FC2ブログ

待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。転換期

『宝石の国』 感想

houseki 12 (13)

「根拠なく明るい予感に甘えられてたのが不思議で」

あの頃の自分が、羨ましい――

これほど短時間に一本のアニメに集中したのはいつ以来であろうか。
『宝石の国』、全話完走いたしました。

土曜日の朝から観始めて、その日のうちに最終回。
スタッフ的に気になり、友人にも推められ…でしたが、いろいろな意味で“当たり”。
結果的に今期はコレだけなものの、唯一無二としていい尊さがある。
まさに、宝石のように綺麗な作品でした。

もう僕自身、認めなくてはならないでしょう。
もはや3DCGになんら抵抗がない。むしろそっちに興味を覚えていることに。
動き自体にぎこちなさを感ずれど、表情に関しては手書きと大差ありません。
逆に、髪を通った光が肩に影を作る描写とか、CGでないと表現できない
元々アクションには非常に定評がありましたが、
初の元請けでこれを叩き出すオレンジ(スタッフ)の技術力に万雷の拍手を贈る。

本格的に月人と先生の秘密に迫るところで終わらせたのは英断だと思います。
原作未読の自分としてはもちろん先が気になりますが、これはこれで一つの作品としてイイ。
1話のフォスと現在のフォスの対比とか素晴らしかったですね。
気の遠くなるほど年月が経過した世界の中、視聴者にとってはあっという間の1クール。
それでも、物語は確実に動いていた――それがしっかり伝わる流れ。

消費の激しい業界だからこそ、そこを納得させるはクリエイターの手腕よ。





houseki 12 (17)houseki 12 (11)


ホントどのキャラも魅力的で語りたいけど、
イエロー兄さんジルコンの絡み(これからの成長)はもっと観たかった気がする。


特にジルコンなんかは貴重な深夜らぁら(CV.茜屋日海夏)だからね。
(そんなこと言ったら、主役はガァララ(黒沢ともよ)で、脚本はふでやすだけどw)
メインスタッフの知名度はやはりラブライブでしょうが、僕自身にとっては半分プリパラ(プリリズ)みたいなもんよ。


というか、全体的に声優のバランスがすげーいい。
若手・中堅・ベテランの配置がめっちゃ好み。
パパラチア(朴璐美)とか、最後あれしか出番ないにもかかわらず存在感ハンパないじゃないですか。

映像・美術の力はもちろんのこと、“音”に対するこだわりも凄い。
とりあえず、サントラは絶対買おうと思います。



houseki 12 (12)houseki 12 (16)


主人公のビジュアルがここまで変化する作品もめずらしいというか…^^;


しかも原作はここからさらにメタモるんでしょ?
段階を踏んでパワーアップという意味では正しきバトル物だけど、
みんなにイジられ可愛がられるフォスもそれはそれでまた見たいンゴねぇ。


かやのんボイスで、「ボク」で、「兄ちゃん」


ダイヤモンド筆頭に、愛に性別はいらねぇんだよ(こんなオチ



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 にほんブログ村 ←押していただけると、それはとっても嬉しいなって

スポンサーサイト



テーマ:宝石の国 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

企画お誘い

こんばんは、コピペで失礼いたします
年末年始の企画をまた今回も開催しましたのでお誘いに伺いました
お忙しい時期に申し訳ありませんがお時間がありましたらぜひご参加ください!
よろしくお願いいたします

  • 2017/12/27(水) 20:40:33 |
  • URL |
  • おちゃつ #tlKwGZIA
  • [ 編集 ]

>おちゃつ さん

コメントありがとうございますm(_ _)m

今年もお誘い感謝です!
年々候補が減ってる(観てる本数が少ない)のが悩みですが、
少数精鋭で選びたいと思います(笑)

  • 2017/12/27(水) 22:51:09 |
  • URL |
  • SOA #-
  • [ 編集 ]

コメント失礼します

原作を単行本で追ってましたが、アニメは95%くらい忠実に再現されてたと思います。
最終盤の展開を除けば、カットした部分といえば吹き出し外の文とおまけの四コマくらいでは。
毎度思うことですが声の力はやはり凄まじく、特に第一話ラストのフォスとシンシャのやり取りはより印象的でした。

>イエロー兄さんとジルコン
このペアいいですよね。。。
ジルコンは愛おしいけれど、内心では自分の側に置いてはいけないと分かってしまっているイエロー。
わだかまりを抱えたまま別れたダイヤ・ボルツ組との比もあり、宝石たちそれぞれの関係性が世界観を深めていると思います。
原作ではもう少し長く、余裕をもって描かれてるので、気になられたら是非(最新刊までいくと辛い展開真っ只中になりますが)。

どうでもいいですがシンシャとガァララって境遇似てますよね。性格は全く違いますが。

  • 2017/12/31(日) 21:17:42 |
  • URL |
  • 風吹けば名無し #-
  • [ 編集 ]

>風吹けば名無し さん

コメントありがとうございますm(__)m

やっぱり映像(音・声)の力は大きいですよね。
宝石たちの髪の輝きとのっぺり感は3Dだから表現できると思いますし、
シリアスとギャグの場面の温度差も巧いと感じました。

>ジルコンは愛おしいけれど、内心では自分の側に置いてはいけないと分かってしまっているイエロー

ああいう先輩キャラに弱いんですよ…
頼られキャラを自覚しているけど、時折みせる寂しさが。
イエロー・ルチル・パパラチアの関係性はとてもオトナの空気を感じますね。

原作もちゃんと読みたいと思ってますが、
前知識を入れずアニメで追っていくのも楽しいような…いま、贅沢に悩んでます。

>どうでもいいですがシンシャとガァララって境遇似てますよね。性格は全く違いますが。

あぁ、だからフォスは気になるという…(笑)

  • 2018/01/01(月) 14:13:30 |
  • URL |
  • SOA #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/3609-ce4291fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

宝石の国

宝石の国に関するアニログです。

  • 2017/12/27(水) 20:38:03 |
  • anilog