FC2ブログ

待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。転換期

キラッとプリ☆チャン 第46話 「みんなの想いを届けてみた!」

prichan 46 (15)

iL'ange(アイランジュ)…それは絶対的不可侵領域

あえて多くを語る必要はない。
このライブですべて表現する。察せられる。
絢爛豪華の世界。これがわたしたちの『パーフェクト・フィナーレ』

例によって更新は遅くなってますが、こんなに見返してるのはいつ以来でしょうねぇ。
アニメ(トッププリ☆チャンアイドル)ならではの映像で魅せる神秘…
非常に説得力があり、引き込まれました。

元々アンジュには超える超えないを度外視したオーラがあったものの、
憧れ(あいら)と組んで完全に高みへと昇った気がします。
だからこそ、次のステージに向かいたい彼女の気持ちはわかる。
(まさかユヅルがシリアスにキメるとは思わなかったがw)

「わたしの心は、決まった」

彼女の気持ちはおそらくメルティックスターには届いたでしょう。
さて、ミラクルキラッツは…?引き続き、決断に注目したい。





prichan 46 (16)prichan 46 (13)
prichan 46 (1)prichan 46 (14)

Dream Goes On. 伝説のプリンシパルガール

プリズムの煌めきを感じる…(放心)

AD世代でない自分には“思い入れ”という点で不足してるのが口惜しいものの、
ただ、アイパラのみあ回でも書いたように、これだけでもハッキリと感じる(伝わる)想いはありますよね。
それがシリーズの原点であるなら、なおさら。


フレッシュフルーツバスケットはちょっとシュールではありますが(笑)、
プリズムジャンプをベースとする構成演出にはやっぱりグッとくる部分がある。
さりげなくポニテになってるし。
39話のセリフ(「さよなら」)をこういう形で回収(昇華)したのもニクい。

なんだやればできんじゃねぇかよ~(謎の上から目線)



prichan 46 (18)prichan 46 (17)

このへんガチすぎる。

「わたしたちは、最後までいっしょだよ」

冷静に考えると、アンジュはあいら好きすぎるっていうか
感情が重くてなんだか不穏なムードすら漂わせている気もするけど^^;
(〆のめっちゃ悪役めいたトロワ含めて)

ステージの滅びゆく世界で最後まで手を繋いでいる感じとか、キラキラオーラの伝染とか。
あえて物騒な言い方すれば、まるで心中するみたいな…


というか、この世界のあいらって何歳なんですかね。
ロリオバ☆チャンの時点でもうデザイナー転身してましたし。

思っていた以上に年上なんやなぁ…
って微妙に足上がってない描写で無駄に考えてしまった(笑)



prichan 46 (6)

このへんも細かい。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 にほんブログ村 ←押していただけると、それはとっても嬉しいなって

スポンサーサイト



テーマ:キラッとプリ☆チャン - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/3865-627ea4c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)