FC2ブログ

待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。転換期

バック・アロウ 第1話 「飛んで来た男にパンツはあるか」

backarrow 01 (20)

「俺の名は、“バッキャロー”のバック・アロウだ!」

谷口悟朗×中島かずき×田中公平=世界破戒冒険活劇!


ってことで、今期オリジナル枠では一番の期待作ですが…
やべぇ!予想以上に“そのまんま”が出てきて一人で勝手にそわそわしてるw

もうサブタイの時点でニヤけてしまうけど、
『スクライド』と『ガンソード』を足して2で割ったような世界観。
“壁”の中の世界は、ロストグラウンドか。はたまたエンドレス・イリュージョンか。


個人的に、近年の谷口作品は悪くないんだけどスマートな印象でした。
(『ID-0』とか『revisions リヴィジョンズ』とかね)

時代がニーズから離れてるのかもしれません。
しかし、それに反逆できるのもこの人しかいないと思っています。


古臭い?上等だよ。新しけりゃあ面白いのか?
このご時世に連続2クールで挑む「信念」を、しっかり受け取りたい。





backarrow 01 (16)backarrow 01 (8)

「あのねーちゃんは命をかけて俺にパンツをくれた!」

だから俺も、命をかけて借りを返す!!

このバッキャローな感じ…バカがヨロイでやってきたのかな?


相変わらず「名前に執着ない主人公」好きですねぇ。
CV.梶裕貴で壁が云々だと某進撃のイメージ強いですが、ガンソの時みたく喧嘩売ってるのかな(笑)

ブライハイト(メカ)については、思った以上にスケールあるなぁと。
田中先生のサウンドがすごくヒーロー物っぽさを加速させてますが、
「信念」の具現化って意味ではアルターに近いのかな?結構バリエーション多そうだ。


谷口アニメにありがちなオッサン「なんだテメーの信念は!?」
バック・アロウ「なんだろうなぁ。ま、今からゆっくり考えるさ」


この辺のやり取り、すげー“らしく”てすき。
やっぱ多少ダサくとも泥臭い戦闘(会話)は手描きが映える。



backarrow 01 (10)backarrow 01 (11)

ヒロインもいけるやん?


アタリーが不幸な目に遭いそうで今から戦々恐々ですが、
逆にエルシャの快活な感じは安心感ある(小澤亜李気に入ったのかな

中華連中は、杉田キャラがどう引っ掻き回すかに注目ですかね。
置鮎ボイスの武人キャラは速攻退場しても驚かないけどw
(強キャラで緑川光追加?あると思います)



OP&EDは次回正式版が公開されてから触れようかな。

ちょっと映像的にシュールなの多いですが、
いつものシルエット演出(シナリオ進行に合わせて解禁されてくやつ)健在で安心したw


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 にほんブログ村 ←押していただけると、それはとっても嬉しいなって

スポンサーサイト



テーマ:アニメ・コミック - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/4467-3f8f5437
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)