FC2ブログ

待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。転換期

アイドルタイムプリパラ 第42話 「ディア・マイ・トモダチ!」

idoltime 42 (1)

いっちばーんがやってくる

神アイドルがやってくる 少女の危機に
神アイドルがやってくる 悲しみの際に
神アイドルがやってくる 背負うために
神アイドルがやってくる 己の信念のために
神アイドル 華園みあ 一人の女がやってくる


OK、俺も今、一歩踏み出そう(決意)

前記事で叫んだとおり、とうとうその時がやってきてしまいました。
さすがにショックを隠せず今もモヤモヤした気分は晴れないですが、
しかし、それはまた別の記事にあらためるとしましょう。

「未来の自分を信じて!」

ここから先を、もっともっと噛み締める。
その“幕開け”が神アイドルのライブなんて…やっぱプリパラドリームだよ。

Welcome(ようこそ)! Dear My Future





idoltime 42 (17)idoltime 42 (19)
idoltime 42 (22)idoltime 42 (23)

「未来の私がいっちばーん!」

その言葉に偽りがなかったと、きっと誰もが感じている。

正直、『DMF』をロクに観てない自分にそんな資格はないかもしれない。
でも、ハッキリと感じる(伝わる)想いはありました。
だから、言わせてもらおう。言わせてください。
こ れ が み た か っ た

なんだろね…すごく言葉にしづらいんだけど、
なぜ過去作の主人公がこういう形で『プリパラ』の世界に舞い降りたか。
よくわかった気がするんだよ。

実際、当時のファンからしたら感無量じゃないですか。
数年越しの課題曲を、当時のスタッフ(モ―ションアクター)も招いてここまで再現するなんて。
たとえ背景を知らなかったとしても、その信念が届かないハズがない。

特盛ガヤは、まさに視聴者の想いも代弁したといっていいでしょう。



idoltime 42 (11)idoltime 42 (12)
idoltime 42 (14)idoltime 42 (15)

「勇気を出して今、一歩踏み出そう」

そんな神アイドルのお言葉だから、ケンカもほらこのとおり。

ひさびさの重たい空気だっただけに、仲直りが早く感じた人はいるでしょう。
でも、それを納得させるために、みあが一肌脱いだわけですし、
過度にシリアスを引っぱらない姿勢を、僕はやっぱり評価したいと思う。


現実を見据えて切り替えられるしゅうかも立派ですが、
はじめてだらけの感情に戸惑い続けるガァララ。
これをあそこまで愛らしく表現できる中の人(黒沢ともよ)の表現力に舌を巻きます。

上等だぜ! そんなんされちゃドキプリOP歌ってる子って意識は完全に吹っ飛んだ!
一級品の演技力を持ったいい役者じゃねぇか!(板金王)



idoltime 42 (3)

「何度も失敗して、失敗するのを失敗しちゃえばいいガァル!」

ガァルルとかいうプリパラの光を体現した存在。

みあインパクトが強い今回において、イチバン印象に残った台詞はコレ。
無印104話「今日がダメなら明日。明日がダメなら明後日。 どこまでいっても明日ガァル!」)といい、
本当に作品の姿勢(ポジティブ)をよく反映しているよなぁ。
ガァルマゲがプッシュされる理由ってこういうところにもあると思うよ。


みんなでパキり合いからのお気楽タイムスリップも“らしく”てイイじゃないですか。
パックの不穏とかあるけど、時間旅行をやる気と元気でなんとかしちゃうあのノリw
マスコットの重要性はもちろん、「朝昼夜」ってことでWITHも絡むと面白いなぁ。


たぶん次回は、自分にとってある種のケジメをつける回になるでしょう。

ふでやすかずゆき、漢と見込んだ。
キラキラかがやくメモリアル…快打洗心みせてくれ。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 にほんブログ村 ←押していただけると、それはとっても嬉しいなって

スポンサーサイト

テーマ:プリパラ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/3625-727b7042
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad