fc2ブログ

待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。

『スター☆トゥインクルプリキュア』アニメージュ特別増刊号


プリキュアとプリ☆チャンしか更新してない定期。


約1ヶ月前に発売された本書ですが、
今後の展開(できれば45話前)に向けていろいろ整理しておきたいことがあったので。


個人メモ的な観点で、幾つかご紹介したいと思います。





本の詳細は尼の商品説明でも見てよ。


放送途中のムックにしては文字情報が豊富で、
特に話題の劇場版のインタビュー&場面カットも盛り込まれているのが嬉しいですね。
田中仁さんの「劣等感もありつつ、でも真面目にしかやれない…」って言葉はすごく響いた。

このテのムックってどうしてもビジュアル寄りになりがちですが、
今作のファンの需要がどこにあるか分かっている感じ。



その中で、本編における記述で自分が気になったのは…↓


◎それぞれの生き方を尊重しつつ協力し合う、素敵なチーム像

代表的なのが、やはりユニ(コスモ)ですね。

まさに「多様性の象徴」ともいえる存在であり、
僕は今作における彼女の立ち位置(距離感)がすごく好きなのですが、
スタッフ・キャストどのインタビューでもこの部分に触れていて嬉しくなりました。


特に柳川Pのインタビューが興味深い内容でして、

>お互いに強要せず、それぞれの尊重する
>5人は深い友達付き合いのなかったメンバーの集まり

>点と点が距離を持ったままつながっているのが、ひかるたち
>バラバラに存在している星たちが、一つの輝きの集団として見える
>まさに、空に輝く星座そのもの



このまとめ方は上手いなぁと。

近いモノを以前、別作品で感じましたが好きになるのは当然だったのかもしれません。



◎45話で、ひかるが辿り着く“答え”

シリーズ構成・脚本である村山さんの言葉を引用すると、


>初期の頃に大まかに考えていた到達点に、キュアスターは4クール目の途中で行き着いちゃったんです(笑)
>「キャラが動いた」といえばカッコいいんですけど、流れ的には「ここまで成長しちゃうよね」という話になってしまって。



作監が高橋さんで確定していること含めて、おそらく45話に該当すると思われますが。
これすっごく楽しみですね。ある種の最終回といってもいいのかもしれませんし。

前の感想でもちょろっと触れたけど、
「星奈ひかる」というキャラクターはパッと見の印象に囚われないなんですよ。

ある意味、プリキュアになったことで弱くなったといってもいい。
そこらへんは間違いなくこれから掘り下げられるので、ここでは割愛しますけど。


答えに行き着いた上で、そこからどんなクライマックスがあるのか。
スタッフも想像していなかった、「その先」の展開やテーマ。


頭に置きながら視聴すると、より楽しみが広がるかもしれません。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 にほんブログ村 ←押していただけると、それはとっても嬉しいなって

スポンサーサイト



テーマ:キラッとプリ☆チャン - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/4082-747fed36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)