待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。そろそろ大洗

映画雑記 ~この世界の片隅に~

P1010113.jpg

100年先に伝えたい、珠玉のアニメーション

それが決して大袈裟でないことを、確信している。

というワケで、公開から3ヶ月。
話題の『この世界の片隅に』。ようやく観に行ってまいりました。

前々からずーっと気になってはいたんだけど、中々タイミングが合わなかったんですよね。
いつも利用している映画館では(めずらしく?)扱ってないし。

ただ、結果として、「もっと早く観ればよかった」という後悔と、それ以上に「観てよかった」という強い気持ちを感じました。
一回の鑑賞で、これほど心揺さぶられたのはいつ以来だろう。
鑑賞直後はもちろん、いまもって言葉で表現するのは難しいです。
とにかく、色々な感情が浮かんで…じわじわ抑えがきかなくて…それを整えようとするカタチが、「涙」となって現れた。
強引に一語で表現するなら、やっぱり「感動」という言葉に尽きるでしょう。

スケッチをするようにスラスラ流れていく物語は、それ自体が新鮮で、不思議な体験。
淡々だけど、重い。怖いけれど、暗くはない。

なんだか、『アメリカンスナイパー』を観た感覚に似ているな。
きっと、定められたテーマはない。ただ、そこにある事実。どう受け取るかで、答えは無数にある。


映画の。アニメーションの可能性は、たしかにあるよ。
この世界の片隅に。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 にほんブログ村 ←押していただけると、それはとっても嬉しいなって

スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/3373-38f9202c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad