FC2ブログ

待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。転換期

【CSファースト】試合巧者【第1戦】

◆【巨人】CSファイナルステージへ王手…上原継投、エンドラン奇襲、由伸采配ズバリ

20181013 (4)

「ナイスゲーム」という他ない

こんなタイトルを、こんなタイミングで付けられる日が来るとは思わなかった。

2年前のCSで、僕は「野球は急に変わらない」と書きました。
変えるために、レギュラーシーズンが在ると思っているからです。
もし変えられるとしたら、それは元々備わっていて発揮できなかっただけ。
普段とは違う、否が応でも潜在能力を引き出される事情がある場合だけ。

あくまで責任投手の件ですが。
今シーズン一度も勝てなかった相手(小川)に、
今シーズン一度も勝ってなかった投手(上原)で勝つ。

まるで別チームのように、
やることなすこと全てうまく行く様子をみて感じました。

やっぱり、野球(スポーツ)に“流れ”はあります。
それを作り出すのは「人」です。だから面白い。

きょうも勝ちましょう。
もっと長く野球やりましょう。

今のジャイアンツなら、できるよ。





20181013 (1)20181013 (5)

この男のピッチングには………『スゴ味』があるッ!

とは、解説ジョニー(黒木)の談。

ヒロインに呼ばれるのも納得。
間違いなくこの試合のターニングポイントだった上原の完全シャットアウト。

さすがに5回から投入は僕も驚きましたが、
よくよく考えるとあそこで投げさせる「格」と「経験」を備えた投手はこの人しかいません
その期待通り、勢いテンポよく抑えるのは流石ですよ。
そうさ、日本のポストシーズンなどワールドシリーズと比べたら屁でもない。


由伸自身、「仕掛けが早い」というよりも「後悔しない選択」をしているんじゃないかな。

前後の投手陣も良い仕事をしました。

今年の成長、初戦を託された意味。
今村も緩急を使って、しっかり試合を作ってくれた。



20181013 (2)20181013 (3)

さ す キ ャ プ

一振りで流れを引き戻し、寄せる男。
こいつが頼れるキャプテンでございます。

もったいない形で同点に追いつかれた直後の一発。
もはや相手バッテリーに同情するレベルの、技術と想いが重なった一撃。

初回の粘りを見て確信したけど、
彼と俊太の1・2番コンビは難敵攻略に最善の組み合わせだった。

岡本の犠飛も今シーズン初ですしねぇ(というかキャリア初?



20181013 (6)20181013 (7)

嬉しいけど、泣ける。なんでだろ。


マギーのツーベースにせよ、山田の併殺にせよ、
陽のエンドランにせよ、亀井のタイムリーにせよ…

この試合は本当に何度も分岐点となる部分ですべて上手くいった。
ただ、すべてが運というわけでもありません。
“決断”をしなければ、運を引き寄せることはできません。

逃げるな!攻めろ!(ジャージ部魂
正しいかどうかは後で まずとにかく行動や


にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村 ←バナーまで打て、巨人(キリッ

スポンサーサイト



テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/3804-ddd8400b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)