待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。時間が欲しいわ

ウルトラマンオーブ 第20話 「復讐の引き金」

orb 20 (2)

計略!おそるべしジャグラーの罠!

敵の敵は敵を地で行くスタイル。悪をもって悪を討つ。
DARKER THAN BLACKな振る舞いに、全員が翻弄される。

…と、大袈裟に書いてはみたものの(笑)
文字通り、美味しいトコロはすべてジャグさんが持っていく回だったかな~
ただ、ちょっと上手く行き過ぎて「割りを食ったキャラ」が露骨というか。
細かい部分が目につく、今まででイチバン違和感ある内容だったと思う。
(脚本が初参加の若手と聞いてさもありなん、という感じ)

たぶん多くの方が触れているでしょうが、タルデ(メトロン星人)を殺す理由が弱いんですよね。
惑星連合の一員である以上、倒すべき悪党なのに変わりないけど、
地球の環境を気にかけたり、無関係の人間に危害を加える気がない等…
やけに紳士的な態度が目立ったから、“やりすぎ”な印象を与えてしまう。
そのわりに、ギャラクトロンの時のような「悲哀」もないし。

本編と関係ないモヤモヤを与えてしまっている点で、微妙かなと。
あからさまな「狙われた街」リスペクト…アクション演出は文句ナシだったので、ちょい勿体なかったです。
(ハリスラくん、前座扱いしてごめんよ…w)





orb 20 (9)orb 20 (11)

「俺を必死でかばった場面は、傑作だったぜ♪」

おかげでこの剣を取り返すことができた…最高の気分だ♡

キャップの「なんやこいつ…」って表情がこれ以上なく適格な畜生っぷり。
こいつが悪い…本当に悪いウキウキジャグラーさんでございます。

今更な話だけど、青柳さん独特の怪演は見事に尽きますねw
ねっとり口調なのにテンション上がるに連れ1オクターブ高くなって…凄くインパクトある。
煽り体質な言葉の中の、どこまでが真実で、どこまでが偽りなのか。

自分すら偽り続ける、まさに「ジャグラー(詐欺師)」を冠するに相応しい表現力だ(褒めてますw



orb 20 (6)

「この夕陽も、闇に呑まれてしまうのか…」

悲しい(似合う)なぁ…


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←押していただけると、それはとっても嬉しいなって

スポンサーサイト

テーマ:ウルトラシリーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/3340-98c976b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad