待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。アイドルタイムイズマネー

【8/13】彼と歩んだ【広島戦】

◆阿部慎之助選手が2000安打達成

20170813.jpg

依存と信頼。感謝の2000本

またまた1週間以上も空けてしまいました<挨拶

人によっては山の日から今日まで夏休みだった方もいるでしょうか。
僕も今年は(めずらしく)例年以上に充実した夏を過ごせましたが、
それがため、当初の予定通り更新が進め(み)ませんでした。
野球も、映画も、アニメも。旅行記事についてなども。
秋に向けて、段々とペースを取り戻していけたらいいと思います。

そんな体たらくなので、全部の試合を振り返るのは難しいですが。
やはり、コレについて触れないわけにはいかないでしょう。
ついに訪れた、阿部慎之助プロ通算2000本安打達成

残念ながら試合は今村とかいうのが早々にブッ壊したことで、
敵地で、負け試合で、地上波(BS)放送もなし。なんともな結果となりましたが…
ただ、球場全体での「慎之助コール」には感動したし(素直に広島ファンに感謝)、
ここが終わりではなく“通過点”と定めるのであれば、
本当に盛り上がる瞬間はこれからやってくると期待したいです。
(過去4人も全員ビジターで達成しているみたいですしね)

ここにきて、「打ててしまった」と表現する姿勢。
「プロ」である前に「野球が好きだから」――
永遠の野球少年だからこそ、辿り着ける場所がここにある。





20170819(8).jpg

昨晩『SPORTSウォッチャー』にて放送された密着特集。

当然、その後の試合もチェックはしていますし、関連記事も読み漁っております。
あす発売の月刊G増刊号も買う予定だよ。買います買います(食い気味)


その中で、あらためて感じたことは、
巨人というチームにあって、非常に大きな責任と重圧を背負っているんだなと。
それは前監督がたびたび発した「慎之助のチーム」に現れてもいますし、

「結局のところ、阿部が大事なとこで打てばチームは勝つ、打たないと負け」

こう表現される、本当に数少ない存在だと思う。
僕自身、一応入団時からずっと観てきた選手でもありますから。
こればかりはある意味、松井や由伸でも当て嵌まらないんじゃないかな。
まさに、扇の要。阿部慎之助だから託せる(託された)領域だと思う。


故に、この選手の代わりはいません。
代わりを見つけるのが困難だからこそ、現状の問題があります。


直筆の手紙、試合直後のインタビューにありました。

「目標を『プロ野球選手になる!』ではなく『プロになって一軍で花を咲かせる』にしてほしい」
「巨人がすごい有望な若手を取ったら辞めます。(今は)心配で辞められないというのはありますね。」


このメッセージを、周りはどう感じているか。
個人で代わりが務まらないからこそ、球団ぐるみで考えなければいけない。



「キャッチャーとしての成長が、打者・阿部慎之助を育てました。
 『こんなキャッチャーいたんだ!』って忘れないで」


忘れらんねぇよ。忘れられるわけがない。
これからも、明るく逞しく 導いてくれ。

遅くなりましたが、おめでとうございますm(_ _)m


にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村 ←バナーまで打て、巨人(キリッ

スポンサーサイト

テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/3525-13edeb11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad