FC2ブログ

待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。転換期

【5/26】潜む影法師は悪魔か【阪神戦】

◆【巨人】1点差試合3勝7敗…接戦競り負け由伸監督「次の1点がなかなかね」

1526124243517.jpg

かち割るのは堅実なゲームセンス

感覚を研ぎ澄まして慎重に流れを読み切れ
現状の勝率 何パーセント?


ちょうど『ゴールデンタイムラバー』聴いてたらピッタリなフレーズ出てきたので(笑)

菅野さんの遠回しな批判(意訳)が無能ベンチにも伝わったのか
ようやく打線の組み換えを敢行しましたが。
結局、調子の良い選手と悪い選手の差がより浮き彫りになるだけでした。
というか、今度は継投でやらかしてくれました。
審判どうのこうも言わなくても、澤村を責めるのは可哀想でしょう。

やたら登板感覚空く→回跨ぎのコンボ何回目ですかねぇ。
いくらなんでもバランスが極端すぎませんか。
結果論?知らん。でも、貴方達の起用で“勝たせてもらった”試合の印象があまりにも少ない。
接戦にこれだけ弱いのは実力不足以外もきっとある。

…まぁ、ただ、個人的にはだいたい田口(とゲレーロ)が悪いと思います。
特に前者はマジメに二軍に落としてほしいと思います。
「負けがつかない」とか「試合は作った」とか、もういいよ。
優柔不断なベンチにとってイチバン目を背けたい事実かもしれんがね。
本気で彼を左のエースに育てないなら、この状態は非常によくない。

申し訳ないが、野上がこの流れを止めるヴィジョンは浮かんでこないです。
何か劇的な帳尻でも起きない限りは。





20180526 (2)

決定力不足を象徴するかのように、得点はホームランのみ。
その中で、大城の一打は明るい材料。

甲子園の右翼スタンドにあれだけハッキリ放り込めるのはやっぱり魅力あるなぁと感じます。
ドリスの直球を粘った上、最後にスプリットを仕留めた打撃も良かった。


小林がこれでもう1回、ケツに火がついてくれればいいんですがね…
打撃はまぁ、誰も4月の状態を維持できると思ってないから別にいいとして、
最近は守備でもさほど格別な印象ないですし。



20180526 (1)

長野久義さん、まさかの大当たりクジ

あんな場面で同点ホームラン打っちゃう人、僕知らない。

いや、調子が良いこと自体は分かってましたが、
僅差ビハインドで仕事する彼はなかなかお目にかかれません(苦笑
ルーキーの頃から甲子園好きよな。
ただ、これで勝てないってあたり、まだ“持ってない”。


陽の存在も刺激になっているのでしょうか。
あのお代官様、今のトコ「何しに来たん?」レベルの仕事しかしてないけど…


にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村 ←バナーまで打て、巨人(キリッ

スポンサーサイト



テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/3702-721345cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)