FC2ブログ

待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。転換期

ARIA The ORIGINATION 第13話(最終話) 「その 新しいはじまりに…」

atosp 13 (15)

「ちょっと嬉しいだけだよ」

出会いと別れを繰り返しながら、時の輪はきょうも回り続ける――


というわけで、最終回です。

原作ラスト2話を1本にまとめているので当然ながら“濃い”のですが、
それでいて、詰め込みを感じさせないのが流石というべきか。

実は最終回付近って、近年になってようやく消化できた感あるんですよね。

本放送時はいろんな気持ちが駆け巡って、ある意味、画面を観てなかった。
単行本が待てなくて、本誌(ブレイド)で覚悟を決めたにもかかわらず。


でも、それだけに。
物語同様、このメディアミックスの着地は本当に綺麗でしたし。

その先の未来(AVVENIRE)に出逢えたことはまさしく奇跡だと思います。





atosp 13 (5)atosp 13 (7)
atosp 13 (10)atosp 13 (11)

「大丈夫。これから今が始まるんだから」

灯里とアリシアによる痛みの共有は、辛いんだけどとても勇気を貰える場面だと思います。
この辺はね、文字にするより感覚的なモノで捉えたい。


引退セレモニーは映像化で規模の大きさがさらに際立ちますが、
その直前、ARIAカンパニーを振り返るアリシアさんの表情が秀逸。
12話に続く、『横顔』もドンピシャです。

一期終盤もそうだったけど、挿入歌の二連発ってくどくなる危険性もあるのに
両方ともシーンに合ってるって凄いことですよね。


それでいて、最後はきっちり『ウンディーネ』で締める。

この終りがあるから、『AVVENIRE』の始まりで僕らは泣くわけですよ。


「この道の先に待っている、みんなの素敵な未来に出逢いたいです」

過去の幻影を振り払った灯里の表情に一点の曇りなし。
だって、あの頃は楽しかったじゃなくて、あの頃も楽しかった。

明日の自分は、今日の自分よりもっともっと輝いているはずだから。



atosp 13 (2)atosp 13 (14)

狂おしいほどすき。


素晴らしい予習(復習)ができましたので、次回はようやく『CREPUSCOLO』について取り上げます。


4月新番に流されぬように。

今度は3ヵ月かけないよ(笑)


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 にほんブログ村 ←押していただけると、それはとっても嬉しいなって

スポンサーサイト



テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/4536-1376847d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)