FC2ブログ

待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。自分だけのFeeling Yeah!

アイドルタイムプリパラ 第51話(最終話) 「み~んなあつまれ!アイドル始める時間だよ!」

idoltime 51 (28)

さよならだけど、さよならじゃない!!

長かった...長くなってしまいました…
綺麗な別れができない男の、これが最後の悪あがき。

4年間は191話のカーテンコール。
『アイドルタイムプリパラ』第51話(最終話)の感想です。

皆さんはもう『プリ☆チャン』に移行してますか?映画も観に行ったのかな?
はたまた、まったく別の春の新番を追っかけているのでしょうか。
自分は正直言うと、まだ切り替えられずにいます(いました)。

この最終回自体は全然最終回らしくなくて、
その意味ではすごく“らしい”終わり方をしたんだけど。
2ヶ月近くが経った今、火曜夕方がポッカリ空いた事実に違和感がある。
つまり、それだけ日常と化していたんだなぁって。

作中でシステムが生活に干渉していたように。
僕にとっても、プリパラは生活に干渉していた。冗談でなくマジに。
それはもはや、面白さとは別の次元にあったといってもいいでしょう。

ただ、時計の針はどうあっても進む。
1秒1秒が過去になる今を愛していくからこそ、
現在、そして未来に想いを馳せなければなりません。

前置きが長くなりましたが、ここから本編の感想です。





idoltime 51 (4)idoltime 51 (2)

EVER GOLD 降り注ぐ黄金の輝き

OPラストの「ずっと、終わらないで…」は、プリパラを愛した全ての人間の気持ち。
それを代弁するかのように、この最終回は新たなチーム結成から始まります。

いろいろと時間もかかりましたが、晴れて3人が「ライバル」となれたのはよかったですね。
願わくばこのチームで、ソラミvsドレシ並に拮抗した物語を観たかったが…
それはいつかの可能性として残しておきましょう。



idoltime 51 (13)idoltime 51 (14)

「ゆいを今までありがとな」

避けられぬ別れと分かっていても笑顔(笑い)を優先する。
ぐずるゆいに対して、寂しさは隠せないが、前を見据えるらぁらに成長を感じた 。

EVER GOLDのチーム結成見守る顔とか、
雪男(女)への「困ったなぁ」って台詞とか凄いお姉さんぽかったですね。
イケメンにお礼を言われて頬を朱くするのも成長。


個人的には、みちる&ガァルマゲの描写がイチバン涙を誘いましたが、
みんな前向き希望に溢れて集合していく様子は、とても自然で巧い流れだったと思う。

地味に蘭たんいたのも嬉しかった。



idoltime 51 (16)idoltime 51 (17)

新 し い 扉 が 開 い た ッ!

もうパルプスの大草原。

スペシャルライブに何を持ってくるか非常に注目だったけど、
まさか“とりかえっこ”で来るとは驚きでしたw
最終回にコレとかやっぱ頭おかしい(褒め言葉)

『発想のスケールが僕と違いすぎる、そうだよねそうだよね!それも全然ありだよね』

森脇監督の発案に対するスタッフの感想ですが、
曲もモーションも使い回せて予算を抑えられ、それでいて、新鮮味もあって楽しい。
作る方にも、観る方にもやさしい。ホント凄いですよ。
そら、まほちゃんだって笑うわ。
(というか、彼女がああやって純粋に笑うシーンを入れるのも「わかってる」)



idoltime 51 (21)idoltime 51 (23)

ゆ゛め゛か゛わ゛ぎゃら゛く゛し゛ぃ↑↑

お兄ちゃんがそう来るなら、妹だって対抗するよ!

ってことで、WITH版『チクタク・Magicaる・アイドルタイム!』に続いて飛び出したるは
マイドリ版『Giraギャラティック・タイトロープ』!マジGiraギャラ!

ボーカル的にはミーチルが一番マッチしている印象ですが、
ギャップが非常に面白いですねぇ。
これ来月発売のミューコレに収録されないんだろうか?


ここに至って、もう男だとか女だとかは関係ない。
ただ、プリパラって…アイドルって素晴らしいんだ!と。

スタッフが伝えたいこと(メッセージ)はすべて詰まっています。
そしてそれこそ、僕がWITH(男要素)参入が発表された際に期待したことです。
もっと活かせた部分があるのは否定しないけど、最終的にしっかり着地してくれて満足。



idoltime 51 (24)idoltime 51 (26)

「みんなに会えてよかった!」

となると このエスコートもうれしい。

絶対やってくれると信じてたけど、やっぱこのために温存していたんだなぁと。
そのままエピローグに突入する流れも爽快感がある。イチ、ニ、ドレシ!

バックに流れる『Believe My DREAM!』もぴったりでしたね。
なかなかピンとこなかったけど、最後にカチリとハマッた感がある。
やっぱり良い曲だ。さすがプリパラ。意味のない曲なんて、一つもない。




というわけで、四年間駆け抜けた一つの終着点でした。
あらためまして、ここまでかかってしまったことを謝罪します。

他の作品もそうだけど、僕の悪癖で最終回について触れるのホント時間かかるんですよね…
なんなら最後だけ放置したままで意図的に“終わらせない”作品もあったりしますが、
本作に関しては、ケジメ。どれだけ時間かかっても、ちゃんと自分で幕を引いた上で、“次”に行きたいと思ってた。


冒頭にも書きましたが、まだまだ消化しきってない部分はある。
いつまでも続きができそうな終わり方だった分ね。
今でもひょっこり来週あたりから放送している気もする(笑)


「アイドルタイム」として一つ区切りはあったかもしれないけど、「プリパラ」として終わったわけではない。
だから、さよならだけど、さよならじゃない!!

さよならの代わりに、ありがとうと言わせてください。

約4年間、本当にありがとうございました!!
スタッフの皆さま、お疲れさまでした!!



プリティーオールフレンズ…また会える日をいつでも待ってる!



idoltime 51 (29)

待たせたな!(CV.大塚明夫)

6週遅れですか……ではいよいよ、新たなる世界に突入します。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 にほんブログ村 ←押していただけると、それはとっても嬉しいなって

スポンサーサイト

テーマ:プリパラ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/3668-910a6b77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad