FC2ブログ

待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。転換期

『劇場版Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い』 感想

prisma_sirou.jpg

「お前が挑むのは 正真正銘 英霊のまがい物だ!!」

偽りの夢だって 叶えてみせる
今はまだ 彼方だけれど きっと偽物は 本物に変わるだろう


コイツ絶対10月に言ったこと守る気ねーだろって思った皆さん。
俺はスロースターターなんだよ!(CV.子安)
お待たせしました。感想です。本編の前にまずは『プリヤ』から。

世の厄介な信者と同じく、
昨今(といっていいのだろうか)の型月にはワクワクよりも辟易が勝っていたのだが、
さすがに“正史”を前にしては盛り上がらざるを得ない。
そして、そんな気持ちに再び火を灯してくれたのは本作だったと思います。

もしかしたら予告編の視聴回数は『HF』以上だったかもですね。
ぶっちゃけプリヤ本編自体は一期で脱落してしまったのですが、
これはホント予告を見た瞬間「行こう!」と決めた。

果たして、その判断は正解でしたよ。
ガチで『プリズマ☆シロウ』だとか『劇場版Fate/kaleid liner』という呼び名が似合うけど(笑)
ただ、それゆえ惹かれた新規もいるってことさ。

特典が社長画の士郎ってのも嬉しかったですねぇ。
多分こういう機会でないと逆に手に入らないレア物ですし。





prisma_sirou2.jpg

「悪いが付き合ってもらうぞ。俺の体が尽きるまで」

間違い続けてきた俺だから
この選択も、もしかしたら間違いなのかもしれない
だけど、この願いだけは本当だから



この映画の士郎さんホントかっけーよな…
いや、厳密には衛宮さん家の士郎とは別人物なのだけど^^;
ある種、歴代で最も共感を生む主人公というか。

全体的な完成度は正直「劇場レベル」として疑問だが(作画というか撮影が間に合ってないトコ含めて)、
ただ、足りない部分を補おうとする熱意を感じるフィルムでした。
演出であったり、音楽であったり、声優陣の熱演であったり。
そして、それこそ、僕が「少年漫画としてのFate」に求めていた要素でもあります。


同じモノを『HF』には要求していません。
でも、TV版『UBW』がどうもしっくりこなかったのは…きっとこちらに近いモノを求めていたからでしょう。
そういう意味では欠けた心の補完をしてくれた作品でもありますし、
後日、別アプローチでコレを超える勢いの作品を観られたことは非常に幸せなことだと思っている。


『kaleidoscope』も鑑賞後しばらくは毎日聴いてたかな。
ジャケットに映ってる娘の出番が数秒くらいしかないのは置いといて(笑)


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 にほんブログ村 ←押していただけると、それはとっても嬉しいなって

スポンサーサイト

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/3576-5e6c3943
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad