待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。CSなんて出なくていいです

プリパラ 第132話 「ロッキン・ガァジラ大決戦」

pripara 132 (8)

「悪 魔 は 不 滅 だ !」

天使も。ガァルルも。復活を信じて進んでいく。
ガァルマゲドンの道は、まだまだ続く!

だから感謝というのだろう。これを感謝というのだろう。
すっかり土日更新が板についてしまいましたが、『プリパラ』132話の感想。
ついに始まった神アイドルグランプリファイナル。注目の初戦はドレシvsガァルマゲドン
誰推しとか関係なくある程度結果の読めているこの対決は、しかし、
予想に対する安心感と、それ以上の満足感を与えてくれた。

トップ画像が↑であるのが、その証だと思います。
おそらく今シーズンにおけるガァルマゲドンの物語はこれで一区切りでしょう。
が、そこに悲壮感はない。前向きな涙。やさしいイントロ。
「これから」に満ち溢れた、希望の笑顔。

勝敗を前に、お互いを慮る気持ちがある。
これこそが、プリパラ。
何度も言いますが、勝ちか負けだなんて関係ないんです。
大事なのは、結果を受けてどう行動するかです。

ガァルマゲドンの努力は、わたしの涙になったわ。





pripara 132 (4)pripara 132 (7)

東 宝 激 怒

「シン・ガァジラ」な時点で例のネタは容易に想像できたが、予想以上に“まんま”だったw
さっすが恐れ知らずのイタズラ娘やでぇ…
シオぽよの時点で布石は打ってたんだよ!(新劇的な意味で
かかってこいよ庵野!

この(セカンド)インパクトに対抗するにはやっぱ『君の名は』しかない…(笑)
などと安直なムードが漂う中、ドレシが導き出した答えは、正々堂々・正面突破!(with消しゴム無人在来線爆弾
後攻の有といってしまえば身も蓋もないですが、
ともすればあのまま勢いで押し切られそうな状況下の中でとっさの逆転劇を生み出したのは、
最初のライバルグループとしての貫禄(実力)に他なりません。
(ウサギの言葉に熱い気持ちで応えるシオンかっこかわいい)


「なんだよあのメイキングドラマ!攻めてるじゃん!めっちゃロックじゃん!」 

ドロシーですらこの素直さよ。
「原点回帰」の前口上で、ひさびさD&D来るかと思いきやそれはまだ温存ですかね。
勝利祝いかともかく、EDであのver.を使ってくるのもビックリした。
CDでも思ったけど、やっぱ「切磋琢磨!」は草生える。


1485855687081.jpg

こういう大人げない言動はNG

もうこの雰囲気だいすきw
言葉もだけど、字の書き方だけでどのキャラか伝わるの凄いよなぁ。

「ファルルをたてにする」の畜生っぷり…ちょっと褒めたらコレだよ!
(でも強化版シオぽよは良い提案だったぞお前!観たかったぞお前!)


pripara 132 (9)

「何が何でも先に歌う!」

戦う前から謎のプレッシャーに苛まれてる…この横顔がまほちゃんでございます。

とはいえ実際、ガチで予想が難しいんだよなぁ。
今回だってなんだかんだ途中まで分からない雰囲気だったし。

「先行=負け」の図式をここでひっくり返しても面白いし、後攻で徹底的に追い詰められるのも面白い(ドS)
それとも、本当にうっちゃり大勝利があるのか…?

どんな結果になろうと、大注目は間違いなし!です。



……雨宮のフルネームがアニメで初めて明かされた?
ハ、どうでもいいがな(ポルナレフに対するDIO並みの反応)


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 にほんブログ村 ←押していただけると、それはとっても嬉しいなって

スポンサーサイト

テーマ:プリパラ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/3382-f9b3d50f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad