テーマ:ウルトラシリーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/3330-b9ccdbed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad