FC2ブログ

待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。転換期

【男村田】さよならは突然に【自由契約】

◆巨人から戦力外通告・村田が本紙に告白「正直、予想はしてなかったです」

sayonaramurata (2)

こんな別れが来るとは思ってなかったよ

いや、違うな…予兆はあったし、覚悟もしていた。
ただ、それから目を背けたかった…それだけの存在になっていたんだ。

速報を見た瞬間、街中で10数秒立ち止まる。
村田修一という選手に対する想いは、そこに集約されています。
マギー加入のよる序盤の干され具合。そこで行く末を予想できない人はいないでしょう。
が、結果として、いれば使ってしまう。使わざるを得ない。
それが招くのは、11年ぶりの屈辱と衰退…だったらさ、強制的に“切る”しかないんだよ。

「まだ十分に戦力となる選手だが、チームの若返りを図るために苦渋の決断をした」

鹿取GMの発言に偽りはないと信じたい。
むしろ先を見据える立場としては、当然の措置である。
他球団と交渉しやすい自由契約にしたのは、せめてもの温情。
村田個人にメリットはあっても、巨人にメリットはないのだから。

とはいえ、もっと綺麗な別れ方はできなかったのかな…

チームを変えようとしているのは分かる。
でも、これ“だけ”で変えた気になっているのなら、来季は間違いなく今より沈む。
彼より切るべき人間は、ハッキリ言ってごまんといるのだから。

強い弱い以前に「信用」を失っていると気づかないと、この球団は変われない。





P1040045.jpg

2014宮崎キャンプにて。
時代は違えど左右のスラッガーの共演に興奮。


現監督も似たようなコメントしてますが、

AHRA「上手い選手はいらない。強い選手が欲しい」

まさしくこの表現にピッタリの選手でした。
出られるから一番(スタメン)で在り続ける。ポジションへの執着心。

そのプライドは正真正銘“男”であり、彼がいなかったら3連覇はなかった。
生え抜きでもないのに、選手会長も務めた。

愛されていたんだよ。
賞賛以上に、叩く(叩かれる)ことも多かったけど。
もっとやれる、やってほしいと願う、自分勝手なエールだったんだよ。


正直、2000本安打は巨人のユニフォームで迎えてほしかった。
が、いまは新天地での活躍を祈ろう。
本人の言うとおり、露骨なカラダの衰えはない。
場所が場所なら、まだまだ第一線でやれる力は十分あるのだから。

気持ちの整理はまだついていませんが、6年間ありがとうございましたm(_ _)m

次なる舞台が決まった時、あらためてお礼を言わせていただきたい。


sayonaramurata (1)

ズムサタ村田みれないのホントかなしい…



にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村 ←バナーまで打て、巨人(キリッ

スポンサーサイト



テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/3572-e86ad50a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)