待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。交流明けまで怖くない

プリパラ 第140話(最終話) 「み~んなトモダチ!ず~っとトモダチ!」

pripara 140 (15)

最後まで“らしく”!また会えるかしこまっ!

キミがいればどんな夢も掴めるから 諦めないで この手繋ぎ目指そうよ

皆さま、お待たせしました。自分に対しても、お待たせしました。
非常に遅くなりましたが、とうとう『プリパラ』最終話の感想です。

初めに断っておきますと、『アイドルタイム』本編はまだ観てません
これを書き終えるまで観ないのが“ケジメ”だと思ってるし、
やはり僕にとっての『プリパラ』は、ここで一区切りというのが正直なトコロです。

基本「終わりは新しい始まり」と捉える気質にあって、此度の「最終回」はホントに見たくない三文字だった…
とあるフォロワーさんが、神アイドルグランプリをまとめて追ってた気持ちが今ならわかる。
こんな思いをするのなら花や草に生まれたかった…

あるフレーズを見た時、ようやく踏ん切りがついた。
物語は終わらない。これからも続く。

果てなき夢 遥かな道のまだ途中 ためらわないで 笑いながら進もうよ

しめっぽい文章はここまで!
以下、内容と「これから」の展望を綴っていきます。





pripara 140 (18)pripara 140 (3)
pripara 140 (5)pripara 140 (8)

トモダチのトモダチは、み~んなトモダチ!

トモダチ=♡×10×10×10×10×10×10……=♡×∞
これが、ファルルの法則です!


あー、ネズミ講とか言ってるヤツ体育館裏な?
汚れちまった悲しみに訴えかける、算数という名のメイキングドラマ
これぞ正しく、やさしい世界。笑顔あふれる、プリパラの世界。

ジュリィの「仕事」が何であるかだいたい予想はできたものの、
最後の最後にファルル(日常)回を持ってくる…森脇監督のこだわり(名采配)を見た気がします。
プリチケ配達人化は盲点というか意表を突かれたけどねw)

どんな時でも必要以上に暗くしないよう配慮された作品です。自分自身、そこに惹かれました。
それを最後まで貫き通したのは、英断と呼ぶほかありません。

まほちゃん筆頭、保護者よろしく見守るオールスター。
あじみ先生はさておき、高橋くんがここまでグイグイ来ると誰が予想したか^^;
ひょっとして男パラで再登場アリアス?別にそこまでしなくていいから(アドバイス


最後の楽曲ラッシュもすごく沁みたよ…
結成時の代表曲を持ってくる演出と、テロップのタイミング。
OPで高速スタッフロール流したのは、これがやりたかったからなんだって。


pripara 140 (9)pripara 140 (11)

「これは、ドレッシングパフェが次に神アイドルになるために選んだ道だ」

ドロシー。レオナ。
わたしは、ふたりに出会えて、よかった。


その中で、自分がもっとも心揺さぶられたシーンは、やはりここになるでしょう。
全員集合時の思い詰めた表情(+台詞)で察しがついてしまったが、
まさかシオンからドロレオに別れを告げることになるとは…

手にしたプリチケがチーム結成時のモノと理解した瞬間、もうダメだった。
また会えるって分かっているのに…よく考えると実に彼女らしい選択だというのに。


いろいろな作品。いろいろ好きなキャラはいるけど。
これだけ長期間、ひとりをブレずに追いかけられたのは幸せなことだと思う。
だからこそ、感謝の意を示したい。

東堂シオン。
おれは、キミに出会えて、よかった。


pripara 140 (12)pripara 140 (13)

「突然ですが、真中さん…アナタは新学期から転校でっすわッ!」

って感動的な流れで来たのにファーーーーーーーーーwwwwwwwww

余韻も何もない、まさに寝耳の水の転校命令!
まさかグロちゃんから直々にお達しがあるとは予想外だったけど、
ここまでブッた切りの強制終了とは思わなかった^^;

あの流れで元気よく「次回もみてね♪」とか言われても( ゚д゚)ポカーンするしかないw





というわけで、約3年間。全140話続いたシリーズの終幕でした。

こうやって振り返っても、こんな終わり方でよかったのか?
『プリパラ』は『プリパラ』で、完結させるべきじゃなかったか?
疑問が一切ないといえば嘘になるでしょう。

ただ、やり残したことは回収したし、新シリーズとはいえ物語は地続きとなるし。
なにより、本当に作品“らしさ”を残して終わったなって。

最終回というより、新シリーズ0話といったほうが正しいような。
観る前は寂しさでいっぱいだったけど、観終わったあと笑顔が残ってる。
繰り返しになりますが、それこそ、自分が惹かれた理由である。


始まりは2年前。
狂気の32話をノリで書いたのがキッカケでした。

それから計104本。
本ブログ史上、最長話数を取り上げるとは…
この記録は破られないし、今後、これほど一本の作品を観続けることもないでしょう。


pripara 140 (14)

というか、名前を変えて番組そのものは続いていくんだぜ!
超えるどころかますます一本化が進んでいくやんけ!
こんなに嬉しいことはない!

それでも、一つの区切りとして感謝の言葉を贈りたい。

ありがとうございましたm(_ _)m

ゆめかわいい新シリーズも、よろしくお願いします!!


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 にほんブログ村 ←押していただけると、それはとっても嬉しいなって

スポンサーサイト

テーマ:プリパラ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/3421-5f0792db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad