FC2ブログ

待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。転換期

ARIA The ORIGINATION 第12話 「その 蒼い海と風の中で…」

atosp 12 (7)

「あなたに出逢えて本当によかった。
 ありがとう、私の
遥かなる蒼-アクアマリン-


年度末有給で観るARIAは楽しいか?<きのう


むしろこれ以上の堪能方法はないでしょうよ。浸りすぎて逆に鬱になりそう…

再放送も昨夜で終わってしまいましたが、この2話はセットで視聴しました。
永遠を信じていた始まりの終わり。
長く続いた物語の終局をイヤでも突きつけられるけど、
だからこそ、何度だって見入ってしまう。


『横顔』が流れてからは顕著ですよね。
ああいう台詞なしからの挿入歌の演出、サトジュンは本当に巧い。

夕焼けに染まる背景も見事です。
それこそ、ヴェネツィアの絵画(風景)が何千年を経ても色褪せぬように。

技術が向上しても、心に遺ったシーンこそが最高最強だと教えてくれる。





atosp 12 (8)atosp 12 (9)

「あなたがアクアに来てくれてから、私の世界は一変した」

当たり前だった日常が、世界の表情がキラキラと素敵に輝いていった。
そう、まるで魔法にかけられたように。



灯里にとってアリシアさんがかけがえのない存在であると同時に、
アリシアさんにとっても灯里はかけがえのない存在。

最終回はその胸の内が明かされるわけですが、
灯里を世界(アクアという星の体現者)と見れば、これは彼女の成長物語でもある。


雨のシーンは本当に素晴らしいですよね。

文字どおり緊張をほぐす(クールダウン)役割を担ってるし、
虚を突かれたようなアリシアさん(大原さんの芝居)がいいんだ。

灯里の返事もこの回は「はい」で一貫しており、迷いのない姿勢が表現されていると思います。



atosp 12 (1)

このシーンもほんとすき。
これほど他人の成功を喜べる人がいるだろうか。


いかに成長したといっても、藍華はそれほど強い子ではない(だがそれがいい
強くないから、素直に祝福できる灯里に救われる。


やさしすぎて眩しいよね。
でも、その眩しさから目を逸らさない人間でありたいと思うよ(恥セ禁


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 にほんブログ村 ←押していただけると、それはとっても嬉しいなって

スポンサーサイト



テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/4535-87cb3a51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)