FC2ブログ

待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。転換期

ゆるキャン△ SEASON2 第13話(最終話) 「ただいま」

yurucamp2 13 (10)

少し寂しくて暖かい 旅の終わり

いい最終回…いいエピローグだった……


物語上、当たり前といえば当たり前なのですが、
最後だからって劇的なことを起こさず、のんびりした空気が素晴らしかったですね。
余韻がたっぷり伝わったし、それだけに寂しさを実感できる。


“なでりん”で締めつつ、最後の台詞で1話につなげるのは静かに拍手。

やりとり自体も原作と比較してボリュームアップしてましたし、
これまでの話を回想しつつ上手くまとめていました。


素っ気ない態度(呆れ顔)を見せながら察して車を出してあげる姉しこほんと姉しこ
かっこいい雰囲気で飲んでるのがマッ缶。

ご覧、ここにも。 頼れる、姉がいる。





yurucamp2 13 (12)yurucamp2 13 (15)

さみしいも、たのしい。

っぱ、“なでりん”なんだよなぁ(再強調


俺も夜富士(本栖湖)を眺めながら友と語り合いって思っちゃったの。

さすがにこの流れだと介入する余地ないから、綾乃を前回出したのは正解ですね。


冒頭で野クルメンバーにお礼を言うリンちゃんも可愛かったですが、
車中での別れ際に写真を撮るなでしこのシーンがすごくイイ。

意味があるかといえば、たぶんないんだよ。
だけど、いろんな気持ちが詰まってるからあの行動なんだよ。


ああいう気持ちになれるから、旅は本当に素晴らしいと思える。



yurucamp2 13 (11)

こちらこそ、ありがとう。おつかれさまでした。


当初と比べると二期は確かに体感時間が長くなったというか、
一期より「風景の中にキャラクターがいる」感が減った気はしますが。

それはおそらくキャラクター数が増えたことと、スポット巡りな要素が増えたからでしょう。

映像や音楽の質は高水準を維持していたので、個人的には満足できた。


映画はどうなるんでしょうね。

コンセプトアートはあくまでイメージなのでそのまんま“大人編”にはならないと思うけど…

なんにせよ、次があると確定しているのは嬉しい。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
 にほんブログ村 ←押していただけると、それはとっても嬉しいなって

スポンサーサイト



テーマ:ゆるキャンΔ  - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/4540-ec191028
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)